季語/青芝(あおしば)を使った俳句

「青芝」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「青芝」について

【表記】青芝

【読み方】あおしば

【ローマ字読み】aoshiba

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏芝(なつしば:natsushiba)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

青芝を含む俳句例

青芝の真昼に近き海の音/原石鼎

青芝の果の高浪野島埼/岡田耿陽

恋衣紅白彼岸の青芝に/香西照雄

青芝に石燈籠の影短か/京極杞陽

乙女去り青芝かこむ鎖垣/香西照雄

夕影の青芝踏みて鶴涼し/日野草城

青芝に夜の雨光り誕生日/佐藤脩一

満塁や青芝遠く緊張す/佐久間慧子

空港の灯は赤と青芝涼し/田中蘇冬

脇宮の青芝海へ展けたり/斎藤節子

青芝に犬の舌桃色に垂れ/池内友次郎

青芝の日照時間尽きるまで/後藤夜半

青芝を踏み高原の朝の弥撒/高橋照子

人死んで青芝を張り急ぐ家/沢木欣一

青芝に一片の雲さしかかる/谷野予志

青芝のはづれに鋏横たはり/京極杞陽

夏芝にごろ寝の對の大膽な/石塚友二

夏芝に花文字基地の有刺線/原子公平

青芝が刺すぞ仕事が一杯で/山内嵩弘

大学の夏芝に寝て雲掴む/八木三日女

俳句例:21句目~

青芝に鋏やさしく横たはり/京極杞陽

青芝に脛をどり子ら池を更ふ/及川貞

文字板の青芝なりし花時計/宇山久志

青芝にして激戦の跡といふ/竹中弘明

日蝕す青芝すべて毒を蒸す/永井龍男

灯台の青芝踏めば暮れんとす/森田峠

青芝に白き花びらこぼれけり/佐藤都

青芝や精勤の靴並べ干す/鳥居おさむ

原罪を説く青芝に足投げ出し/清水衣子

夏芝を踏み急ぎ来て客となる/久米正雄

旗が鳴る金網塀に青芝透き/秋元不死男

昏き家と青芝にあるゴルフ球/永井龍男

金網に青芝あればすべて基地/沢木欣一

青芝に一樹の影の濃かりけり/工藤芳久

青芝に吾子の小さきかげ走り/稲畑汀子

青芝に雨意の濃淡くちすすぐ/安東次男

青芝の匂ひが網戸ごしにして/高木晴子

青芝の母の孤島へ這ひ着ける/野中亮介

青芝の視界はみ出て余りあり/古屋秀雄

青芝や家族賑やかなりし頃/富田のぶ子

俳句例:41句目~

青芝や描きて以て白日夢/久保田万太郎

すぐそこに海青芝の航海科/塩尻庄三郎

青芝を妻子に遺し墓小さし/殿村菟絲子

青芝に自転車寝かせおく恋よ/正木ゆう子

青芝に落ちし松葉の立つてゐる/岸本尚毅

青芝にエルムの影を踏む旅情/佐野まもる

土用波青芝越えてしぶき来る/佐野青陽人

セパードに曳かれ荒息青芝に/沖田佐久子

青芝の庭見て経たる刻それぞれ/下村槐太

ことば立つこの青芝の心地よき/和田悟朗

青芝に寝て8ミリのやうな空/夏井いつき

見えぬ雨青芝ぬれてゆきにけり/中島斌雄

臥して見る青芝海がもりあがる/加藤楸邨

青芝を外して池にバンカーに/稲畑廣太郎

岩崎邸青芝目を射るサンルーム/高澤良一

青芝を海とし一蝶わたらしむ/小瀬川季楽

青芝に襁褓替ふる子ころがしぬ/藤井寿江子

子の臀のまろさ青芝を圧すまろさ/大野林火

青芝に坐して紺碧の海を恋ふ/阿部みどり女

もろともにあからさまなり青芝に/日野草城

俳句例:61句目~

青芝にわが寝そべれば犬もまた/左右木韋城

青芝の馴染みて地震に耐へし家/稲畑廣太郎

車椅子どこまで平らなる青芝/長谷川かな女

青芝や犬より少女はしやぎゐて/ほんだゆき

青芝のところどころを刈り上げて/佐々木六戈

エスプレツソ苦し青芝に雨かすか/徳田千鶴子

青芝の中なる捩花いっぽんに/背景は消えゆきゆきて夕/吉野裕之

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ