季語/袷(あわせ)を使った俳句

「袷」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「袷」について

【表記】袷

【読み方】あわせ

【ローマ字読み】awase

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初袷(はつあわせ:hatsuawase)

・素袷(すあわせ:suawase)

・綿抜(わたぬき:watanuki)

・古袷(ふるあわせ:furuawase)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

袷を含む俳句例

紫の袷袖口濃紫/高野素十

素袷や黒三郎が妾/子規句集

乗合の大勢になる袷哉/正岡子規

行女袷着なすや憎きまで/炭太祇

行商の初袷着て出立哉/篠崎霞山

袷着て樗の森も遠からず/安住敦

古袷傾城人の妻となり/佐々醒雪

男より高き背丈や初袷/中村汀女

古郷をふたつ担うて袷かな/巴人

ひやゝかな袷や人を待ち心/成美

倖と思ひかへり見初袷/星野立子

祝福の声に囲まれ初袷/山田弘子

初袷女四十の襟狭き/島村元句集

袂より絹糸垂るゝ袷かな/岡本松浜

風狂の老を覚えぬ袷かな/小杉余子

初袷涙ふくへき袖ならず/尾崎紅葉

思ひ立つ旅を貫く袷かな/尾崎迷堂

篤信の人の素朴の袷かな/大谷句佛

旅立を人もうらやむ袷かな/炭太祇

立縞のお召し袷衣や掛硯/田口一穂

俳句例:21句目~

病癒え妻にもどりし初袷/今泉貞鳳

古袷着てたゞ心豊かなり/高浜虚子

セルといふ頃を袷に病上り/上村占

たのもしき矢數のぬしの袷哉/蕪村

扇つかふ心憎さよ袷人/高橋淡路女

学生の頃の話を袷着て/深見けん二

小包の袷着きけり稍寒み/寺田寅彦

草枕袷の領の汚れかな/楠目橙黄子

若人の眼鏡かけたり絹袷/正岡子規

美しき故不仕合せよき袷/高浜虚子

我痩もめやすき程そ初袷/尾崎紅葉

用意せし袷出す日や昼旅籠/炭太祇

待宵の身にしむ恋や絹袷/五車反古

一日で花に久しき袷かな/上島鬼貫

万筋の縞が流るゝ袷かな/野村喜舟

三月の筆のつかさや白袷/飯田蛇笏

良妻と人には言はれ古袷/三溝沙美

袷着て鞍馬に上る女かな/松瀬青々

袷着て君や来ると待乳山/会津八一

袷着て木曾古宿の翁たり/井沢正江

俳句例:41句目~

胸合はす袷に軽き旅心/小野/武子

初袷青山窓につらなれり/田村木国

袷着て雨に寒がる僕かな/五車反古

袷縫ふまどに盛やおそ桜/横井也有

長月の空色袷きたりけり/小林一茶

雨合羽袷の肌へ覚えけり/小杉余子

朔日に処する朝の袷着る/皆吉爽雨

初袷博多の帯の爪に鳴る/内田百間

初袷恙人とも思はれず/前沢落葉女

着る前の束の間ほせし袷かな/原石鼎

真向に比叡明るき袷かな/五十嵐播水

髪結うてつれる眉毛や初袷/野村喜舟

思案して旅の袷にうつりけり/炭太祇

かしこげに着て出て寒き袷哉/炭太祇

袷きて貧しからざる鬼貫よ/松瀬青々

行く女袷着なすや憎きまで/炭たいぎ

落葉松の緑こぼれん袷かな/渡辺水巴

芸妓てふ気儘な暮し袷縫ふ/吉田小幸

袷着てすが~しさよ命惜し/富安風生

芍薬の頃もたがはぬ袷かな/尾崎迷堂

俳句例:61句目~

珠数重き沙彌が袂や絹袷せ/会津八一

旅をきて袷に汗し榕樹見る/亀井糸游

腸は野に捨てたれど袷かな/服部嵐雪

初袷すでに越え来し父の齢/河野南畦

病む少女たもと短き袷着て/菖蒲あや

初袷ふいと出て行く息子哉/巌谷小波

絹袷さらりとほぐし著たるかな/篠原

素袷や怒りて世間狭くしぬ/江口千樹

矢絣は歯切れよき柄袷裁つ/竹葉英一

妓たちの好みあたらし初袷/星野立子

初袷食ひ零してぞ帰りける/尾崎紅葉

初袷端坐の膝の筋目かな/松根東洋城

袷着て母より父を恋ふるかな/安住敦

袷着て薬を合すしづかさよ/松瀬青々

袷着て袂に何もなかりけり/高浜虚子

袷着て隣の女房何処へやら/小林李坪

化粧して恙忘れぬ初袷/阿部みどり女

袷着て人の世のぞく散策に/井沢正江

小褄より針ひねり出す袷哉/高井几董

赤縞の袷なんど着て声変り/尾崎紅葉

俳句例:81句目~

那須七騎弓矢に遊ぶ袷かな/蕪村遺稿

古袷着て軽暖にをりにけり/高浜虚子

初袷流離の膝をまじへけり/飯田蛇笏

雨読とは筒っぽ袷居崩しに/古沢太穂

青物を買ふ女房の袷かな/河東碧梧桐

六月の袷裾長に蝙蝠安/長谷川かな女

馬の脊にかろく跨る袷かな/高井几董

片乳房さびしく着たる初袷/柴田白葉女

病友に逢はんと袷着そめたり/萩原麦草

箸とるも夫婦序のある袷かな/森川暁水

素袷の身に添うてをり夕ごころ/森澄雄

素袷やそのうちわかる人の味/加藤郁乎

縞袷似合ひて一戸張りにけり/森川暁水

蛇穴に入る袷にて着ずじまひ/石川桂郎

蜂を払つて橡の下ゆく袷かな/渡辺水巴

袷きて仮の世にある我らかな/高濱虚子

袷になり日曜の晴々し鐘鳴る/小澤碧童

袷人さびしき耳のうしろかな/飯田蛇笏

袷着てむかしごゝろや花の塵/高井几董

いつとろに袷になるや黒木売/榎本其角

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ