季語/大文字(だいもんじ)を使った俳句

「大文字」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「大文字」について

【表記】大文字

【読み方】だいもんじ

【ローマ字読み】daimonji

子季語・関連季語・傍題・類語など

・大文字の火(だいもんじのひ:daimonjinohi)

・妙法の火(みょうほうのひ:myohonohi)

・船形の火(ふながたのひ:funagatanohi)

・鳥居形の火(とりいがたのひ:toriigatanohi)

・施火(せび:sebi)

季節による分類

・「た」で始まる秋の季語

・「秋の行事」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

大文字を含む俳句例

八月の煙の行方大文字/川崎展宏

山の端に残る暑さや大文字/宋屋

蟷螂の頭を下に大文字/岸本尚毅

盃の下に川ある大文字/角川春樹

相阿彌の宵寢起すや大文字/蕪村

いざ急げ火も妙法を拵へる/一茶

一日寝て大文字みる大文字/島津亮

一火床一焔を掲げ大文字/丸山海道

大文字見る身中の虫沈みきり/原裕

大文字第一劃の衰へそむ/山口誓子

浮き上る煙の下の大文字/松尾静子

大文字山の火種の冬紅葉/徳渕富枝

大文字消えて輝く比叡の灯/橋本博

大文字消えて月星白々と/山田弘子

筆勢の余りて切れし大文字/岡本眸

送り火の跡鮮しき大文字/安斉君子

銀闇に浪華の人や大文字/与謝蕪村

つぎつぎと大文字母送るごと/杉本寛

大文字衰へてなほ人去らず/辻田克巳

ひた走る大文字の火の一の筆/岡本眸

俳句例:21句目~

夜の露もえて音あり大文字/正岡子規

大文字かざして吾も独の火/玉置仙蒋

一火一火炎立つ見え大文字/大橋敦子

大文字点火を待てる川の音/阪田昭風

上つ世の火祭こゝに大文字/松瀬青々

上京に住みて門見の大文字/宮崎君子

大文字空に半月かかりけり/杉村正子

大文字に京の方角定まりぬ/山田弘子

大文字手摺に雨の名残ある/川崎展宏

大文字のいま全盛の力かな/菖蒲あや

大文字や近江の空もたゞならね/蕪村

妻遠き夜を大文字四方に燃ゆ/三谷昭

弘法の一筆ならん大文字/粟津松彩子

茫々と夜の雲照らす大文字/三嶋隆英

東山はなるゝ月や大文字/小竹由岐子

大文字を真向に開け露の縁/石塚友二

農協の二階で待てる大文字/遠藤梧逸

狂院に身は宿直にて大文字/平畑静塔

右払ひ長き施火なる大文字/藤村瑞子

大文字劫火となりて天懸る/桂樟蹊子

俳句例:41句目~

大文字遠拝みして雑寝かな/川崎慶子

大文字や淋しく架る二條橋/京極杞陽

街の灯の上に浮ぶや大文字/木村楽岡

その一角が大文字消えし闇/田中裕明

大文字商家の妻は匂ひ立ち/角川春樹

門跡に我も端居や大文字/河東碧梧桐

合掌の闇はるかなり大文字/宮藤空郎

母の魂乗る舟形の火と思ふ/山田弘子

尚毅居る裕明も居る大文字/波多野爽波

くつきりと彼我の結界大文字/吉田穂津

大文字果てたる月の高かりし/館岡沙緻

大文字の半分見える在所かな/中川四明

大文字の夜の万の火は鳥辺山/山田弘子

大文字の大が勇気よ夜を創る/河野南畦

大杯にうつさふべしや大文字/村田橙重

山の端の雪あはれなり大文字/服部嵐雪

たばこの火大文字待つ人の顔/川崎展宏

つかのまの出合ひや左大文字/永方裕子

はじめなかをはり一切大文字/岩城久治

大文字大のどこかが流れ出す/山田弘子

俳句例:61句目~

火となりて宙に立ちたり大文字/古平隆

大文字を待ちつゝ歩く加茂堤/高浜虚子

灯を消して人ほのめくや大文字/森澄雄

燃えさかリ筆太となる大文字/山口誓子

大文字の火勢の大の真中より/野澤節子

大文字夏山にゐてよまれけり/富安風生

夏山に大文字を見て直路行く/松瀬青々

双六の上り大文字山が待つ/下村ひろし

胸底にありて大文字が見ゆる/阿部完市

大文字の端のすこしく簾越し/皆吉爽雨

大文字におくれてともる左大/大谷句佛

火の筆勢そのままに雪大文字/鷹羽狩行

大文字火星をつれし月わたる/矢島渚男

大文字やあふみの空もたゞならぬ/蕪村

大文字を見たがる仲居席はづす/森田峠

闇に闇重ね大文字待ちにけり/菖蒲あや

雨あしの消えて北向く大文字/藤後左右

屋上ヘスリッパで出て大文字/茨木和生

大文字も妙法の火も崩れけり/長野蘇南

消えしぶる妙法の火の女かな/北川英子

俳句例:81句目~

翠巒に杣家のあぐる施火の煙/飯田蛇笏

裏戸より妙法の火を拝みけり/鳥居涼意

大文字消えてかむさる簷の闇/北川伊之助

大文字消える名残りの山の形/小枝秀穂女

大文字燃え切る女の業火なる/河野多希女

大文字畦の合掌に映えゐたり/米沢吾亦紅

大文字送り火の夜の逢引なり/成瀬櫻桃子

あをのけに傾いでゐるや大文字/長谷川櫂

いま点けし炎色たちまち大文字/角川照子

くろぐろと大文字待つあたま数/川村悠太

さびしさのことにも左大文字/藤崎さだゑ

掛払ふ大文字の夜の分もあり/遠入たつみ

ともりそむ大文字峰に雲かゝる/大谷句仏

正面に見しことのなき大文字/粟津松彩子

水匂ふ大文字待つ燈の消えて/中戸川朝人

まなうらに父母浮かび大文字/久保田洋子

フランス語飛びし河原や大文字/山本歩禅

火の入りし順には消えず大文字/稲畑汀子

一画もおろそかならず大文字/田中千鶴子

余力なほ保ち大文字消えんとす/菖蒲あや

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ