季語/鰤起し(ぶりおこし)を使った俳句

「鰤起し」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鰤起し」について

【表記】鰤起し

【読み方】ぶりおこし

【ローマ字読み】buriokoshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

鰤起しを含む俳句例

巻舌の濤の暗黒鰤起し/森田緑郎

立山の襞引き締めて鰤起し/蔵巨水

白衿に針はこぶ夜の鰤起し/井上雪

風待の舳艫相打つ鰤起し/和田祥子

鰤起し沖は鋼の色深む/北見さとる

茶畑の空はるかより鰤起し/飯田龍太

鰤起し白山へ雨ともなひ来/新田祐久

一湾の気色立ちをり鰤起し/宮下翠舟

一閃光初島は覚めぬ鰤おこし/及川貞

順々にお詰め下さい鰤起し/永末恵子

火の島の日和崩るゝ鰤起し/土屋仙之

鰤起しずしりと重き露伴集/中西舗土

夜に入りて木屑香たつ鰤起し/橋本薫

鰤起し体言止めに至るかな/石田時次

鰤起し入江に波をたたせけり/森田峠

鰤起し巻雲立ちし隠岐の島/久保茘枝

鰤起し杉山檜山色褪せぬ/阿波野青畝

鰤起し海抜ゼロの町揺する/篠田悦子

鰤起し軒につかへて沖高し/本多静江

鰤起し鷹は小猫を狙ひをり/仙田洋子

俳句例:21句目~

立山の偉を正したる鰤起し/有馬朗人

立山も能登もゆさぶり鰤起し/蔵巨水

佐渡の上に日矢旺んなり鰤起し/岸田稚

千枚田暮れてとどろく鰤起し/和田祥子

加賀太鼓乱れ打つなり鰤起し/溝口青於

炉にあれば腹にこたへぬ鰤起し/森澄雄

砂山の歌碑に日矢立つ鰤起し/伊藤京子

鰤起し奇蹟のごとく虹かかり/菖蒲あや

鰤起し悪人の名に虚子あげて/茨木和生

鰤起し旅寝の手足まだ覚めず/奈良文夫

鰤起し一つとどろく佐渡泊り/高木良多

観音をあまた見し夜の鰤起し/坂内佳禰

鰤起し米山さんの辺りより/江島つねを

鰤起し腹に徹りて風邪癒えぬ/加藤楸邨

谷戸深く猟男の棲めり鰤起し/石川桂郎

補陀落やかなた明るき鰤起し/角川春樹

それぞれの客を迎ふる鰤起し/小川濤美子

わたなかを火柱はしる鰤起し/町田しげき

欣一と出て加賀の夜の鰤おこし/角川源義

流人墓地みな壊えてをり鰤起し/石原八束

俳句例:41句目~

父祖の地の住み難きかな鰤起し/今牧茘枝

猫の耳ぴくりぴくりと鰤起し/秋武つよし

鰤起し大佐渡小佐渡つらぬけり/皆川盤水

隠岐の雲ただならぬあり鰤起し/昆野草丘

能登人に待たれてをりし鰤起し/柿島貫之

鰤起し程よき時化となりにけり/田中田吉

鰤起し連れて漁船の戻り来し/稲畑廣太郎

鰤起しと見る間に虹をかかげたる/菖蒲あや

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ