季語/狗尾草(えのころぐさ)を使った俳句

「狗尾草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「狗尾草」について

【表記】狗尾草

【読み方】えのころぐさ

【ローマ字読み】enokorogusa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・猫じゃらし(ねこじゃらし:nekojarashi)

・えのこぐさ(えのこぐさ:enokogusa)

・犬子草(いぬこぐさ:inukogusa)

・紫えのころ(むらさきえのころ:murasakienokoro)

・浜えのころ(はまえのころ:hamaenokoro)

・金えのころ(きんえのころ:kinenokoro)

季節による分類

・「え」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

狗尾草を含む俳句例

辛抱よ辛抱雨の猫じやらし/林翔

粟の穂や狗尾草は畦草に/野村喜舟

みちのべの狗尾草も野分かな/鷹女

狗尾草貧中子守歌やさし/清水基吉

ゑのこ草雨に明るさ失はず/高澤良一

径らしき径なく寺領狗尾草/鬼塚忠美

猫じゃらし九州四国雨模様/坪内稔典

女郎花ゑのころ草になぶらるる/野童

娘たち何でも笑ふゑのこ草/浦野光枝

捨自転車狗尾草に沈みをり/舘岡沙緻

えのころに風の集まる船渠跡/二又淳篁

狗尾草の魂のぬけがら枯月夜/高澤良一

ゑのこ草首を振り振り台風裡/高澤良一

えのこ草小雨を弾く青穂かな/高澤良一

舗装路の狗尾草も枯れ通院日/高澤良一

一茎の金の繊さよ猫じやらし/山口青邨

秋はまづ街の空地の猫じやらし/森澄雄

ゑのころに印南野は山遠きかな/榎本享

猫じやらし脳裡にも水流れをり/森澄雄

老人がゐて汐焼の猫じやらし/細川加賀

俳句例:21句目~

猫じゃらし雨を嫌ひて雨弾く/高澤良一

握りしむ狗尾草の穂のぬくし/松下義幸

大川へ出て波少しえのころ草/見市六冬

枯れ~て狗尾草は穂を持たず/奥園操子

狗尾草や翁が終の碑のほとり/三嶋隆英

狗尾草が寝墓磨きし風に枯る/貞好莞二

狗尾草いたづら好きの童女かな/浦田宏

いつも靡いて空港の猫じやらし/池田秀水

山墓へ人の消えたる猫じやらし/関戸靖子

えのこ草コップに挿せば茎交叉/高澤良一

狗尾草や五七五七の似非和讃/沼尻巳津子

きらきらし狗尾草に尿のつぶ/佐々木六戈

放ちたる犬かけ廻る猫じやらし/村上辰良

狗尾草の向きを一つに揃へたし/高澤良一

猫じゃらし療者平たく座りたる/金田咲子

猫じやらし二人子の脛相似たり/石田波郷

猫じやらし沈めてをりぬ草の丈/高木晴子

猫じやらし療者平たく座りたる/金田咲子

ゑのころの光れる試歩は朝の内/高澤良一

猫じやらし賢治の大き国に入る/太田土男

俳句例:41句目~

猫じやらし野菊と活けて十三夜/遠藤梧逸

盆花やゑのころ草の打ちまじり/石田郷子

ゑのころの風の広さに吉野ケ里/稲富義明

猫じやらし心おきなく見て死なむ/齋藤玄

胸の手に風とどまるや猫じやらし/岸田稚

遊行忌の一日揺れる猫じやらし/鈴木勘之

雨に伏すゑのころのみな短くて/岸本尚毅

風景を唄わせている猫じやらし/菊地京子

鴨川やゆく水なだめ猫じやらし/青木泰夫

ゑのこ草掌にし野分の径に佇つ/内藤吐天

ゑのこ草風雨あとなく曲りけり/飯田蛇笏

七月や穂に出て青き猫じやらし/青木重行

天臺の金狗尾草の吹かれをり/佐々木六戈

えのころの上手に枯れを見せにけり/岸田稚

秋晴や粟にかも似て猫じやらし/吉岡禅寺洞

けさの秋ゑのころ草にほほゑまれ/西本一都

こそばゆくなる沢山の猫じゃらし/太田土男

幼な児の小さき謀反や猫じゃらし/山口清子

父の背に睡りて垂らす猫じやらし/加藤楸邨

猫じやらしはづかしきゆゑ不愛想/香西照雄

俳句例:61句目~

陶乾く風のゆたかに猫じやらし/菊池ふじ子

ゑのころの川原は風の棲むところ/稲畑汀子

ゑのころの玉に出づる穂今朝の秋/皆吉爽雨

猫じやらし怺へて重き露たもつ/篠田悌二郎

湯元の辺穂の真っ黒な猫じゃらし/高澤良一

猫じやらしわれもと月に影震ふ/篠田悌二郎

ゑのころ草抜きざま湧くよ女知恵/手塚美佐

猫じやらし一面に偽こころざし/宇多喜代子

ゑのこ草分けてカヌーを担ぎ出す/鹿野佳子

猫じやらし不愛想にもそと触れて/香西照雄

猫じゃらししゃららん即興音快調/五島エミ

猫じやらし羅漢の腰をくすぐるか/中井一木

朝日影みなあたらしき猫じやらし/中村秋晴

句を溜めて口重くなる猫じやらし/横山白虹

猫じやらしのそと出でくる野分雲/巌谷小波

七草にもれて尾をふる猫じやらし/富安風生

岬枯れ青を恥ぢらふ猫じやらし/大木あまり

行きさきはあの道端の猫じゃらし/坪内稔典

夢いくつ見て男死ぬゑのこぐさ/能村登四郎

雨の貨車過ぎをり雨の猫じやらし/石田波郷

俳句例:81句目~

露濡れのなほ尿濡れの猫じやらし/依光陽子

地の果ての硫黄地獄の猫じやらし/仙田洋子

汽笛とおし伸べし脚間の猫じやらし/古沢太穂

何もないとこでつまずく猫じゃらし/中原幸子

下校の子追ひつ追はれつ猫じやらし/鈴木昌江

ゑのころに尿のつぶのきらきらし/佐々木六戈

ゑのころの露の明かりを守りけり/佐々木六戈

山車通るゑのころ草も刈られけり/吉武紀代子

ゑのころや地下には死者の円き背が/安部保男

日あたれば秋草なりし猫じやらし/篠田悌二郎

ゑのころ草風がそこそこ出で来たる/高澤良一

ゑのこ草媚びて尾をふるあはれなり/富安風生

折りとりし猫じやらしいつ捨つるべき/有働亨

子を遁れ来しわが刻ぞ猫じやらし/千代田葛彦

鮒の頭の捨てられてある猫じやらし/鈴木貞雄

ゑのころのうぶが吹かれて転びづめ/高澤良一

猫じやらしみな揺れてをり淋しきならむ/安住敦

スケッチの揺れやまざりし猫じゃらし/橋本道子

猫じやらし触れてけものゝごと熱し/中村草田男

ゑのころはうぶで真青で澄みきるそら/高澤良一

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ