季語/満天星の花(どうだんのはな)を使った俳句

「満天星の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「満天星の花」について

【表記】満天星の花

【読み方】どうだんのはな

【ローマ字読み】dodannohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・満天星躑躅(どうだんつつじ:dodantsutsuji)

季節による分類

・「と」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

満天星の花を含む俳句例

満天星の花天蓋に虫の塚/下山宏子

満天星に雀寝にくる金閣寺/萩原麦草

漫々と散歩満天星芽を用意/清水清山

満天星や谷崎の墓寂一字/肥田埜勝美

子の声の花満天星や日の出前/齋藤玄

満天星の花韻きあふ雨雫/柴田白葉女

満天星の花に人事の暮入る/攝津幸彦

秋寒し満天星紅をなさず散る/林原耒井

何時か鳴る満天星の鈴星の下/高澤良一

満天星の花が高円山に向く/西田美智子

朝森に点き満天星の豆ラムプ/楠本憲吉

満天星の花がみな鳴る萼の中/平井照敏

いつせいに咲き満天星の千の花/鷹羽狩行

師の影に満天星千の鈴振れり/石田あき子

板木いつ鳴るや満天星雨しづく/山本古瓢

満天星に隠りし母をいつ見むや/石田波郷

満天星の冬芽たしかに海の照り/館岡沙緻

満天星の花には止りづらき虻/木暮つとむ

満天星の花の盛りのあさきゆめ/長谷川双

満天星の花や山よく見えて暮れ/大井雅人

俳句例:21句目~

満天星の花ゆれて葉に消ゆる風/稲畑汀子

満天星の花のくもりの身におよぶ/橋本鶏二

満天星の百花の揺れて相触れず/大塚とめ子

満天星の花より蜂の大きけれ/阿部みどり女

満天星に突抜けてある木曾の空/波多野爽波

更沙満天星悪相をもて記憶せり/小檜山繁子

神ありやあり満天星の花あかり/大高芭瑠子

銀閣は寂びて満天星雨気に散らす/渡辺水巴

雉子羽摶けば満天星の花揺るる/福田甲子雄

満天星を見てゐてわれにかへりたり/仙田洋子

灯ともせば満天星花をこぼしつぐ/金尾梅の門

あすあさて満天星もみぢ掃き尽きむ/林原耒井

雲ひくし満天星に雨よほそく降れ/水原秋櫻子

やまとことばの夫人らと立つて満天星/阿部完市

この露地のあかるきは満天星の咲きにける/水原秋櫻子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ