季語/冬ざれ(ふゆざれ)を使った俳句

「冬ざれ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬ざれ」について

【表記】冬ざれ

【読み方】ふゆざれ

【ローマ字読み】fuyuzare

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冬され(ふゆされ:fuyusare)

・冬ざるる(ふゆざるる:fuyuzaruru)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の時候」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬ざれを含む俳句例

冬ざるる顰を深く裏浅間/風生

貝殻が見え水中も冬ざるる/狩行

冬ざれの宿の斑鳩物語/細川加賀

冬ざれや小鳥のあさる韮畠/蕪村

冬ざれや歩み遮る何か有れ/林翔

冬ざれの中に角帽あぶらじみ/誓子

葬儀屋に金銀満開冬ざるる/檜紀代

落雁をくだく口中冬ざるる/石嶌岳

石切の石の鋭角冬ざるる/門みのる

冬ざれの石の残照声届く/高澤晶子

眼帯や片目の街の冬ざるる/桂信子

涸谿の木霊言霊冬ざるる/佐原トシ

廃線の鉄道官舎冬ざるる/福原紫朗

一葉忌冬ざれの坂下りけり/安住敦

大石や二つに割れて冬ざるゝ/鬼城

冬ざれや雨にぬれたる枯葉竹/荷風

冬ざれや北の家陰の韮を刈る/蕪村

冬ざれや足にこたゆる貝の殻/闌更

冬ざるる上野鴬団子かな/青木重行

冬ざれや十一匹の猫の床/平井照敏

俳句例:21句目~

冬ざれや拾ひ足して渚鶴/鈴木花蓑

冬ざれや庭より高くひとの畑/林翔

冬ざれや貴船の宮の手水鉢/洛山人

冬ざれの肩より暮るる畑鴉/高澤良一

太陽の塔の猫背の冬ざるる/山田弘子

山国や冬ざれてゐる畑の土/渡辺水巴

おかめ坂過ぎ冬ざれの狸坂/伊藤直介

さふらんの花は紫冬ざるゝ/野村泊月

峡の空一鳶占めて冬ざるる/河野南畦

往来のころく石や冬ざるゝ/内田百間

椋鳥の嬌声こぼれ冬ざるる/堀口星眠

冬ざれに匂へる君を離れ見つ/稲岡長

炭焼の貌の冬ざれ岩よりも/金子兜太

冬ざれの塩田を踏む許得て/山口誓子

田舟皆沼に集る冬ざれて/大須賀乙字

舗道ありなほ冬ざれの田を列ね/楸邨

冬ざれやきたなき川の夕鴉/京-定雅

防塁の石みな尖り冬ざるる/向野楠葉

冬ざれや卵の中の薄あかり/秋山卓三

冬ざれや堤もあらぬ千曲川/山中杏花

俳句例:41句目~

冬ざれの山一椀の熱き白湯/松村蒼石

冬ざれや石に腰かけ我孤獨/高浜虚子

冬ざれや廓につづく漁師町/石原舟月

冬ざれの庭たわいなく母転ぶ/林明子

冬ざるる階高きほど水の艶/対馬康子

冬ざれの天道虫は能く歩く/高澤良一

冬ざれや復員列車駅に入る/福田清人

冬ざれや房々として実南天/日野草城

冬ざれの新薬師寺を素通りに/岸田稚

冬ざれや溜桶に水底つくも/石川桂郎

冬ざれや狢をつるす軒の下/夏目漱石

冬ざれや磧の中に見ゆる橋/尾崎迷堂

冬ざれや神とし祀る石一つ/野村泊月

冬ざれの牛に真赤な唐辛子/大貫弘司

啄木鳥の孔遺す家冬ざるる/堀口星眠

夏を愛す水盤の石冬ざれぬ/辰間伯洲

太秦は冬ざれもよし朱の扉/西山泊雲

冬ざるる野積の檜の香衰へず/坂本玲子

思ひ出や三田の古町冬ざるる/石川桂郎

新しき墓新しきまま冬ざるる/津村節子

俳句例:61句目~

木彫仏冬ざれ空に眼をつむり/河野南畦

冬ざれの砂漠に群れて化石売/都筑智子

冬ざれや柳の幹のよごれやう/尾崎迷堂

スプーンに船の曲線冬ざるる/大石雄鬼

機械街冬ざれの船たかく浮き/細谷源二

三階より落ちし靴下冬ざるる/寺井谷子

水涸れて橋番小屋の冬ざれぬ/寺田寅彦

冬ざれや壁に挟みし柄なし鎌/井上井月

冬ざれの野の馬塚と人の墓/殿村莵絲子

冬ざれの野を来て君に何捧ぐ/岩田昌寿

冬ざれや母港切絵の影となる/対馬康子

冬ざれやあらぬ方向く道路鏡/高間礼子

冬ざるる箱に海苔巻ぎつしりと/辻桃子

冬ざるる豆柿のあまさとほりけり/犀星

冬ざれやことに谷中の銅壺店/杉野諒一

冬ざれのくちびるを吸ふ別れかな/草城

白樺の冬ざれことに発哺の湯/堀口星眠

冬ざれてうるさき程に鴉鳴く/山下孝子

笹掻きの音雨に似て冬ざるる/橋本榮治

冬ざれや屈葬甕にひび走り/冨田みのる

俳句例:81句目~

冬ざれや汐木にからむ荒布屑/重利帆南

冬ざれて女子寮煙出しにけり/長谷川双

冬ざれや画舫揚げある亭の裏/原田青児

冬ざれの道をへだてて機ひびく/上村占

冬ざれて水垢のつく釣瓶かな/籾山柑子

野生馬の馬身艶なく冬ざるゝ/大橋敦子

冬ざれや屋根にかたより雀群る/清之介

馬ひいて兵たりし街冬ざるる/角川源義

冬ざれやつく~松の肌の老/東洋城千句

冬ざれて虎刈りの神屈まりぬ/攝津幸彦

冬ざれや翡翠を洗ふ越の海/松永千鶴子

冬ざれといへどかぢけぬ猫もなし/一雪

冬ざれや菖蒲田の縁水急ぎ/鈴木しげを

冬ざれや北向いて錆ぶ風見鶏/内田園生

冬ざれや青味帯びゐる鷲の嘴/中川宋淵

冬ざれや鳩に委したる宮の様/野村泊月

冬ざれや鶲あそべる百花園/水原秋桜子

冬ざれの天龍河原妹を点ず/大峯あきら

加茂川は葱洗ふより冬ざれぬ/喜谷六花

噴水の栓のあらはに冬ざるる/山本歩禅

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ