季語/柳散る(やなぎちる)を使った俳句

「柳散る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「柳散る」について

【表記】柳散る

【読み方】やなぎちる

【ローマ字読み】yanagichiru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・散る柳(ちるやなぎ:chiruyanagi)

・柳黄ばむ(やなぎきばむ:yanagikibamu)

季節による分類

・「や」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

柳散るを含む俳句例

柳散清水涸石処々/蕪村

柳散り清水涸れ石処々/蕪村

柳散る片側町や水の音/漱石

雲低き夕ベ夕べや柳ちる/一茶

一本の大柳散る堰哉/滝川愚仏

庭掃て出るや寺に散る柳/芭蕉

水瓶に柳散込む厨かな/泉鏡花

旅人に夜の倉敷柳散る/三宅悟牛

柳散るや用水桶の汨汨/内田百間

主まつ春の用意や散り柳/桃隣/

堀端や柳散り込む幌車/寺田寅彦

天道の真下人道柳散る/和田悟朗

西施佇みし辺りか柳散る/森田峠

窓外は交民巷や柳散る/原田青児

散る柳大粒の唾屋上ゆ/香西照雄

物置や柳散り込む炭俵/寺田寅彦

燕のかへる日柳ちる日かな/知十

灯火の中のひたすら柳散る/青畝

散る柳纜石のかくる程/西山泊雲

雪柳散り散りに妻妊りし/杉山岳陽

俳句例:21句目~

門札は女の名なり散る柳/寺田寅彦

湧水の町中ながれ散る柳/水原春郎

浸したる洗濯物に柳散る/寺田寅彦

宇治川の流は早し柳散る/高浜虚子

村塾や土塀崩れて散る柳/会津八一

居留地の電燈に散る柳哉/寺田寅彦

庭掃いて出でばや寺に散る柳/芭蕉

束の間の残照水に柳散る/西山泊雲

湖の遊細鱗にして柳散る/西本一都

柳散り菜屑流るる小川哉/正岡子規

柳散る雨の二日は町暗く/中村汀女

散る柳女も黒と茶が似合ふ/滝春一

柳散る川灯台や結びの地/中村苑子

倉敷にまたの勤や柳散る/中尾吸江

柳散る彼方は二十六戸村/三好達治

堀端に塩蔵の跡柳散る/冨田みのる

散る柳米兵乗せし人力車/吉屋信子

干せる其の上に散る柳哉/川村烏黒

潮騒や七夕柳散るもあり/臼田亞浪

柳散り乙女ら憩ひ我歩む/京極杞陽

俳句例:41句目~

柳散る夜もうるはし上京は/田中裕明

柳散る実科高校の女生徒に/相馬遷子

柳散る市役所の門の人力車/寺田寅彦

柳散る池めぐり来て仏の灯/吉野義子

柳散る直路直歩のかなしみ湧き/子郷

柳散る銀座のバスに葉一枚/原田種茅

柳散る門前の古井人汲まず/寺野竹湍

柳散る頃と申さん法事かな/籾山柑子

一片の二片の柳散りて浮き/清崎敏郎

乞食の門去りあへす柳散る/尾崎紅葉

柳散る風に身を寄す舫ひ舟/神山果泉

権の助坂の往き来に柳散る/行方克巳

姉病むと柳散るころ便あり/寺田寅彦

散る柳星の夜さりになりゐたる/柳芽

散る柳波に揉まるゝ二三段/西山泊雲

散る柳附けて流るゝ筏かな/井上井月

散る柳電話の順は離れて待つ/岡本眸

月一つ柳ちり残る木の間より/素堂/

柳ちるそこから乞ひはじめる/山頭火

柳ちるただつちくれの西ひがし/白雄

俳句例:61句目~

柳ちるや鉄瓶たきる渡舟小屋/原月舟

柳ちる窓やときどき人通る/関夫久子

柳ちる紺屋の門の小川かな/夏目漱石

柳散つて柿を赤うす野に住めば/碧童

柳散り濠の晩景あわただし/福田蓼汀

柳散るや小波もなき船片方/西山泊雲

柳散るや少し夕べの日のよわり/暁台

柳散る昔啄木のまた我が径/加藤秋邨

柳散る一葉はとほき水輪生み/西山誠

柳散る公園の隅のベンチ哉/寺田寅彦

柳散る千筋となでし黒髪も/尾崎紅葉

柳散る土橋のもとの地蔵哉/寺田寅彦

柳散る夜の空より彌撒の鐘/中杉隆世

あげてくる汐の静けさ柳散る/三宅応人

塑像考へてをり柳散つてをり/西本一都

柳散るやうに旅信の来るべく/田中裕明

とひ竹に柳散りけり積りけり/寺田寅彦

雑踏に捨てし愁ひや柳散る/鈴木真砂女

水甕に柳散りけりくさりけり/寺田寅彦

水馴棹触れしにあらず柳散る/河野探風

俳句例:81句目~

ユトリ口の哀愁曳きて柳散る/桑田青虎

池の面の日かげ日向や散る柳/西山泊雲

古御所の寺になりけり散る柳/黒柳召波

柳散る日時計刻をきざみ了ふ/原田青児

柳ちる色を地上になつかしむ/松瀬青々

柳散る水の十字路漕ぎ曲り/野見山朱鳥

曇り居て雲なく柳散る日かな/小杉余子

散る柳水浴びて日を暮しけり/田中裕明

散る柳桃の落葉と分つかな/坂本四方太

散る柳夫婦づとめの落合ひて/水谷晴光

柳散る軒の行燈のすゝけたる/寺田寅彦

柳散る運河の奥ヘタグボート/大島民郎

男憎しされども恋し柳散る/鈴木真砂女

形無き雲澄むに柳散るしきり/内田百間

柳散るや風に後れて二葉三葉/鈴木花蓑

等身の雪柳ちり一人暮らす/北原志満子

柳散り雨の中より都電来る/大木格次郎

家移らばいつ来る町や柳散る/渡辺水巴

柳散る原爆ドームと川へだて/館岡沙緻

大阪はこのへん柳散るところ/後藤夜半

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ