季語/炭斗(すみとり)を使った俳句

「炭斗」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「炭斗」について

【表記】炭斗

【読み方】すみとり

【ローマ字読み】sumitori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・炭取(すみとり:sumitori_)

・炭籠(すみかご:sumikago)

・炭櫃(すびつ:subitsu)

・炭瓢(すみひさご:sumihisago)

・炭ふくべ(すみふくべ:sumifukube)

・烏府(うふ:ufu)

・十能(じゅうのう:juno)

・炭箱(すみばこ:sumibako)

季節による分類

・「す」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

炭斗を含む俳句例

炭斗に漆の香あり新婚/滝春一

炭斗の羽箒に来る鼠かな/師走

僧房や大炭斗の年月日/河野静雲

新しき炭斗に炭立石寺/折井眞琴

炭斗や個中の天地自ら/高浜虚子

炭斗の炭の切り口爛々と/山口青邨

炭取のひさご火桶に並び居る/蕪村

炭斗にとぼしき炭や猫の恋/原石鼎

炭斗の中に竃馬や坊泊り/佐藤梧林

炭斗の中の小さき火吹竹/古沢葦風

相まつて大炭斗と大火鉢/中村若沙

炭斗を膝にとりたる静心/岩木躑躅

炭斗に磊々として炭団哉/松瀬青々

炭斗を大事に使ふ心がけ/後藤夜半

炭籠の炭に埃のつもりたる/長谷川櫂

炭籠に炭たつぷりとお元日/吉屋信子

炭取の底貧しくも朽葉かな/尾崎紅葉

鈴鹿炭盛りて炭取鴨を煮る/亀井糸游

炭取とならび老いゆく岩取/加藤楸邨

無住寺といへども炭は炭斗に/森田峠

俳句例:21句目~

炭斗は所定めず坐右にあり/高浜虚子

炭斗の底の粉炭すくひにく/高濱年尾

炭斗に炭足るほかに望なし/富安風生

炭斗に至るまで贅尽しあり/宮田弌葦

炭斗や炭にまじはる椎の粒/松瀬青々

炭斗の炭を火箸の選り好み/後藤夜半

瓢箪の大炭取の運ばるる/杉山喜代子

襖の蔭の炭取いつかの夜も/喜谷六花

炭斗に嘴のごとくに火箸あり/橋本鶏二

炭斗に炭も満ちたり宿の春/松本たかし

炭斗に炭を満たして夫婦住む/三浦文朗

炭斗のうち鮮しく日々穢る/篠田悌二郎

炭斗の中で刺し割る幸福感/平井さち子

炭斗に炭まだ小出し菊枯るる/中村汀女

炭斗や一夏のまゝの蝿たゝき/籾山梓月

炭斗や母の手届く置きどころ/草間時彦

炭斗や病む児にひゞく蓋の音/渡辺水巴

炭斗を提げてよろめく老悲し/高岡智照

炭斗を満たし蒔絵師金を刷く/今村泗水

炭斗を跨ぎて鴨の丁子屋に/鈴木しげを

俳句例:41句目~

炭取となりて年ふる瓢かな/寺野守水老

炭取のひさごより低き机かな/村上鬼城

炭斗のひさごに残る蔓ぴんと/高濱年尾

炭取や残屑なんどらちもなし/寺田寅彦

夜の放屁炭斗に炭眠りあふ/磯貝碧蹄館

炭斗に体の痩せてゐたるなり/杉野一博

炭斗を置きまどひをる受取りぬ/星野立子

炭斗と亡き妻の座はそのまゝに/戸田銀汀

炭斗の古きひさごに絵かきあり/高濱年尾

炭斗に残りし炭の日を経たる/伊藤ちあき

炭斗に楢の葉見えて炭減りぬ/水原秋桜子

除夜の鐘聴くや炭斗引寄せて/五十嵐播水

炭斗のごときものより種蒔ける/後藤夜半

炭取に侘びしき箸の火ばしかな/黒柳召波

炭斗に菊の枯葉のこぼれけり/金尾梅の門

炭籠に炭は満ちたり書を讀まな/山口青邨

かたはらに炭斗のある安堵感/加倉井秋を

炭斗の母塗手摺れておきなさぶ/栗生純夫

炭斗にしぐれに濡れし炭まじる/能村登四郎

炭斗ごそと減らし冬夜の仕事済む/大橋裸木

俳句例:61句目~

炭斗をどこに置かんと持ちまどひ/星野立子

書きそこなひ捨つる炭斗見て羨し/石川桂郎

まろやかに炭斗古りて母老いぬ/井口ひふみ

炭斗のしぐれに濡れし炭まじる/能村登四郎

炭取の底にかそけき木の葉かな/芥川龍之介

炭とりをひきよせてきく雁のこゑ/金尾梅の門

炭斗やゆっくり蜘蛛の這ひ出でぬ/水谷たつ子

炭斗炭こぼれそに日暮の二階へあがる/大橋裸木

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ