季語/秋の蜂(あきのはち)を使った俳句

「秋の蜂」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の蜂」について

【表記】秋の蜂

【読み方】あきのはち

【ローマ字読み】akinohachi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋の蜂を含む俳句例

静さや梅の苔吸ふ秋の蜂/野坡

秋の蜂萩の土塀を西東/飴山實

岸遠き遊覧船に秋の蜂/小澤實

古川の秋の蜂守る総鎮守/高澤良一

行商が箒で払ふ秋の蜂/小林嘉代子

秋の蜂脚長に来て塔心礎/進藤一考

秋の蜂修学旅行の列乱す/中村宏汀

黙祷や秋の蜂来て跳梁す/加藤知世子

秋の蜂梳らざるわれにとぶ/山口誓子

宙に垂れ没日と秋の蜂の脚/加藤楸邨

秋の蜂群がり土蔵亀裂せり/西東三鬼

ま空よりこぼれて石へ秋の蜂/飴山實

巣は焦げて秋蜂無慚天蒼く/飯田蛇笏

信濃追分脚たらしゆく秋の蜂/佐藤健

かへり来て顔みな同じ秋の蜂/前田普羅

二階に漱石一階に子規秋の蜂/金子兜太

墓にかけし酒を舐ぶりて秋の蜂/岸田稚

秋の蜂病み臥す顔を歩く日よ/石原八束

秋の蜂つよく葡萄の葉をふめり/中田剛

肉皿に秋の蜂くるロツヂかな/中村汀女

俳句例:21句目~

草童のちんぼこ螫せる秋の蜂/飯田蛇笏

雑巾をかぶせられたる秋の蜂/岸本尚毅

年輪の渦にさまよふ秋の蜂/秋元不死男

首に弁当秋の蜂など山が聳え/金子兜太

女王蜂と逢はねば秋の蜂死にし/萩原麦草

山の娘のてのひらにうつ秋の蜂/山口誓子

秋の蜂巣をすてて飛ぶ迥かかな/飯田蛇笏

秋の蜂巣をやく土にころげけり/飯田蛇笏

秋の蜂群がりゐたり地震の後/石田あき子

蝉とりし蜘蛛をかすめて秋の蜂/飯田蛇笏

玻璃に触れ離れては触れ秋の蜂/倉田春名

親しげに来ておどろかす秋の蜂/奥野桐花

遠くよりきて殺されし秋の蜂/百合山羽公

あなすごの秋蜂もゆる火を螫せり/飯田蛇笏

いきり立つ秋の蜂見て眼が荒れる/高澤良一

秋の蜂しづかに皃を上げにけり/藤田あけ烏

秋の蜂むくろを抱きて死ににけり/齋藤愼爾

秋の蜂やすらひし辺の濡れてをり/能村登四郎

眼がのぞく秋の蜂の子売られけり/加藤知世子

とどまらぬ時間のうちに秋の蜂まぎれ入りきて畳をあるく/加藤知多雄

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ