季語/残雪(ざんせつ)を使った俳句

「残雪」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「残雪」について

【表記】残雪

【読み方】ざんせつ

【ローマ字読み】zansetsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・去年の雪(こぞのゆき:kozonoyuki)

・残る雪(のこるゆき:nokoruyuki)

・雪残る(ゆきのこる:yukinokoru)

・陰雪(かげゆき:kageyuki)

季節による分類

・「さ」で始まる春の季語

・「春の地理」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

残雪を含む俳句例

残雪に棒二三本峠神/原田喬

北山やしさり~て残る雪/太祇

残雪の這ひをる畑のしりへかな

残雪の山へ空砲村祭/羽部洞然

北山やしざり~て残る雪/太祇

残雪やごう~と吹く松の風/鬼城

あしびあり残る雪ありたたずまひ

裏山の残雪になほ兎罠/高濱年尾

晩年の眼は遠澄みて残る雪/林翔

縁談や五月残雪ある他郷/及川貞

敷砂や玄関脇に残る雪/寺田寅彦

愛らしく両手の迹の残る雪/一茶

木枕のあかや伊吹に残る雪/丈草

残雪の岬や馬に秣蒔く/庭田健一

家遠き大竹はらや残る雪/炭太祇

囀りに鳥は出はてゝ残る雪/北枝

残雪の暗より楮蒸す匂ひ/田中幹青

残雪に朝朝雪の少しづつ/高野素十

妻亡しの裏口残る雪厚し/石原舟月

残雪の櫛目乱さず裏浅間/倉科紫光

俳句例:21句目~

残雪の田に営巣の声乱れ/飯田龍太

残雪の蒼むも日蓮入滅地/池上樵人

一握の残雪其の上の恋/秋元不死男

万緑の中残雪の主峰峙つ/伊東宏晃

九頭龍の谷残雪も多頭龍/山口誓子

二階のない中学よ残雪よ/喜谷六花

仁母は金残雪に歩み入り/古舘曹人

伊吹嶽残雪天に離れ去る/山口誓子

残雪に赤松は幹赭く赭く/高澤良一

残雪や泳ぐほっけや沖天に/上林裕

再会す残雪浅間近立つに/相馬遷子

残雪や中仙道の茶屋に谷/飯田蛇笏

吾を恃む道百年の残雪に/古舘曹人

残雪や北欧に買ふ銀の匙/吉野義子

残雪や如意輪堂の縁の下/角田竹冷

残雪や山に現ずる鬼の面/矢野哥遇

残雪や狩くら神の泉鳴る/角川源義

残雪や破れしままの古堤/皆川白陀

残雪や谺鳴きして山の禽/小林康治

山の北残雪のある天気かな/上村占

俳句例:41句目~

残雪に母は足跡残し逝く/今瀬剛一

残雪や赤き実による日ぐれ鳥/石鼎

残雪や雲に消えゆく伊賀の道/楸邨

残雪の人の如くに横たはり/上野泰

残雪の余呉訪ふ薬行商と/羽部洞然

残雪や風に応へて山毛欅林/岸田稚

残雪や黒き仔牛に黒き母/矢島渚男

残雪や黒人穴を掘り続く/対馬康子

残雪を刎ね篁の陶土掘る/西本一都

残雪を弾き出でたる熊笹ぞ/小澤實

残雪光袋に透いて菓子の影/草田男

残雪と越後訛りが耳元で/高澤良一

水影に残雪の青定まりぬ/対馬康子

片よせし残雪庭に宗易忌/浦野芳南

片畝の残雪の道別るべし/古沢太穂

病床を一残雪として臥せる/齋藤玄

碑の腰を包む残雪三汀忌/楠本憲吉

道北の残雪退いて里青む/高澤良一

雀交る残雪の岳その上に/野澤節子

齢惜しむ残雪の嶺輝けば/大野岳翠

俳句例:61句目~

この窓や谷川岳に残る雪/佐藤春夫

山襞の残雪を見て飛騨の面/萩原麦草

残雪に目覚む山肌かく近く/林原耒井

残雪を踏んで薬屋廻り来し/島田青峰

残雪の嶺ひき寄せて河童橋/山田信夫

残雪に隅々見せて硫黄小屋/河野南畦

馬覚めをりまだ残雪の葱の畝/中拓夫

足袋底に滲む残雪橡芽吹く/松村蒼石

何をして何を思ふも山残雪/細見綾子

合掌の棟の残雪弾け落つ/伊藤紫都子

噴煙は静か残雪日々うすく/高濱年尾

残雪のけぶりて睡し宵の口/堀口星眠

越ケ谷の残雪にをり蕎麦を喰ふ/澄雄

宝剣岳の剣もどきの残雪光/高澤良一

禽罠に残雪を見る温泉の丘/飯田蛇笏

汚れなき残雪を踏み泉源に/吉波泡生

残雪やつぶての如く鳥の影/相馬遷子

残雪や飛騨番匠は庫たつる/前田普羅

残雪の吾妻連峰桑ほどく/鈴鹿野風呂

残雪の土に傾きとまるバス/新谷氷照

俳句例:81句目~

残雪の富士に残照引く裾野/稲畑汀子

残雪や牛の背骨のあらはにて/中拓夫

残雪の山々の中蕗採りぬ/石橋辰之助

残雪や貝殻に波這ひかゝり/松瀬青々

残雪が石の重さのうこぎ山/和知喜八

忌明の庭にしたしむ残る雪/滝井孝作

噴煙の雌阿寒にして残る雪/高濱年尾

残雪の山みな甲斐の面構へ/三嶋隆英

残雪の篠刈りなやむ道づくり/瀧春一

残雪に兔のみちと鳥のみち/穴井研石

残雪に古葉散る音一夜きく/松村蒼石

残雪や名のない山の美しう/寺田寅彦

残雪に少年が打つ斧こだま/中村里子

傷のごと山の額に残る雪/松本たかし

残雪や老杉雷に焼けて立つ/野村親二

残雪や池面はなるる雲の脚/河野南畦

残雪の岳のどこより夜の川/堀口星眠

いつまでや嶺の残雪の映り沼/尾崎迷堂

残雪や夜の湖底の輝き出す/加藤知世子

男よりをんな生まれて春残雪/平井照敏

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ