季語/薬掘る(くすりほる)を使った俳句

「薬掘る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「薬掘る」について

【表記】薬掘る

【読み方】くすりほる

【ローマ字読み】kusurihoru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・薬採る(くすりとる:kusuritoru)

・薬草掘る(やくそうほる:yakusohoru)

・茜掘る(あかねほる:akanehoru)

季節による分類

・「く」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

薬掘るを含む俳句例

薬掘昔不老の願あり/夏目漱石

薬掘る大粒の雨湖に/中川志帆

薬掘る獣に鳥に人間に/伊東達夫

薬掘もどりし音の筒井筒/上村占

薬掘蝮も提てもどりけり/炭太祇

一山の薬掘り得で書半巻/尾崎紅葉

平安の壺出できたり薬掘る/辻桃子

薬掘るその手に重き橋造/赤尾兜子

萱山に濃き影落し薬掘る/皆川盤水

薬掘るふもとは恋の歌枕/津森延世

薬掘松下の石に憩ひけり/浜田波静

袋よりのぞける髭根薬掘/東出善次

飄然と薬や掘りに本草家/尾崎紅葉

この雨は高野へ続く薬掘/長谷川草々

薬掘る夢想無念の頭陀袋/殿村菟絲子

薬掘りけふは蛇骨を得たるかな/蕪村

薬掘る巌におろせし縄梯子/目黒白水

薬掘る樵者病もなかりけり/中山蕗峰

薬掘る吐息が霧となる夕べ/橋本榮治

薬掘る人に声かけ道険し/浅井青陽子

俳句例:21句目~

薬掘り間なくはじまる天の雲/上村占

薬掘洞口に木の葉焚きにけり/坂桂株

薬掘笠をかむりて女かな/宇佐美野生

高尾嶺のいまだ空林薬採り/皆吉爽雨

青き海見ては薬草掘りにけり/松本旭

薬掘る人々か強き國訛り/安斎櫻カイ子

薬掘る一約束も果さずに/伊津野/朝民

薬掘る留守を訪ひけり本草家/尾崎紅葉

薬掘れば又雲が来て谷を這ふ/中川四明

その君が薬掘りとは爺むさい/高澤良一

ブラジルに長生したく薬掘る/荒木宗平

愚に堪へて鳩も吹きけり薬掘/松瀬青々

日本語すっかり忘れ薬掘る/栗原義人堂

薬根掘るむかし伯耆の狂言師/中村苑子

花言葉無きものばかり薬掘る/浦野芳南

鎌の刃にてりかへす日や薬掘/桜木俊晃

阿蘇をわが庭と歩きて薬掘る/阿部小壺

萱原の日にうづもれて薬掘る/木村蕪城

馬柵ぬちも阿蘇の大谷薬掘る/井沢正江

薬掘つて接心に入る僧のあり/藤原如水

俳句例:41句目~

十薬をざくざくと掘り未亡人/横山節子

薬掘くらくなりたるみちもどる/宮津昭彦

山深く薬を掘りに行きしといふ/佐藤紅緑

唖々として薬を掘れば咎なし/田中田士英

薬掘りに狐狸に軽重問はれけり/高田自然

掘つて帰る薬草紫花を開きけり/喜谷六花

むらさきの寝釈迦の前に薬掘る/池田世津子

薬掘り茂れるほどには根の穫れず/肱岡恵子

薬掘らんと雲分け入れば温泉の匂ひ/豌豆痩石

採るならひ今につづけて薬の日/宮城きよなみ

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ