季語/秋色(しゅうしょく)を使った俳句

「秋色」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋色」について

【表記】秋色

【読み方】しゅうしょく

【ローマ字読み】shushoku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋の色(あきのいろ:akinoiro)

・秋光(しゅうこう:shuko)

・秋の光(あきのひかり:akinohikari)

・秋景色(あきげしき:akigeshiki)

・秋望(しゅうぼう:shubo)

季節による分類

・「し」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋色を含む俳句例

裏門に秋の色あり山畠/支考

秋光や甍の苔も黄金なす/風生

一微塵払ふ秋光の孔雀羽/林翔

遊心の一筆箋に秋の色/堀政尋

秋光やここ帯広の馬の尻/杜春

秋光に一鳥仰ぐ風握り/対馬康子

憩ふ人秋色すすむ中にあり/鶏二

蘭は実に秋光猫の薄目にも/麦南

秋の色糠味噌壷もなかりけり/芭蕉

船底に置きて忘れし秋の色/高橋龍

秋光のつぶさに光る日影かな/蒼石

秋光の横浜港に船寄らず/高澤良一

機場主秋光鼻に疎林来る/宮武寒々

山門や秋光既に海よりす/内藤吐天

秋光の深浅は乳のにほひにも/龍太

秋光の風貯へて山揺るる/奥田智久

行く秋の光澄む古き床柱/石塚友二

箔のない釈迦に深しや秋の色/鬼貫

秋光やはた~越ゆる墓籬/西島麦南

秋光や闘鶏老いし頸を立て/松本幹雄

俳句例:21句目~

秋光や頬に曳きたる耳の翳/高橋馬相

秋色の南部片富士樹海より/西本一都

聖玻璃に透く秋光や跪坐少女/中島初

玉櫛笥秋の光を吸ひにけり/中島陽華

干瓢を干してや湖に秋のいろ/森澄雄

嶽秋光駅長駅夫服正しく/石橋辰之助

旅果ての秋光にぬれ蛤塚/小松崎爽青

楽焼の碗の秋色持ち帰る/上田日差子

氷河飛ぶ秋光の鳥頬緊めて/伊澤秋家

秋光が秋光を呼び瑠璃の碗/狹川青史

秋光の哀韻訝しめばめしひ/片山桃史

秋光や仁王の臍は一文字/小島千架子

木や草に何を残して秋の色/斯波園女

秋光に遠き落馬の騎手二十歳/対馬康子

鮠釣るや秋色ふかき湯檜曽川/伊東宏晃

服を選る秋の光をまとふため/木本英実

啼く猿に峰の秋色にはかなり/松本幹雄

秋光をさへぎる銀の屏風かな/前田普羅

秋色や母のみならず前を解く/三橋敏雄

秋光を傷つけてゐる蜻蛉かな/仙田洋子

俳句例:41句目~

芝生にもある秋色といへるもの/比奈夫

水脉遠くおろがむ秋の光かな/中川宋淵

秋光の花卉を遠見に憩ひけり/飯田蛇笏

海峡を行き交ふ雲の秋の色/法本フミ女

秋光を断ち反転のヨットの帆/丹羽啓子

秋色の深浅は乳のにほひにも/飯田龍太

宗祗の井はなれ秋光山へ消ゆ/伊藤敬子

搭乗ロの秋光またも押後にて/横山白虹

秋色か木の間にあるは夕影か/高木晴子

めつむれば秋の光は地より湧き/川口重美

オカリナに湖秋色を深めける/木下ふみ子

秋光や解き捨ててある真田紐/神尾久美子

秋光に我が息づかひ影も急く/石橋辰之助

注射針剌すに秋光冷ゆるなり/小松崎爽青

道成寺の千草に深む秋のいろ/柴田白葉女

くわりんの実なりし秋光集むるは/高澤良一

水かげろふ舟屋も揺れて秋の色/和田ゑい子

この秋光のいづくに闇夜ひそむなる/斎藤玄

海獣葡萄鏡置きたる穹の秋の光/伊丹さち子

逝く秋の光かも消ぬる魂かなし/小松崎爽青

俳句例:61句目~

ともづなを放てり五湖の秋光に/長谷川秋子

ひとめぐりして秋色をいふばかり/石田郷子

飛ぶもののみな新秋のひかり負ふ/石塚友二

若狭秋色まぶた裏までふるさとよ/長谷川秋子

小笹刈りし地に立ち秋光溢るるに/長谷川かな女

月明の湖はるばると秋のいろ微塵のわれを包みくれたり/三宅千代

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ