季語/二日月(ふつかづき)を使った俳句

「二日月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「二日月」について

【表記】二日月

【読み方】ふつかづき

【ローマ字読み】futsukazuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・繊月(せんげつ:sengetsu_)

・二日の月(ふつかのつき:futsukanotsuki)

季節による分類

・「ふ」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

二日月を含む俳句例

八朔や扨明日よりは二日月/蕪村

夏柳荒涼として二日月/十川桂子

出代や人浮雲の二日月/横井也有

雨そそぐ水草の隙や二日月/蕪村

行水の老尼はなげく二日月/原石鼎

松茸の走りや市の二日月/仲岡楽南

川下に二日月ある嚏かな/山口草堂

二日月石の動けば蟇となる/上村占

西蔵に法主入りけむ二日月/筑紫磐井

左義長の餘燼に遠き二日月/古舘曹人

月見月なる二日月とぞ思ふ/高林蘇城

二日月ひくく出水の人叫ぶ/小宅容義

二日月三日月より淋しさよ/高野素十

二日月寒明け近き繭のいろ/渡辺恭子

二日月神州狭くなりにけり/渡邊水巴

山の端に椋鳥のあらしや二日月/兀子

ひんがしに金星抱いて二日月/武原はん

二日月三日月早苗夜も育つ/百合山羽公

二日月土焼きをして年寄るか/萩原麦草

凍蝶の夢をうかがふ二日月/攝津よしこ

俳句例:21句目~

二日月薄荷の花の匂ふなり/小松崎爽青

寒竹はすでに子を持ち二日月/萩原麦草

塵のごと樗が散りぬ二日月/小松崎爽青

枯蓮や水のそこひの二日月/水原秋桜子

波の上に置く航跡や二日月/坂口かぶん

白粉花の夕咲く香なり二日月/遠藤はつ

花鳥忌やひそかに拝む二日月/渡邊水巴

柚子剪つて鋏ひびきぬ二日月/小川軽舟

とぎすます敏鎌の上や二日月/寺田寅彦

雪しろき奧嶺があげし二日月/藤田湘子

黒い手帖へしるす良心二日月/森田林泉

みちのくや餅に搗きこむ二日月/橋石和栲

千屈菜は鳴つているなり二日月/小林一枝

紙買ひに出てきさらぎの二日月/長谷川双

干瓢をほしたるまゝの二日月/佐野まもる

ほゝ笑むや妻なきあとの二日月/萩原麦草

あかね雲ひとすぢよぎる二日月/渡辺水巴

遣るあてもなき雛買ひぬ二日月/井上井月

くらがりに水仙の香や二日月/古賀まり子

二日月竹がそよげばかくれけり/高田蝶衣

俳句例:41句目~

かりの世と人は言ふなる二日月/河野伊早

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ