季語/薺の花(なずなのはな)を使った俳句

「薺の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「薺の花」について

【表記】薺の花

【読み方】なずなのはな

【ローマ字読み】nazunanohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花薺(はななずな:hananazuna)

・ぺんぺん草(ぺんぺんぐさ:pempengusa)

・三味線草(しゃみせんぐさ:shamisengusa)

季節による分類

・「な」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

薺の花を含む俳句例

花薺岬の波が地に辷る/古舘曹人

裏門や薺花咲く芥みち/羅蘇山人

薺咲く満蔵院は隣寺/八木林之介

妹が垣根三味線草の花咲ぬ/蕪村

昨日よリ今日新しき薺花/細見綾子

風に鳴る撥も三味線草暮春/辻帰帆

城址のそれも亡びぬ花薺/石塚友二

よく見れば薺花咲く垣根かな/芭蕉

花なづな畦の弾力蹠にす/高澤良一

無条件降服薺咲いてをり/萩原麦草

初霞ぺんぺん草の垣根より/龍岡晋

畦漏の走りわかれや花薺/高野素十

薺咲き翼のごとく海霧通ふ/小林康治

ころがりし仔犬の碗や花薺/伊東奈美

なつかしき道選り歩く花薺/高浜虚子

薺咲き足音ひそめざるを得ず/岸田稚

薺咲く框で涅槃をがまれる/喜谷六花

薺咲く道は土橋を渡りけり/平井照敏

鳥影の魔がさすごとし花薺/古館曹人

三味線草撥稚くて音なさず/西本一都

俳句例:21句目~

休め田にあるじ貌して花薺/影島智子

雲水の影から影へ花なづな/藤田湘子

まつしろに薺咲く田へ柩出る/飴山實

君知るや三味線草は薺なり/正岡子規

山畑の鋤かるる前の花なづな/石渡旬

歩くこと愉しからずや薺咲き/和地清

舟小屋に薺花咲く五月雨/佐野青陽人

曾良故郷塚湖風の三味線草/西本一都

雨の粒ぺんぺん草のペンペンに/辻桃子

薺咲いて足音ひそめざるを得ず/岸田稚

防空頭巾取りて薺の花は見ず/萩原麦草

花なづな母の指先いつも濡れ/小島花枝

ぺんぺん草田畦を埋む七回忌/高澤良一

塔礎石いまも埋れず花なづな/桂樟蹊子

合いの手に潮騒浜の三味線草/高澤良一

パン買ひに三味線草の近道を/細見綾子

庵を出でて道の細さよ花薺/河東碧梧桐

摘み来しは三味線草の類かな/後藤夜半

次の村ぺんぺん草の畦往けば/高澤良一

田はじめの遅れ薺の花ざかり/森田公司

俳句例:41句目~

筆なげて起てば薺の花こぼる/小林康治

花薺われらにひとりの母大事/鈴木貞雄

旅淋し薺咲く田の涯しらず/阿波野青畝

雨の靴薺の花に滑り止む/長谷川かな女

寝重りの児に家近し花なづな/中村葉子

柩舁く足がそろひて花なづな/長谷川双

薺咲きキリシタン村牛飼へり/田村了咲

花薺揺れ触る水輪水たまり/中村草田男

薺咲く天女降りしといふ辺り/柿本多映

花なづな母死後木戸に錠つけて/長谷川双

花なづな清流磨ぎ汁曳きそめて/香西照雄

午後気儘ぺんぺん草の径歩く/松本三江子

花なづな日暮は口がさみしくて/長谷川双

薺咲くまでの日が充ち蚕飼村/神尾久美子

少年に長けし姉あり花なづな/藤田あけ烏

己が影拾ひ来し日の花なづな/小松崎爽青

鉛筆でつついて示すぺんぺん草/高澤良一

手仕事は手もとに灯し花なづな/友岡子郷

暮れぎはの白増すごとく花なづな/木内怜子

飲み屋出来三味線草にこみち出来/西本一都

俳句例:61句目~

耳打ちの子の声かゆし花なづな/百瀬ひろし

ふつかよひ同志ぺんぺん草同志/大澤ひろし

ひとり旅三味線草を鳴らしゆく/青柳志解樹

ぺんぺん草奏づる風が出て来たり/高澤良一

訪づれに心はづみぬ三味線草/阿部みどり女

花なづな海を見せたく摘みにけり/佐藤美恵子

この島に薺の花が咲いている/兵隊の墓標と同じ高さで/中野嘉一

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ