季語/仲秋(ちゅうしゅう)を使った俳句

「仲秋」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「仲秋」について

【表記】仲秋

【読み方】ちゅうしゅう

【ローマ字読み】chushu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋半ば(あきなかば:akinakaba)

・仲の秋(なかのあき:nakanoaki)

季節による分類

・「ち」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

仲秋を含む俳句例

仲秋の太玉串を奉る/高野素十

仲秋や芒の中の女郎花/尾崎迷堂

仲秋や青く縞なす烏瓜/鈴木貞雄

仲秋や赤き衣の楽人等/高野素十

描初の壺に仲秋の句を題す/虚子

仲秋や夕日の岡の鱗雲/村上鬼城

仲秋や土橋短き一軒家/大峯あきら

仲秋や土間に掛けたる山刀/原石鼎

中秋や姥捨駅を晝過ぐる/相馬遷子

広がりて雲仲秋の姿置く/稲畑汀子

中秋や松にとびつく水陽炎/坂本登

仲秋や大陸に又遊ぶべく/高濱虚子

仲秋や月明かに人老いし/高浜虚子

仲秋や母に明るき仏の灯/西島麦南

仲秋の闇あふれゐる小学校/川井淵

仲秋の韻を畳むや後の月/正岡子規

仲秋や水窓日々の帆頻繁/尾崎迷堂

仲秋や海と相撃つ鮭の川/野村喜舟

仲秋や銀の腕輪が腕締めて/辻桃子

仲秋や互にひろき海と陸/高浜虚子

俳句例:21句目~

仲秋の月黄濁の河照らす/品川鈴子

仲秋の松に並びて槙の影/織田敦子

少年と共寝仲秋の暗い海/佐藤鬼房

仲秋の硯師の爪伸びやすし/黒田杏子

中秋の正しき繊き月となる/後藤夜半

中秋や座布団かさね一茶像/村越化石

秋半ば霽れても街の昼の靄/遠藤はつ

仲秋や水見る旅へこころざし/齋藤玄

瓦職人仲秋の空一人で占め/福岡浪子

仲秋や花園のものみな高し/山口青邨

仲秋や雲のうへなる雲流れ/岸風三樓

仲秋の月かたむけて丹波能/竹村竹聲

仲秋の月につれだち氏神へ/大庭光子

戦隊長以下仲秋の月に飛ぶ/田村了咲

仲秋の月の面を降る葉かな/野村喜舟

仲秋や針山はいま紅の糸/大峯あきら

仲秋を花園のものみな高し/山口青邨

仲秋や火星に遠き人ごころ/飯田蛇笏

仲秋や屋根の上行く大き鶴/渡辺水巴

仲秋の花園のものみな高し/山口青邨

俳句例:41句目~

仲秋や座布団かさね一茶像/村越化石

莟あげそむ仲秋の藪つばき/松村蒼石

仲秋の古利根薄日さしわたり/松村蒼石

仲秋の深眼に白き砂糖菓子/柴田白葉女

仲秋の彳まひとはなりにけり/後藤夜半

仲秋の蛇長すぎるをみなかな/攝津幸彦

仲秋やいもり遊べる神の池/五十嵐播水

仲秋やほどよく褪せし藍の衣/和田祥子

仲秋や場末映画にカラマゾフ/西本一都

仲秋や眼鏡拭くたび山を見て/児玉輝代

仲秋や空めぐる鶴かたむかず/渡辺水巴

仲秋や紫蘇畠一畝日に幽らみ/松村蒼石

一壺酒に仲秋無月なるもよし/西島麦南

仲秋や蝉の穴まで澄みきつて/遠藤正年

仲秋や師の色紙見ゆ山の家/佐野青陽人

仲秋や何を蒔きゐる岬の人/大峯あきら

仲秋や段あたらしき岡のみち/木津柳芽

山国の街早じまひして仲秋/柴田白葉女

仲秋や漁火は月より遠くして/山口誓子

仲秋の白き花より傷みだす/神尾久美子

俳句例:61句目~

擦過音身ほとりに殖え秋半ば/高澤良一

水音のひろがつて野は秋半ば/中村田人

登りては摺り減らす山秋半ば/桑原三郎

仲秋のかなしげの妻きらきらす/斎藤玄

角帯をして仲秋の客迎ふ/長谷川かな女

転寝や庭樹透く日の秋なかば/飯田蛇笏

仲秋やそこらここらの藪おもて/岡井省二

仲秋の金蝿にしてパッと散る/波多野爽波

憎しめば中秋の月逃ぐるなり/殿村菟絲子

仲秋や風呂の扉に沁む脂粉の香/宮武寒々

仲秋の一人偲ばむ夜のありて/梅田実三郎

仲秋の壁がささやく壁を殺せと/栗林千津

秋半ばモンマルトルの霧を思ふ/横光利一

仲秋のお城を撫でてつめたさよ/岸本尚毅

仲秋や葉子と名付け白づくめ/宇佐美魚目

仲秋の月の冷たきぼんのくぼ/長谷川かな女

死相得しことにはふれず秋なかば/中川宋淵

土に化すべく土喰つてゐる秋半ば/栗林千津

仲秋の筥を出されしせん女の雛/長谷川かな女

仲秋や縞にたとふる蟇の肢/『定本石橋秀野句文集』

俳句例:81句目~

仲秋淡海に遊ぶ水の月やよ望にふる雪歟とぞ/蕪村遺稿

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ