季語/茶摘(ちゃつみ)を使った俳句

「茶摘」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「茶摘」について

【表記】茶摘

【読み方】ちゃつみ

【ローマ字読み】chatsumi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・手始(てはじめ:tehajime)

・一番茶(いちばんちゃ:ichibancha)

・二番茶(にばんちゃ:nibancha)

・三番茶(さんばんちゃ:sambancha)

・四番茶(よばんちゃ:yobancha)

・茶摘女(ちゃつみめ:chatsumime)

・茶摘籠(ちゃつみかご:chatsumikago)

・茶摘唄(ちゃつみうた:chatsumiuta)

・茶山(ちゃやま:chayama)

・茶山時(ちゃやまどき:chayamadoki)

・茶摘時(ちゃつみどき:chatsumidoki)

・茶摘笠(ちゃつみがさ:chatsumigasa)

季節による分類

・「ち」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

茶摘を含む俳句例

茶畑に隣の桐の一葉哉/寺田寅彦

屋根低き声の籠るや茶摘唄/太祇

草臥て平たくなりぬ茶摘歌/蓼太

茶摘唄桃の桃山女かな/菅原師竹

我庭に歌なき妹の茶摘かな/子規

笹鳴や茶山へ運ぶ古き藁/下田稔

藤の花さすや茶摘の荷ひ籠/許六

其中に妹も交りて茶摘哉/寺田寅彦

茶摘女の話つやめく小昼時/飯島愛

茶の花や茶畑多き王寺村/羅蘇山人

一番茶すみし日焼の女衆/澤木欣一

存へて一槍二旗の初茶摘/羽部洞然

鶯の老に入りたる茶山かな/森澄雄

香のごと享け掌の一番茶/荒井正隆

茶摘山連珠となつて雀飛ぶ/中拓夫

対の鈴つけて姉妹の茶摘籠/長田等

低き丘かけて茶摘の笠うごく/秩父

女居て見えぬ茶摘と話しをり/京童

茶畑の奥に日当る雛の家/山本洋子

山門の内や茶摘みの話声/小澤碧童

俳句例:21句目~

茶畑の傾斜に立てて魔法壜/長田等

茶摘唄流れ特攻基地の址/吉岡孝三

海光を指先に摘む一番茶/増田富子

八十の母が采配大茶摘/衛藤きく女

一番茶終り日焼けの女衆/沢木欣一

茶摘籠腰に弾ませ結仲間/高澤良一

囀りに心動かず大茶山/百合山羽公

鍔広し茶摘帽子を茶にかぶせ/静塔

茶畑のその畝々の朝の虫/高澤良一

茶畑に螢袋の白ともる/瀧澤伊代次

茶畑の月夜にはかに夏隣/小巻豆城

百姓も麦に取つく茶摘歌/向井去来

天ざかる茶屋新七や茶摘唄/平井照敏

うら若き声のみ多き茶摘哉/正岡子規

茶畑に川靄やさし奥三河/文挾夫佐恵

山門を出れば日本ぞ茶摘唄/田上菊舎

茶の畝を山に千段茶摘笠/百合山羽公

茶覆の中の暗さに馴れて摘む/鈴木弘

茶を摘むやまだ山影の母の里/中拓夫

茶摘女の十五六人唄もなく/柿原一路

俳句例:41句目~

二番茶を摘みて茶山は丸き山/杉本寛

摘まるべき茶畑天に至りけり/森田峠

一とせの茶も摘みにけり父と母/蕪村

折々は腰たたきつつ摘む茶かな/一茶

茶摘あと麦刈までの夜の河鹿/中拓夫

青空へふくれあがりて茶山なる/風生

雨の夜の千鳥茶山に鳴きにけり/舟月

摘み~て人あらはなる茶園かな/闌更

人も見ず山の凹みの茶摘歌/正岡子規

花何ぞ八十八夜の茶山過ぐ/巌谷小波

茶摘女も家に帰りぬ窓灯る/高木晴子

茶摘女の手拭咥へ犬白し/大橋櫻坡子

近道を行くや茶摘の唄遠し/島田青峰

丸刈の茶畑に降る小雨かな/宮澤和俊

深き海高き茶山の幟どき/百合山羽公

樟山の中の茶山や咲き揃ふ/林原耒井

関守が恋唄はるゝ茶山かな/高田蝶衣

百姓の剛髭二番茶も迫る/百合山羽公

海道を芭蕉や愚庵茶摘笠/百合山羽公

二番茶を摘みて茶山は丸き山/杉本寛

俳句例:61句目~

茶畑の空はるかより鰤起し/飯田龍太

茶畑の波濤が生みし冬の蝶/富安風生

茶摘みせし絣もんぺの膝ついて/綾子

茶摘唄木枕に聞く湯治客/穐好樹菟男

茶畑の影ひき出づる秋の蛇/山本洋子

二番茶の畝老鶯の声の透く/木下千鶴子

二番茶の真昼や蔓の手が驕る/古舘曹人

二番茶の筵干しなる不破の関/細見綾子

知覧茶の一番茶出て武家屋敷/掘越鈴子

邂逅の眼が二番茶に抜んずる/古舘曹人

野を丸く二番茶刈の今朝の丘/吉良蘇月

つく~と茶を摘む音のしてゐたり/青邨

摘みや終へし旦の茶畑光失ふ/原田種茅

羽拍子よどむ茶畑や雉子の恋/水田正秀

茶畑に帽子忘れて日を忘る/八木三日女

茶畑に施肥の人去り遠かすみ/吉良蘇月

茶畑に日は炎えはじむ墓一基/野澤節子

世々嗣ぎて山肌荒き茶を摘めり/白鳥峻

何番の茶摘日和かうとうとゝ/高橋睦郎

吉野なる檜山の裾は茶摘時/岡本差知子

俳句例:81句目~

茶畑に鶏はぐれをり昼の火事/神田/岩

夕づきて励み仕舞ひの茶摘歌/宮津昭彦

茶畑のうねりも八十八夜かな/森田虚逸

夫婦相和し茶摘機の響くなり/蒔田/晋

茶畑のうねりも秋の声とかな/石川桂郎

茶畑の丘まろやかに冬ぬくし/道山昭爾

茶畑の風に押されて春の人/大峯あきら

春光やさゞなみのごと茶畑あり/森田峠

優曇華の銀糸指さす茶山にて/野澤節子

年金に寧んじ子を守る茶摘季/関森勝夫

家康忌大き茶山の押し並ぶ/百合山羽公

日短か茶山へのびる築地塀/藤田あけ烏

朝鶏も伏せて茶山へ急ぎけり/高田蝶衣

西行の日の朝日さす茶山より/岡井省二

摘める茶の籠に溢れて海を見る/中拓夫

日の中に浮き沈みして茶摘笠/畠山譲二

暗転し都をどりは茶を摘める/亀井糸游

汽車過ぎて煙の中の茶摘かな/千原叡子

茶を摘むや煙霞の中の東大寺/野本淡月

茶摘けふ終り祭はあしたより/岸風三樓

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ