季語/秋高し(あきたかし)を使った俳句

「秋高し」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋高し」について

【表記】秋高し

【読み方】あきたかし

【ローマ字読み】akitakashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋髙(しゅうこう:shuko_)

・天高し(てんたかし:tentakashi)

・空高し(そらたかし:soratakashi)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋高しを含む俳句例

天高し京に北山東山/星野椿

天高し半農支ふ女鍬/影島智子

秋高く日本海に足浸す/森松清

寒月や門なき寺の天高し/蕪村

俎の鯉の目玉に秋高し/飴山實

発掘の陶片洗ふ天高し/坂本宮尾

秋高く運動会の日和哉/巌谷小波

天高し蹄の音も蔵の町/杉山青風

秋高く挙措みな声を伴へり/林翔

神々に柏手二つ秋高し/金山有紘

天高し爾若者闊歩せよ/河野静雲

一尺の水の溜りの天高く/上野泰

鳶笛を草に落して天高し/上野泰

六月の空高々と神の杉/都甲憲生

飯事の三畳は大天高し/香西照雄

天高し俄か庭師の鋏音/小泉はつゑ

天高し老蜂に又痩蝶に/相生垣瓜人

空高く白梅の咲く風景色/飯田蛇笏

天高し墜天使の羽半開き/吉原文音

夢殿やげに天平の天高し/渡辺恭子

俳句例:21句目~

天高し騎手童顔の大画面/対馬康子

天高く大学祭は鳩を放つ/岸風三楼

一湾の鏡びかりに秋高し/池田秀水

一片の雲ある故に天高し/下村非文

天高し戴帽式の少女らに/原田青児

天高し洗濯ばさみ好勝手/佐藤映二

天高し身長少し低くなる/田部黙蛙

白濁は泉より出で天高し/西東三鬼

天高く祝福の肩叩きたし/藤岡筑邨

桟橋に湖の鯉釣れ天高し/皆吉爽雨

放生の鯉の一ト跳秋高し/澤村昭代

天高く人間といふ落し物/上甲平谷

長城を経て長江の天高し/鷹羽狩行

空高く花遊ばせて山桜/五十島典子

秋高く梯子の先の塀を出づ/池田秀水

おしやべりな庄内雀天高し/村山古郷

秋高しビデオに合せ太極拳/新井フミ

この浦の戸々に船倉天高し/皆吉爽雨

秋高し小諸城址に吾遊子/鈴鹿野風呂

天高く暖衣飽食ダイエット/藤崎幸恵

俳句例:41句目~

秋高し直列の僧行かしめし/柚木紀子

秋高し空より青き南部富士/山口青邨

秋高し綱は気球をつなぎとめ/菅裸馬

秋高し雲より上を鳥かける/正岡子規

秋高し駅員手旗で肩叩く/田川飛旅子

空高く林檎を守る案山子哉/寺田寅彦

笑ひ仏とて野に笑ひ天高し/大橋敦子

芝草に子の宙返り天高し/斎藤てつ子

行く鳥に十月の空高まりし/羽村野石

踏み処なき男世帯に天高し/香西照雄

邪鬼踏まふ四天の眼秋高し/水原春郎

長橋を自動車流れ秋高し/吉良比呂武

バイカルの勿忘草に空高し/依田明倫

馬の脚ライオンの脚天高し/二村典子

一塊の雲ありいよゝ天高し/高浜虚子

高原の秋高しとも深しとも/品川光子

高跳びの棒弓なりに秋高し/大河原識

天高し九方皐馬を見つけたり/中勘助

人間となるべき子供天高し/岡田史乃

天高し喜壽の嫗の葬りして/相馬遷子

俳句例:61句目~

叡山といふ言葉さへ秋高し/小原弘幹

天高し始業の鐘をつきにけり/井上雪

天高し山を登れる墓の列/野見山朱鳥

天高し山家は庭に栗干せる/田中冬二

塔仰ぐたびに天高しと思ふ/鷹羽狩行

天高し橿となりたる長屋王/中杉隆世

鼻すこし天向く少女秋高し/細川加賀

天高し淋しき時は空仰ぐ/斉木うた子

天高し煙草を吹かす癌患者/仙田洋子

天高かりし花嫁の父のうへ/辻美奈子

天高し組体操の旗あがる/柳瀬都津子

天高し芒なびけばなほ高し/桑原視草

天高きとき天高き国に来し/鷹羽狩行

天高し雑魚を鴎に放りあげ/石田郷子

天高き下に稗抜く女かな/金箱戈止夫

天高し龍の踊れる瑠璃瓦/古賀まり子

少年と犬と野を駈け秋高し/藤松遊子

天高き山の朝の目覚めかな/高木晴子

幸せの真ん中あたり天高し/藤本悦子

天高き舟行ここにえり重囲/皆吉爽雨

俳句例:81句目~

弓なりに潮引く浜や天高し/高橋光江

待つだけに使ふ一日天高し/望月一美

春竜胆咲く草むらの空高し/石原八束

材場の馬足を縛され天高し/右城暮石

泥湯噴く原始の韻き天高し/高澤良一

牛にのる阿蘇の百姓天高し/寺田映峰

痩馬のあはれ機嫌や秋高し/村上鬼城

天高く人生なんと恥多き/鈴木真砂女

秋高き天文台のともしかな/正岡子規

空高く燕飛ぶなり貴船村/五十嵐播水

天高く地は静かなり萩と月/幸田露伴

秋高く失明の期とおぼえけり/龍岡晋

池に浮くものみな動き天高し/岡田史乃

けふ殊に天高けれど家に居む/高澤良一

天高しいま見し映画の筋忘れ/吉屋信子

たいそうな葬式すんで秋高し/仙田洋子

天高き四方へ嬰児の睫向く/池内友次郎

天高し不愉快な奴向うを行く/村山古郷

どの道も熔岩を八方天高し/赤松けい子

天高き極み寿詞の充ちゆかむ/太田鴻村

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ