季語/葛饅頭(くずまんじゅう)を使った俳句

「葛饅頭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「葛饅頭」について

【表記】葛饅頭

【読み方】くずまんじゅう

【ローマ字読み】kuzumanju

子季語・関連季語・傍題・類語など

・葛桜(くずざくら:kuzuzakura)

季節による分類

・「く」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

葛饅頭を含む俳句例

葛桜男心を人問はば/川崎展宏

松籟の裏側に座し葛饅頭/田中君恵

白玉か紫玉か何ぞ葛櫻/相生垣瓜人

ぶるぶると葛饅頭や銀の盆/千原草之

ギヤマンの深鉢に盛る葛桜/八木綾子

京橋のビルの座敷や葛ざくら/森総彦

取箸の先のそろはず葛桜/西嶋あさ子

寺通り字を美しく葛ざくら/有馬朗人

葛桜少し買はせて母の忌ぞ/黒川龍吾

葛饅頭少し片より固まりし/上田立一呂

み吉野や人と別れの葛ざくら/今村健巳

夕映の町は変れど葛ざくら/百合山羽公

家ぬちに風を通して葛ざくら/高澤良一

疲れては夢に夫来ず葛ざくら/関戸靖子

葛ざくら濡れ葉に氷残りけり/渡辺水巴

葛桜雨つよくなるばかりかな/三宅応人

忌の満つる葛饅頭のくぐる喉/赤松ケイ子

葛饅頭お産に一人目二人目あり/高澤良一

葛饅頭ひよっこり伯父の訪ひぬ/成瀬靖子

買ひ足せし葛饅頭の冷えて居ず/杉浦冷石

俳句例:21句目~

ひとりづつ来てばらばらに葛桜/古舘曹人

葛ざくら東京に帰り来しと思ふ/小坂順子

葛ざくら水巴忌近くなりにけり/斎藤空華

来る当ての人数の数の葛饅頭/宮城きよなみ

葛饅頭の桜葉は寺へ来て摘むかな/喜谷六花

パーラーに小座敷ありて葛ざくら/吉井莫生

きりのよきところで止めて葛ざくら/高澤良一

冷えきつてかたくなりたり葛ざくら/田中冬二

ひさびさの茶がよく立ちて葛ざくら/水原秋桜子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ