季語/空風(からかぜ)を使った俳句

「空風」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「空風」について

【表記】空風

【読み方】からかぜ

【ローマ字読み】karakaze

子季語・関連季語・傍題・類語など

・空っ風(からっかぜ:karakkaze)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

空風を含む俳句例

垣の上の舟の舳や初御空/風生

空風や練馬の駅の大泉/石塚友二

空つ風埃吹き上げ慈善鍋/高野素十

空風や湾口に泛く荷物船/飯田蛇笏

空つ風濁りし胸の打診音/村本畔秀

清教徒着きし岬の空つ風/仙田洋子

遮れる何物もなく空つ風/豊田光世

日の光まぜつ返して空つ風/檜紀代

赤城山までがこの村空つ風/岸善志

胸中に抱く珠あり空つ風/富安風生

百獣の王寝てばかり空つ風/高澤良一

空つ風忘れて過ぎし菊屋橋/石川桂郎

牛は生涯大空を見ず空つ風/宮武寒々

空風にガサツな歩き方通す/高澤良一

鯔網に冬ふかみつつ空つ風/飯田蛇笏

すがれたる蔓の蔓打つ空つ風/高澤良一

上州の空つ風さへなく晴れて/稲畑汀子

人間の嘘生きはしる空つ風/能村登四郎

八束亡く憂き世仮の世空つ風/小出秋光

手の空や蝉殻の空風が過ぐ/櫛原希伊子

俳句例:21句目~

東京に疲る空風に髪吹かれ/橋本美代子

物売りの声のとぎるる空つ風/貴田将子

空風に場所を置き去る靴磨/百合山羽公

空風の道ゆくは野良人ばかり/太田鴻村

空風にご幣ひらひら道祖神/斉木うた子

竹藪の日を踊らせて空つ風/福田千栄子

翔ちし鷺吹き戻されし空つ風/永井善郎

路鋲ふむ靴のあらたに空つ風/飯田蛇笏

目に耳に又空風が余るなり/相生垣瓜人

牡蠣殻の山空風と馴れ合ふよ/百合山羽公

空風に園児吹き飛ばされしとか/川井梅峰

空風は青空の日を支へたる/阿部みどり女

空風も詰めだるま籠真ッ赤なり/宮津昭彦

空風や吹き分れたる石たゝき/島村元句集

空風や鎖骨に触るる主治医の手/高澤良一

空風に乾びてゐたり氷下魚売/金箱戈止夫

空つ風六区は塵をとばすばかり/千葉玲子

自販機の明るき路地の空つ風/佐倉あさ子

空風を繰り出して山何もなし/百合山羽公

蕎麦食ひに出て父の忌の空つ風/奈良文夫

俳句例:41句目~

空風に逆らふ睫毛もてあます/長谷川かな女

空つ風どんと吾が家を衝きにけり/高澤良一

吹き寄せられてゆく東京の空つ風に/高澤良一

空風にかなしき胼のきれにけり/阿部みどり女

風の無い夜は厭だと空つ風に死にゆけり/石橋辰之助

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ