季語/秋の蝶(あきのちょう)を使った俳句

「秋の蝶」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の蝶」について

【表記】秋の蝶

【読み方】あきのちょう

【ローマ字読み】akinocho

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋蝶(あきちょう:akicho)

・老蝶(おいちょう:oicho)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋の蝶を含む俳句例

羊肥ゆ尻辺腹辺の秋蝶に/林翔

古町の簷の山水秋の蝶/松村蒼石

秋の蝶一葉とちるや夢の中/一桐

秋の蝶銀粉ちらす鞍馬山/松崎豊

秋蝶と漂ひ越すも一峠/小林康治

秋蝶や風の柱の螺旋階/橋本榮治

豪雪の爪跡泳ぐ秋の蝶/小出秋光

秋蝶や硫気痛みの神の階/岡本眸

見失ひ又見失ふ秋の蝶/高浜虚子

縁遠き娘物思ふ秋の蝶/尾崎紅葉

浦風や秋の蝶飛ぶ小松原/泉鏡花

天上もまた秋蝶の舌の光/高岡修

街中の植物園の秋の蝶/高濱年尾

墾道の深き轍や秋の蝶/相馬遷子

薬園の花にかりねや秋の蝶/支考

秋蝶に嶮しき山の容かな/島田青峰

墳丘に舞ひ現世の秋の蝶/辻口静夫

風に紛れ風に現れ秋の蝶/河野扶美

噴火口覗ける人に秋の蝶/毛利提河

金堂の柱はなるゝ秋の蝶/前田普羅

俳句例:21句目~

しら~と羽に日さすや秋の蝶/青蘿

西の塔より東へと秋の蝶/鷹羽狩行

裏関所ぬけて無宿の秋の蝶/樋笠文

七盛塚秋蝶消えし後を風/伊藤京子

学校へ来ない少年秋の蝶/藺草慶子

草臥れて土にとまるや秋の蝶/蓼太

荒畳なり秋蝶を遊ばしめ/下村槐太

秋蝶は蜆蝶のみ皇女の陵/松村蒼石

秋の蝶磐石に鈴振る如し/小川軽舟

秋蝶の閃めきたるも竹の間/岸田稚

何事の心いそぎぞ秋の蝶/正岡子規

秋蝶の少き国の旅つゞく/高野素十

君も吊る参謀肩章秋の蝶/久米正雄

秋の蝶脚を出しけり石の上/金子晉

秋の蝶二階に庭に女ごゑ/松村蒼石

秋の蝶いかなる花を夜の宿/松岡青蘿

秋蝶と風の接点ひかりけり/岩岡中正

シテの如幹の裏より秋の蝶/山本歩禅

翅二枚合はすは祈り秋の蝶/中村明子

丁寧に羽をたたみて秋の蝶/大谷史子

俳句例:41句目~

二三尺波をはなれて秋の蝶/石井露月

魂祭ふわふわと来る秋の蝶/正岡子規

傷の指しづかに疼む秋の蝶/中島斌雄

紙吹雪二枚が秋の蝶となる/草本美沙

加賀染の暖簾に溺れ秋の蝶/中西舗土

半生を風として生き秋の蝶/小林知佳

秋蝶として深谿を上り来し/小林康治

秋蝶来机上「東方見聞録」/橋本榮治

秋蝶を見しより風の美しく/岩垣子鹿

坂といふ長き日溜り秋の蝶/山田弘子

墳丘の秋蝶風となりにけり/大橋利雄

夢殿の周りはなれず秋の蝶/杉山青風

秋蝶らし衣づれの音せるは/齋藤愼爾

秋の蝶小さき門に就職する/宮崎重作

甕ひきよす朝の泉や秋の蝶/小池文子

魂のごと秋蝶のとび来たり/井上哲王

雲一朶秋蝶昇らざるをえず/川口重美

街道に一つはぐれし秋の蝶/今泉貞鳳

秋蝶や刃を浸したる洗面器/橋本白木

山の雨縫うて気儘や秋の蝶/西村和子

俳句例:61句目~

秋の蝶ときに流水より迅し/岡田銀渓

山門を出でて濁世へ秋の蝶/千原叡子

山麓や黄ばかり多き秋の蝶/有馬籌子

秋の蝶とぢてはひらく翅しづか/篠原

秋蝶や人形振りの雀右衛門/尾崎迷堂

秋の蝶外人墓地の域を出ず/西村和子

秋蝶の黄を強くせり土俗舞/細見綾子

秋の蝶とんで小さし貴船川/岸風三楼

我が影の伸びゆく先の秋の蝶/星野椿

行く秋の蝶道づれに女坂/清水貴久子

秋の蝶ふれて揚りし旅衣/鈴鹿野風呂

秋蝶の驚きやすきつばさがな/原石鼎

旅鞄小さく軽し秋の蝶/阿部みどり女

日は西へ詮方もなし秋の蝶/石井露月

病む日又簾の隙より秋の蝶/夏目漱石

暗室を出て秋の蝶見にゆけり/須藤徹

枯山水の石に紛るる秋の蝶/関森勝夫

秋蝶の腸なきを壁に剌す/島村元句集

秋の蝶潜みし陰も晴れてをり/湯川雅

秋蝶の脂粉のはげし面輪かな/上野泰

俳句例:81句目~

秋の蝶海にも樹海にも近し/吉田紫乃

秋蝶の繽紛として旅情かな/富安風生

秋蝶の紋くつきりと娶る日よ/阿部豊

秋蝶の止れば色の消え易く/小林草吾

段のぼる気多若宮の秋の蝶/高澤良一

水に舞ひ苔に休みて秋の蝶/高木晴子

白地着て別れに来たり秋の蝶/秋澤猛

白樺をめぐりて秋の蝶黄なり/瀧春一

秋蝶の土をはなれて土色に/古館曹人

秋の蝶杉にかくれつ思ひ川/岡本松浜

秋蝶の使者の如くに園よぎり/上野泰

自動車の過ぎし埃に秋の蝶/星野立子

秋の蝶星に雫をもらいけり/酒井弘司

秋蝶の一頭砂場に降りたちぬ/麻里伊

秋蝶のはげしく宙に三つ巴/久本澄子

秋蝶に日当る芝の傾斜かな/島田青峰

秋蝶に時雨の多き頃となり/高木晴子

湖に出て光をひけり秋の蝶/石原八束

腹裂きて医者生臭き秋の蝶/神山姫余

濡れ草に全身ひかる秋の蝶/目迫秩父

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ