季語/伝教会(でんぎょうえ)を使った俳句

「伝教会」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「伝教会」について

【表記】伝教会

【読み方】でんぎょうえ

【ローマ字読み】dengyoe

子季語・関連季語・傍題・類語など

・最澄忌(さいちょうき:saichoki)

・伝教大師忌(でんぎょうだいしき:dengyodaishiki)

・長講会(ちょうごうえ:chogoe)

・延暦寺六月会(えんりゃくじみなづきえ:enryakujiminazukie)

・山家会(さんげえ:sange)

季節による分類

・「て」で始まる夏の季語

・「夏の行事」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

伝教会を含む俳句例

首と肘左に黒子伝教会/森澄雄

里坊の庭に郭公最澄忌/飯田晴子

最澄忌山へ入りゆく鐘一基/柿本多映

老鶯のしきりに鳴きて最澄忌/丹羽晴代

身に黒子ふえゐる不思議伝教会/森澄雄

長講会雙樹の若葉吹き靡く/名和三幹竹

最澄忌比叡は雲の上にあり/福島せいぎ「沙門」

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ