季語/赤蜻蛉(あかとんぼ)を使った俳句

「赤蜻蛉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「赤蜻蛉」について

【表記】赤蜻蛉

【読み方】あかとんぼ

【ローマ字読み】akatombo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・赤卒(あかえんば:akaemba_)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

赤蜻蛉を含む俳句例

夕汐や艸葉の末の赤蜻蛉/一茶

いつも一人で赤とんぼ/種田山頭火

旗竿や旗に風なく赤蜻蛉/寺田寅彦

赤蜻蛉砂丘は音も影も消す/石原透

赤蜻蛉頭の痛き午後の空/石塚友二

水塚の高き低きや赤蜻蛉/小澤碧童

万葉に読人しらず赤蜻蛉/野村喜舟

赤とんぼ少し後れて児の笑顔/空蝉

縁に干す蝙蝠傘や赤蜻蛉/寺田寅彦

牧草地隈の椹へ赤とんぼ/和知喜八

物拭ふ古風呂敷や赤蜻蛉/内田百間

赤蜻蛉百日紅の実にとまる/岸本尚毅

赤蜻蛉殺生石より湧く如し/広瀬一朗

赤蜻蛉標立つのみの蘭館趾/石塚友二

赤蜻蛉分けて農夫の胸進む/西東三鬼

赤蜻蛉光に変りひかり殖ゆ/栗原加美

登頂のまづは勲章赤蜻蛉/永峰久比古

一斉に光失ひ赤とんぼ/阿部みどり女

赤とんぼ浜吹く風は一息に/高澤良一

赤蜻蛉のせて流るゝ瓢かな/寺田寅彦

俳句例:21句目~

洋上に途あるごとし赤蜻蛉/松山足羽

海の藍ざぼんの緑赤とんぼ/三好達治

半衿の模様うれしき赤蜻蛉/徳岡蓼花

南窓に写真を焼くや赤蜻蛉/夏目漱石

海地獄碧きが上の赤とんぼ/山本歩禅

赤とんぼ筏の如くつづきけり/上野泰

石を産む女人の裾や赤蜻蛉/夏石番矢

秋茜ふたつの古墳通いあう/二村典子

赤とんぼ夕空し群れにけり/相馬遷子

大原路は今も変らず赤蜻蛉/鶴原虎児

赤蜻蛉檜山杉山ながめ倦きぬ/瀧春一

砂風の後に浮かぶや赤蜻蛉/内田百間

赤蜻蛉運動会の日となりぬ/子規句集

赤蜻蛉翅うつ音さへ山日和/福田蓼汀

赤蜻蛉繁くして川流れたり/瀧井孝作

赤とんぼ野菜いろ~の裏畠/滝井孝作

赤とんぼ宙にして石進むなり/岸田稚

甲斐駒の雲の高さに赤蜻蛉/堀口星眠

山川と夕日をわかつ赤とんぼ/滝佳杖

赤とんぼ夷びいきの肩に来る/太田土男

俳句例:41句目~

赤とんぼ小枝の先を噛む如く/浅川虫雨

赤とんぼ山の斜面の明るき墓地/中拓夫

赤とんぼ昔の如く紅澄まず/百合山羽公

赤とんぼ死近き人を囲み行く/永田耕衣

赤とんぼ火炭しをからとんぼ灰/上野泰

赤とんぼ画を鳴く虫の草の上/大谷句佛

赤とんぼ遠流に果てし一女人/山本歩禅

ひとすぢの風を連れくる秋茜/能勢俊子

赤とんぼ離れて杭のいろの失せ/上野泰

わが家が風のみなもと赤蜻蛉/八木荘一

わが町へ流れ来にけり赤蜻蛉/野村喜舟

赤蜻蛉とまつているよ竿の先/三木露風

赤蜻蛉むれて炎となりにけり/滝口照影

乱丁の本へ逃げ込む赤とんぼ/大西泰世

赤蜻蛉天の瑠璃には縫目なし/伊丹丈蘭

兄なくて庭に湧き出づ赤蜻蛉/影島智子

赤とんぼ山を思へば山を見ず/行方克巳

赤蜻蛉汝は動かぬこと好きか/嶋田一歩

赤蜻蛉濃き豊作のみえて来し/太田土男

赤蜻蛉父ゐし母もをりし過去/嶋田一歩

俳句例:61句目~

赤蜻蛉筑波に雲もなかりけり/正岡子規

赤蜻蛉翔び交ふ山の露天風呂/土屋保夫

大雨が洗ひし空気赤とんぼ/青葉三角草

大雨の洗ひし空気赤とんぼ/青葉三角草

失はれゆく空地あり赤とんぼ/遠藤忠昭

赤蜻蛉茫々と沼を拓きをり/大須賀乙字

小春日や石を噛みゐる赤蜻蛉/村上鬼城

赤蜻蛉飛び立ちて石軽くなる/平子公一

赤蜻蛉飛ぶや平家のちり~に/正岡子規

轆轤蹴る少年の背に赤とんぼ/水原春郎

川に尽く細道一つ赤とんぼ/横山美代子

影を出て赤蜻蛉となりしかな/高木晴子

染めあへぬ尾のゆかしさよ赤蜻蛉/蕪村

水薄くすべりて堰や赤とんぼ/石川桂郎

海峡や艫にとなめの赤とんぼ/石原八束

湿原は雲湧くところ赤とんぼ/吉原文音

漆掻く日和つゞきや赤蜻蛉/大須賀乙字

濤声のはるかにしをる赤蜻蛉/重田暮笛

美しく暮るゝ空あり赤とんぼ/進藤湘海

生きて仰ぐ空の高さよ赤蜻蛉/夏目漱石

俳句例:81句目~

病む妻を翔け越ゆるもの秋茜/中島斌雄

石積んで墓遊びの子赤とんぼ/佐藤火峰

秋嶺の襞より湧きて赤とんぼ/高澤良一

秋風をあやなす物か赤とんぼ/松岡青蘿

空にゐる鶴田浩二の赤とんぼ/高澤良一

頂上に誰もをらざる赤とんぼ/石田郷子

華厳落つしぶきの中の赤とんぼ/村田脩

赤とんぼ人をえらびて妻の膝/山口青邨

赤とんぼ地球は円き空もてり/長尾虚風

赤とんぼ夕暮はまだ先のこと/星野高士

赤とんぼ夕空涜し群れにけり/相馬遷子

赤とんぼ群れて人無き分教場/山県よしゑ

から松は淋しき木なり赤蜻蛉/河東碧梧桐

かわされていなされてなお赤蜻蛉/秋尾敏

この天のどこが国境赤とんぼ/北見さとる

赤とんぼ群れとぶ中の遅速かな/高田蝶衣

染あへぬ尾のゆかしさよ赤蜻蛉/蕪村遺稿

その母を焼きし跡の碑赤とんぼ/奈良文夫

赤蜻蛉乾きし音をたてにけり/黒坂紫陽子

赤蜻蛉三十路ふりむくこと多し/行方克巳

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ