季語/棉の花(わたのはな)を使った俳句

「棉の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「棉の花」について

【表記】棉の花

【読み方】わたのはな

【ローマ字読み】watanohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・綿の花(わたのはな:watanohana_)

季節による分類

・「わ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

棉の花を含む俳句例

広々と続く平原棉の花/一田牛畝

葛城や綿の花さく一日路/松瀬青々

泉州や海の青さと棉の花/青木月斗

棉の花白し夕立の峯一つ/山口青邨

丹波路や棉の花のみけふもみつ/闌更

川の名の字に残りし綿の花/中川四明

棉の花たまたま蘭に似たるかな/素堂

水無月の筑波蒼さや棉の花/大竹孤悠

無戸室の跡を標して棉の花/吉田亜司

綿の花大地太陽噴上ぐる/上野さち子

綿の花旱にあへる盛りかな/小沢碧堂

船着きの小さき廓や棉の花/正岡子規

華やかに二百十日の綿の花/西山泊雲

棉の花音といふものなき所/細見綾子

休みぐせつきし日雇棉の花/目黒はるえ

土灼くる日の続くなり棉の花/原田青児

塔二つ遠くに見えて綿の花/鈴木灰山子

月さしてくれなゐなるも棉の花/瀧春一

棉の花まばたきばかりして帰る/岸田稚

棉咲いて天の焼ヶ岳爛れをり/石原八束

俳句例:21句目~

棉の花風音ねむくなるまひる/土屋紫信

牛方宿日昏れて淡し棉の花/つじ加代子

絆とは入日にしぼむ棉の花/福田甲子雄

吹かれつゝ雪嶺暗し棉の花/久保田月鈴子

山一つ見えぬテキサス棉の花/河合いづみ

棉の実の花のごとくに霧ふくみ/中村笙川

棉の花ほとけがほして風の中/小島千架子

棉咲くや生を寄するは易からず/加藤楸邨

痩せ~し土に咲き出て棉の花/吉岡禅寺洞

綿の花たまたま蘭に似たるかな/山口素堂

綿の花素足に慣れて来し移民/栗原義人堂

棉の花ふとまた遠き未知かがやく/宇咲冬男

この中のかたき実に触れ棉の花/阿部みどり女

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ