季語/鰯(いわし)を使った俳句

「鰯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鰯」について

【表記】鰯

【読み方】いわし

【ローマ字読み】iwashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鰯引(いわしひき:iwashihiki)

・鰯船(いわしぶね:iwashibune)

・鰯見(いわしみ:iwashimi)

・真鰯(まいわし:maiwashi)

・秋鰯(あきいわし:akiiwashi)

・鰯売(いわしうり:iwashiuri)

・鰯干す(いわしほす:iwashihosu)

・鰮(いわし:iwashi_)

季節による分類

・「い」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

鰯を含む俳句例

陽炎に干鰯や宿はづれ/巴流

壁の蔦隣は鰯たく香哉/成美

小鰯や一口茄子藤の門/其角

松原に富士置く浦や鰯引/迷堂

掬ひ出す船の鰯の無尽蔵/暮石

西日して薄紫の干鰯/杉田久女

鰯やく煙とおもへ軒の煤/犀星

此浦の人ありたけか鰯引/寫妙

道端で乾く鰯か弟か/坪内稔典

江の島の灯の早き鰯引く/秋を

太りたる鰯々の曲りかな/篠原

旗を振る浜の槽や鰯引/野田道三

鐘楼に犬出て鰯引きはじむ/計次

椿咲き干鰯の上の鳥威し/瀧春一

捨鰯浜に夕日の裏日本/大野林火

この後は五風十雨と鰯引/上村占

としの夜の鰤や鰯や三の膳/去来

一本の鰆提げ立つ鰯舟/後藤夜半

三銭の鰯包むや竹の皮/正岡子規

飯時をねらふてくるや鰯船/呼丁

俳句例:21句目~

水揚の声それだけか鰯売/薫松/

路地裏に昔の佃鰯干す/秋山花笠

買初の持ち重りして浜鰯/堤京子

舟宿に鰯さしたる夕哉/松瀬青々

看板は鰯のように酔う娘/仁平勝

麦秋や子を負ひながら鰯売/一茶

鰯汲む夜は妻子も脛ぬらす/鬼房

鰯網鰯の中の小鯛かな/正岡子規

鰯網陸近づけば潮騒ぐ/高浜虚子

鰯引く人鳶舞ふ浦日和/浜田波静

いわし寄る波の赤さや海の月/桃首

交りたる鯖の紫鰯汲む/前島たてき

八方に鰯が立って秋の道/坪内稔典

残してや家路を急ぐ鰯売/藤野古白

甲板に鰯干したり島通ひ/松藤夏山

鰯干す風に磯の香綯ひまぜて/鍛治

国引きし神神の裔鰯引く/丸山/遥

鰯干す日に秋あつき浜鴉/石原舟月

鰯干す宮も藁屋も温かし/前田普羅

鰯ひく親船子船夕やけぬ/石田波郷

俳句例:41句目~

夕焼や鰯の網に人だかり/正岡子規

夕膳に鰯の煮つけや冬籠/小澤碧童

海光の一村鰯干しにけり/日野草城

海光をあつめて糶の鰯樽/渡辺恭子

鰯の海赭く天皇立ち給ふ/萩原麦草

大漁旗鰯の山のてっぺんに/森田峠

曳き聲に鴉翔たせぬ鰯網/石塚友二

海猫憑くは漁良き證鰯網/井尾望東

鰯食ふほつほつ城下灯をともし/旭

妻は渦潤目鰯を擂りつづけ/小田亨

東西に砂丘冷たき鰯曳/百合山羽公

婿倅来たりや卒爾の鰯鮓/岩木躑躅

鰯群来舟下三寸ひかり過ぐ/川北豊

松原の松のちいさし鰯引/松藤夏山

小豆粥鰯肴のせちぶかな/玉越琅々

柊に鰯の頭留守らしき/佐々木六戈

白砂青松磯に群がる鰯引/寺田寅彦

九十九里に女と生れ鰯引/丸島弓人

鰯船火の粉散らして闇すすむ/誓子

鰯来る一村羽根を突きやめし/麦草

俳句例:61句目~

鰯来ると声ゆき渡る浦々に/原柯城

鰯来て濃紺膨る湾の沖/殿村莵絲子

鰯引く親船子船夕やけぬ/石田波郷

男らは沖に女らは鰯干す/下村梅子

離島には離島の歴史鰯引/山内一甫

年神に小さき鰯過疎盆地/稲垣陶石

戻りくる波より低き鰯舟/堀本婦美

田を追はれきし雀らに鰯干す/森田峠

秋晴やあをき鰯の一夜干/竹森登美恵

秋風や炭になりゆく鰯の尾/三橋敏雄

うつくしや鰯の肌の濃さ淡さ/政二郎

糶市へ運ぶ鰯の跳ね止まず/名倉花子

網あけて鰯ちらばる浜辺哉/正岡子規

すずしさや折つて見せたる生鰯/臥高

蜑の家は砦構へに鰯干す/鈴鹿野風呂

たて横にこぼれ鰯の漂へる/松藤夏山

海荒れて膳に上るは鰯かな/高濱虚子

誕生日安き鰯を買ひにけり/鈴木花蓑

ぶちまけし鰯の渦や雁渡し/橋本榮治

雪催ふ巷ゆ干鰯得てかへる/石塚友二

俳句例:81句目~

骨に指添はせて捌く鰯かな/赤澤新子

鰯売る坂逆光に照り出さる/巌谷小波

鰯干す下にいちにち猫眠る/松本敦子

鰯引き見て居るわれや影法師/原石鼎

一ト塩の鰯焼きけり十三夜/野村喜舟

一合を愉しむ潤目鰯かな/山崎ひさを

鰯引千鳥も飛んで九十九里/松藤夏山

鰯汲む隣の舟の灯を借りて/明石八重

鰯漁すみて瓦を焼きはじむ/水谷晴光

月が出て足もと明し鰯引く/足立堂村

鰯焼く妻と云ふ名の五十年/武田光子

冷やかに鰯浦りたる網洗ふ/萩原麦草

鰯網の上や鴎の群れて飛ぶ/野田道三

口の中汚れきつたり鰯喰ふ/草間時彦

鰯網船かたむけて敷き競へり/原石鼎

鰯舟祭具浄むる波に着く/米沢吾亦紅

夕市にその日の鰯樽で着く/北澤瑞史

鰯買ふポセイドンてふ屋に/吉村玲子

鰯食ふ大いに皿をよごしては/林之助

鰯焼いて吾を励ます女かな/岸本尚毅

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ