季語/芒種(ぼうしゅ)を使った俳句

「芒種」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「芒種」について

【表記】芒種

【読み方】ぼうしゅ

【ローマ字読み】boshu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ほ」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

芒種を含む俳句例

打集ひ何を芒種の鍛錬会/高澤良一

中空に見えて芒種の月の暈/岡田詩音

引潮に砂緊りたる芒種かな/後藤綾子

暁の西より晴るゝ芒種かな/後藤昭女

芒種はや人の肌さす山の草/鷹羽狩行

大灘を前に芒種の雨しとど/宇多喜代子

芒種なり水盤に粟蒔くとせむ/草間時彦

ガラス器と芒種の湖とがやがやす/金田咲子

木の穴にをとこを祀る芒種かな/藤田あけ烏

海に月しらじら映ゆる芒種かな/夏井いつき

ごんごんと芒種の水を飲み干せり/夏井いつき

干し傘のふと飛んでゆく芒種かな/小泉八重子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ