季語/萱刈る(かやかる)を使った俳句

「萱刈る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「萱刈る」について

【表記】萱刈る

【読み方】かやかる

【ローマ字読み】kayakaru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・萱葺く(かやふく:kayafuku)

・萱の軒場(かやののきば:kayanonokiba)

・薄刈る(すすきかる:susukikaru)

季節による分類

・「か」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

萱刈るを含む俳句例

萱刈の地色広げて刈進む/篠原

萱刈の脊を越え鴉力声/村越化石

追風に薄刈とる翁かな/蕪村遺稿

萱刈の萱に沈める眼かな/原田喬

野にも寐よ宿刈萱に女郎花/支考

大沢崩天に輝く萱を刈る/川村紫陽

実方の芒は刈らず村の者/子規句集

絶頂の芒刈らざる神在す/丸山作楽

四五本の月の芒を残し刈る/星野椿

頂に遊べる馬や萱を刈る/河野静雲

青芒刈るや生るる風の道/藤谷紫映

刈萱の共乱れして枯れ急ぐ/牛島六

刈萱の少なき絮を浚ふ風/山崎一角

薄刈る童に逢ひぬ箱根山/子規句集

菊も刈り芒も刈りぬ霜柱/正岡子規

片岡の芒も刈や神の留守/松瀬青々

新月に刈萱活けて茶漬かな/渡辺水巴

萱刈つて岳麓の冬見えはじむ/岡本眸

萱を刈る紫がかって神懸って/渋谷道

萱刈の声とばしけり富士颪/酒井絹代

俳句例:21句目~

兄に怒る鎌や芒を刈り倒し/清原枴童

望の夜の芒を刈りに姉いもと/大串章

畑中に芒刈らざる誰が塚ぞ/上原三川

凩の棲む刈萱を背負ひあぐ/羽部洞然

発掘の遺跡の芒刈りはじむ/山田弘子

刈らざりし寺山の萱別れ霜/茨木和生

穂芒を丈高く刈り穂屋結ぶ/宮津昭彦

芒皆刈られて池の円さかな/西山泊雲

針山の如くに芒刈られあり/高木晴子

刈状せの青萱空の匂ひせり/熊谷愛子

萱刈るや出雲石見と山わかち/飴山實

門前の枯れし芒も刈らで住む/上村占

刈萱に少し風ある屋島かな/大野青沙

雪散るや穂屋の薄の刈残し/松尾芭蕉

大風に荒ぶ芒を刈りにけり/高野素十

刈萱の沈めしままや鷭の鳥/石川桂郎

刈萱の高さにものを考ふる/岩岡中正

国引のむかし刈萱よきいろに/上村占

雨に刈る御射山祭する萱を/木村蕪城

ひつじ田に放り込まるる刈芒/石田勝彦

俳句例:41句目~

黍熟れて刈敷の萱穂にいでぬ/飯田蛇笏

一群れの雀刈萱昏れにけり/佐々木六戈

上着抜ぐ少し刈りたる萱の上/松藤夏山

伊那人の口笛萱を刈りて去る/伊藤京子

働き終へし場所にて萱を刈残す/大串章

刈あとの萱芽ぐむ野は風まぶし/瀧春一

萱刈を了へて遊べる馬をよぶ/加藤楸邨

萱刈るや鬼の炊ぎし巖のこる/西本一都

刈萱や湖に流れのあるといふ/山本洋子

萱五尺刈り取る空の深さかな/清田柳水

刈萱に風の追討ちありにけり/湯浅康右

刈萱のたへにも白し草泊り/吉岡禅寺洞

山焼や火の刈萱を撒き散らし/長谷川櫂

ばさばさと刈られ終んぬ花薄/尾崎紅葉

山里や草を刈らずて萱を刈る/佐藤紅緑

刈とりてもとのみだるゝ薄哉/高井几董

刈らんとて芒にふかく沈みたる/飴山實

刈萱よりも髪吹きすさぶ今生は/佃悦夫

刈萱や雲通ふ尾根を吾も行く/岸田幸池

萱刈が業平塚と言ひにけり/大峯あきら

俳句例:61句目~

巨木伐るに下広く刈る芒かな/西山泊雲

萱刈のゐて麓路に山でにけり/鈴木花蓑

深草を芒の根まで刈つてあり/松藤夏山

刈萱の風より雨を待つふぜい/川崎展宏

梅鉢草髪にぞ挿して萱刈女/田中はつを

椨山の萱刈りし跡大いなる/八木林之介

山刀伐の雲の乱るる萱刈れり/大網信行

萱刈の茣蓙臑当のいでたちや/松藤夏山

萱刈のここにも山を深めゐし/栗生純夫

花薄刈のこすとハあらなくに/蕪村遺稿

萱刈や咲きつゞけつゝ長煙管/松藤夏山

刈萱の秋の捨蚕にほかならぬ/古舘曹人

萱刈りの真向ひもまた風の山/村越化石

刈萱を活けて寂しさ澱となる/横山房子

萱刈の夕日に上げし面かな/大峯あきら

萱を刈り蓄めて離村の心なし/井上哲王

萱を刈るとき全身を沈めけり/稲畑汀子

まん中を刈りてさみしき芒かな/永田耕衣

刈萱に二人早立ちしたさうな/佐々木六戈

刈萱もまぬがれがたく紅葉して/後藤夜半

俳句例:81句目~

刈り状せの萱に日渡る裏秩父/上田五千石

刈りはらふ芒のなかにのめりたる/中田剛

屋根替の寄進の萱を刈りに来し/勝俣泰享

疾く起きよ起きよと女刈萱の声/佐藤鬼房

萱刈つて村人歌舞伎演じをり/加藤三七子

萱刈つて阿蘇の裾野に束ねけり/佐川広治

萱刈とわが見るのみに虹立ちし/宮下翠舟

枯芒刈れば日あたる堤かな/長谷川かな女

萱刈にぶらさがりたる通草かな/松藤夏山

萱を刈り木を伐りそこに墓ひとつ/穴井太

萱刈のをるところまで登りけり/富安風生

萱刈の尾根に出てゐる日和かな/松藤夏山

萱刈や午前も午後も日がひとつ/矢島渚男

萱刈るやからりと晴れし牛の貌/皆川盤水

萱刈るやきのふにまさる山日和/植地芳煌

萱刈るやひつぱる葛を切り放ち/松藤夏山

萱刈女水しずかなるほとりにも/横山白虹

萱刈女鎌をかざしてこちを見る/松藤夏山

萱塚を二基立ててあと萱刈らず/茨木和生

落ち切らぬ入日を沖に萱刈女/塩谷はつ枝

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ