季語/流氷(りゅうひょう)を使った俳句

「流氷」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「流氷」について

【表記】流氷

【読み方】りゅうひょう

【ローマ字読み】ryuhyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・流氷期(りゅうひょうき:ryuhyoki)

・流氷盤(りゅうひょうばん:ryuhyoban)

・氷流るる(こおりながるる:korinagaruru)

季節による分類

・「り」で始まる春の季語

・「春の地理」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

流氷を含む俳句例

流氷に傷む渚を雪裹む/岸田稚

流氷に夜も高嶺の影正し/一水

流氷の海が即ち國境/伊藤柏翠

丹頂の嘴交す流氷期/喜多みき子

絵葉書の消印は流氷の町/大串章

流氷のひそかに動く月明り/北峰

流氷や男にわたす蒸卵/黒田杏子

流氷の亡びの光に湾の犬/齋藤玄

流氷来滅法口の乾く夜ぞ/岸田稚

流氷の接岸校内放送す/奥坂まや

草ともに氷流るる野川かな/蝶夢

月雲に雪が絡みて流氷来/岸田稚

流氷や宗谷の門波荒れやまず/誓子

流氷や幽暗の日を永らふる/斎藤玄

流氷にはづみ移りの鴉かな/森田峠

流氷や旅の鞄に紙懐炉/奈良千代子

流氷に一点喪服めきて鴎/古館曹人

流氷や旅びとだけに美しき/今鴎昇

流氷や風の呵責の能取岬/石原八束

流氷来つひに俯向き牧の馬/岸田稚

俳句例:21句目~

流氷群月下移動を謀るらし/岸田稚

薄き渚はや流氷に捉へらる/岸田稚

流氷に無人灯台しりぞかず/森田峠

青ざめし流氷としぬ瞑りて/岸田稚

風変り流氷動く沖へ沖へ/桑原忽歩

流氷に追はれ来し船夕焼けて/未光

海明けの海の匂ひの男唄/深谷雄大

流氷のいま国境に掟あり/古舘曹人

夜は子の眼しきつめ流氷期/松澤昭

夜をかけて流氷凍れ髪疼く/岸田稚

流氷の帯うねりつつ接岸す/東天紅

白き帯海真二つに流氷群/高岡秀行

流氷の接岸終へし沖はあり/岸田稚

女泣き夜を密にせり流氷来/岸田稚

流氷の離れむとして渚あり/岸田稚

流氷の日をかへしつつ遠ざかる/凍

流氷のとざせる中の利尻富士/柿青

流氷のひしめき去りて夕迫る/一朗

流氷の明りの届く始発駅/長尾岬月

流氷を見る吾のみの崖の風/有働亨

俳句例:41句目~

流氷の浜の底鳴り人拒む/大塚巌洲

日輪は燃え流氷の海は寂/伊藤柏翠

流氷の無垢の大陸接岸す/伊藤彩雪

流氷の眼下に浮かぶ国境/川村暮秋

月光に流氷蒼む音すなり/長山遠志

沖をゆく流氷窓に卒業歌/伊藤彩雪

流氷の一夜に逃げて月澄ます/泰史

流氷の陣整へつしばれ待つ/岸田稚

流氷の上に雪積む終身刑/中村路子

流氷の陸の境を示すなし/石川桂郎

天辺の流氷が揺れ麦熟れる/坪内稔典

流氷のポスター駅も消燈す/対馬康子

流氷のモザイク軋む夕疾風/池森昭子

流氷の一夜に去りて町残り/村松紅花

ひた寄する流氷女の化粧待つ/岸田稚

流氷原一夜に退り沖かがやく/岸田稚

流氷原紛れざらむとして紛る/岸田稚

流氷期少年の押す非常ベル/塩見恵介

流氷の動かねば雲流れをり/澤田緑生

流氷も吾が骨盤もきしむ頃/鈴木節子

俳句例:61句目~

職退きて流氷の町遠くあり/阿部寿雄

流氷の臨死のまへの頓死の生/竹中宏

海豹のひとり遊びや流氷原/杉山鶴子

病弱身いま流氷に容れらるる/岸田稚

喫茶店混めり流氷見る人に/田村了咲

白炎をひいて流氷帰りけり/石原八束

流氷の密なる沖へ沖へと日/加藤春彦

大灘に流氷満ちて月下なり/佐藤瑠璃

流氷や身に余るもの手力に/鈴木太郎

紺碧の沖を楯とし流氷来/田村すゝむ

流氷の峨々たる下に海軋む/大立しづ

船倦めば流氷漾ふ扉を開く/河野南畦

流氷の近づく夜の張りつめし/岸田稚

抑留の父待つ子らに流氷来/高安永柏

接岸の流氷なほも陸を押す/中村正幸

落月の翳をはばみて流氷す/飯田蛇笏

月下にて流氷湾をせばめたり/有働亨

風吼えて沖の流氷明りかな/沼澤石次

流氷の起伏の果の利尻富士/長尾岬月

流氷の跡かたもなき朝かな/能登裕峰

俳句例:81句目~

流氷の沖にとゞまる夕明り/唐笠何蝶

流氷の沖に古りたる沖ありき/齋藤玄

流氷にいたみし船の煙上ぐ/原田青児

海明けや女系三代続きをり/佐藤信子

流氷に乗る流氷や無垢重ね/毛塚静枝

流氷の軋み鏡は闇に立つ/小檜山繁子

流氷やしまきて灯る蜑部落/伊東宏晃

流氷やわが音楽はその中より/原田喬

流氷や凍れる声は空に哭く/石原八束

流氷や命をかけし何ぞある/石川桂郎

流氷の犇めき寄する闇の底/伊東宏晃

流氷に雪のとびつきざま冰る/岸田稚

流氷や島へ避難の船つゞき/清水蛍月

流氷の白き時間が軋むなり/倉田素香

流氷の白さだけ海蒼深む/加藤瑠璃子

流氷や日中も脳の暗黒部/小檜山繁子

流氷や街は肋の身の薄さ/金箱戈止夫

流氷を青と見白と見独り酒/石川桂郎

夜の底の流氷軋む音にこそ/米田双葉子

流氷のかなたの沖をきりはなす/齋藤玄

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ