季語/コスモスを使った俳句

「コスモス」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「コスモス」について

【表記】コスモス

【読み方】コスモス

【ローマ字読み】kosumosu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋桜(あきざくら:akizakura)

季節による分類

・「こ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

コスモスを含む俳句例

秋桜峠に祀る牛の霊/広瀬一朗

西空の守る一日の秋桜/松澤昭

玉や管眠る墳裾秋桜/加藤耕子

筆始虚子秋桜子山頭火/酒井武

尼寺の苔の中より秋桜/上野泰

秋桜父若き日の分教場/加藤耕子

窯跡は風の遊び場秋桜/谷口秋津

木造りの教会堂や秋桜/京極杞陽

秋桜寺に寄進の瓦殖ゆ/水野やゑ

昃るといふことのなし秋桜/上野泰

垣間見し機たつ賤や秋桜/飯田蛇笏

奈良坂に衣干したる秋桜/橋本榮治

枯るるまで風に従ふ秋桜/西村和子

コスモスや一笛長く入港す/中拓夫

乳母車欲しや丈なす秋桜/猿山木魂

紅白のさみしきものや秋櫻/上野泰

秋櫻童女の情こまやかに/相馬遷子

夢で叱る先生のをり秋桜/橋本榮治

夕焼けて炎のうねり秋桜/柴田奈美

蔵町の坂のみぢかし秋桜/関戸靖子

俳句例:21句目~

隣り合ふ異人の暮し秋桜/前橋春菜

客人のように夫来る秋桜/二村典子

秋桜繰れば灰になる書物/田中亜美

白鳳の来たる瑞あり秋桜/中川四明

働いて悪かも知れず秋桜/森田智子

家持の海うつくしき秋桜/三谷いちろ

馬の来て尾の遊び居る秋桜/田村木国

コスモスは臥し鶏頭は憤り/西村和子

揺椅子に母のまぼろし秋桜/山田弘子

風つよしそれより強し秋桜/中嶋秀子

傷つきて楽しむもわれ秋桜/仙田洋子

揺れて白揺れやみて紅秋桜/中村芳子

雨激しコスモスの様打ち変り/上野泰

コスモスや小学校の兎小屋/椎名康之

コスモスの花の上行く肩車/大高時子

コスモスや後頭馬の蹄ゆく/桜井博道

驢馬の鈴過ぎたる風の秋桜/山田弘子

宵闇やコスモス花を咲揃へ/増田龍雨

のぼり窯焚けば風生む秋桜/神原栄二

茎だけの影ばかりなり秋桜/島田紀孝

俳句例:41句目~

秋櫻東籬の菊にあらねども/京極杞陽

秋桜連峯よべに雪着たり/金尾梅の門

秋桜母を見舞ひし日の寧し/飯島/明

秋桜明りてふ遊子の影の裔遊ぶ/林桂

コスモスや髪漆黒に狂女達/池田定良

秋桜信濃の山に吾子逝きし/福田蓼汀

秋ざくら径に溢れて豊の秋/遠藤梧逸

私語多きコスモスを風咎立/高澤良一

コスモスの四窗の秋や置扇/飯田蛇笏

基地跡の風の集まる秋桜/小松世史子

月明にゆらぐことなき秋桜/清崎敏郎

コスモスや旧兵舎より女学生/井上雪

黄昏てコスモスは彩失へり/柴田奈美

温突の泥の煙出し秋ざくら/遠藤梧逸

汲水にコスモス映る祭かな/西山泊雲

鶴の形はコスモスの枯枯中に/右城暮石

風船をつれコスモスの中帰る/石原八束

降られゐて牛おとなしや秋桜/日野草城

コスモスに守られ赤字路線駅/長尾虚風

コスモスに郵便箱のかくれたる/星野椿

俳句例:61句目~

コスモスに雨の狼藉残りをり/岩垣子鹿

コスモスや片襷して水汲女/鈴鹿野風呂

許すとは忘れることよ秋桜/藤本さなえ

母が出は宇陀川上や秋ざくら/山本洋子

望郷や土塀コスモス咲き亂れ/星野立子

うたた寝も熟睡のうちや秋桜/手塚美佐

秋桜童話みたいなキスをして/塩見恵介

コスモスの花ゆれて来て唇に/星野立子

コスモスも切符の色も淡き旅/中嶋秀子

からだぢゆう風になつてる秋桜/森酒郎

コスモスや奥羽に廻る碧梧桐/高澤良一

コスモスや結べる紐の胸高く/遠藤梧逸

コスモスの花揺れて来て唇に/星野立子

コスモスの蝶が蜻蛉に早変り/京極杞陽

コスモスの上に浮べる丘の線/京極杞陽

モスクワヘつゞく鉄路や秋桜/稲畑汀子

コスモスや光れば光る水の影/鈴木花蓑

コスモスに尼僧遊歩の風生る/栗林千津

身の廻りいつもきちんと秋桜/原田青児

コスモスや配給米充ち袋立つ/香西照雄

俳句例:81句目~

秋ざくら牛も家族の大藁屋/柴田白葉女

コスモスや駅界隈を人あるき/和知喜八

コスモスや豚小屋へ又子供達/西山泊雲

曲り家の馬屋に日あたる秋桜/川越蒼生

コスモスの空へ風船離せし子/高澤良一

花よりも灯影やさしき秋桜/古賀まり子

コスモスの縁を掴みて虻沈む/高澤良一

一二輪コスモス刎ねて日和風/鈴木花蓑

コスモスの百万本に日照り雨/山田圓子

コスモスの花の表に坐りけり/京極杞陽

厨子出たる観音と遇う秋桜/伊丹三樹彦

烈風のコスモス蝶を離さざる/朝倉和江

十六夜や繚乱として秋ざくら/遠藤梧逸

コスモスの彼方の夜が誘ひゐし/松澤昭

コスモスの戸口明りや遠野郷/平綿涼風

翳りあふを避けあふ友ら秋桜/香西照雄

コスモスの花はあれども冬の空/原石鼎

深情なき世となりぬ秋ざくら/鷹羽狩行

月光に風のひらめく秋ざくら/西島麦南

汐照りて天主の下の秋ざくら/石原舟月

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ