季語/河豚供養(ふぐくよう)を使った俳句

「河豚供養」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「河豚供養」について

【表記】河豚供養

【読み方】ふぐくよう

【ローマ字読み】fugukuyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ふ」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

河豚供養を含む俳句例

河豚供養して南風泊市場/轡田進

篝火に雪の潮急河豚供養/水谷利雪

供養河豚跳ねて読経の席和む/山口富美

声そへて高く抛れり供養河豚/松沢恭子

巡業の力士迎えぬ河豚供養/名和三幹竹

放生しじみ礫と投げて河豚供養/及川貞

春の雷とどろく海へ河豚供養/皆川盤水

時化てゐて明るき沖や河豚供養/岸田稚

沖かけて花曇せり河豚供養/水原秋桜子

河豚供養ふくみ声なる経つづく/赤松子

河豚供養築地の昼に我居りて/松山足羽

河豚供養蜆を撒いて了りけり/宮下翠舟

浜町の暗さに馴るる河豚供養/長塚京子

釣舟に散華舞ひ来る河豚供養/清家信博

雨そぼつ峡の早瀬や河豚供養/正司青陶

散華札貼ればほとけや供養河豚/中村石秋

河豚供養みかど入水の浦凪ぎて/大島民郎

河豚供養浪にとどかぬ雪ふれり/村田黒潮

河豚殿と市長の弔辞ふぐ供養/久芳木陽子

河豚諸君とぞ呼びかくる供養かな/森田峠

俳句例:21句目~

漕ぎ寄せて一燈加ふ河豚供養/迫田白庭子

まなかひに門司の霞めり河豚供養/谷藤弘子

大皿にくくと鳴くあり河豚供養/赤松ケイ子

子を連れて戻れと護符の供養河豚/浜井六迦

散華して南無河豚仏と供養する/水原秋櫻子

河豚供養すみたる海のかすみけり/高橋操子

供へたる河豚の跳ねたり河豚供養/木村里風子

河豚好きの顔突き出して河豚供養/大捕八重子

供養河豚ふてぶてしくてかなしくて/鈴木真砂女

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ