季語/寒卵(かんたまご)を使った俳句

「寒卵」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寒卵」について

【表記】寒卵

【読み方】かんたまご

【ローマ字読み】kantamago

子季語・関連季語・傍題・類語など

・寒玉子(かんたまご:kantamago_)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

寒卵を含む俳句例

寒卵闘病のわが一行詩/長田等

寒卵男ばかりが立志伝/仁平勝

獄は口開け寒卵売通す/斎藤玄

七人の敵ある夫に寒卵/山田弘子

腹背に寒ありて先づ寒卵/齋藤玄

寒卵置きし所に所得る/細見綾子

一汁と一菜と寒卵かな/清水基吉

音楽の中の日陰や寒卵/宮津昭彦

寒卵わが壮年期陥没し/相馬遷子

寒卵売る前掛に包み来て/松本旭

天秤の弱き姿勢や寒卵/攝津幸彦

神童とよばれし昔寒卵/平井照敏

息災を願う朝餉や寒卵/中井敏子

温泉の寒卵なり匙を添へ/森田峠

寒卵朝の翼の少女かな/上原勝子

東京は暗し右手に寒卵/藤田湘子

寒卵夕焼にかざす掌/兼巻旦流子

寒卵箱にぎつしり争はず/木村敏男

寒卵割る脳天の割れし音/今瀬剛一

寒卵一気に杣の喉ぼとけ/平子公一

俳句例:21句目~

寒卵主婦健康な頬を持ち/千原草之

寒玉子今日の力と頂きぬ/景山筍吉

野仏の空昏れいろに寒卵/久行保徳

転がれぬ形うとみて寒卵/谷口桂子

寒卵笑ふと思ふ笑はずや/長谷川櫂

二筋に血の緒分れし寒卵/佐川広治

一匹の影のさしこむ寒卵/櫂未知子

寒卵軍神宿を出て啜る/相原左義長

寒卵割るまん前に櫻島/本庄登志彦

寒卵啜り機関車乗務かな/永田蘇水

寒卵狂ひもせずに朝が来て/岡本眸

単純がもっとも怖し寒卵/前田典子

古羅馬の玉座に何の寒卵/攝津幸彦

含羞や白紙のうえの寒卵/河合凱夫

籾殻の底よりとりて寒卵/長谷川櫂

塗椀に割つて重しよ寒卵/石川桂郎

籠青し翳かさねたる寒卵/草間時彦

寒卵大き梁の下に嚥む/黒田櫻の園

お茶碗と同質のおと寒卵/高澤良一

寒卵割る山脈を近づけて/中村明子

俳句例:41句目~

眠れぬ夜は犇と総立ち寒卵/堺信子

寒卵わが晩年も母が欲し/野澤節子

寒卵ありやと覗く鶏寄り来/上野泰

寒卵煙も見えず雲もなく/知久芳子

寒卵割れば器に躍り出で/西岡正保

寒卵素直に割れし朝讃ふ/朝倉和江

寒卵箱にならべて美しや/浅見波泉

生も死も累々として寒卵/岩岡中正

ひとしれず敏捷ならむ寒卵/渋谷道

寒卵掌にし没日の神讃ふ/石原八束

寒卵割り山彦の国を出る/市原光子

明暗のさかひに置かれ寒卵/長田等

寒卵コツンと母の恙なし/柿内芳子

殻の中ほのと明るく寒卵/長谷川櫂

いつまでも在る病人の寒卵/佐藤鬼房

いつよりの愛の重さの寒卵/嶋田麻紀

ぬく飯に落して円か寒玉子/高浜虚子

ぶっつける力が余る寒玉子/高澤良一

一人とる遅き朝餉や寒玉子/三沢久子

寒桜咲き寒玉子てのひらに/高木晴子

俳句例:61句目~

つつましく日を過しをり寒卵/森澄雄

寒玉子うく徹宵の油の掌/鈴木しづ子

寒玉子わりし器の花鳥かな/橋本鶏二

寒玉子包みて呉れぬ撥帛紗/岡本松浜

ほのと影しあうて二つ寒卵/長谷川櫂

ほの暗き巣に洞然と寒卵/小原菁々子

寒玉子狂ひもせずに朝が来て/岡本眸

寒玉子血潮こごえること知らぬ/原裕

俳々と馬鹿の一念寒たまご/加藤郁乎

三輪山の神に供ふる寒卵/吉田/久子

人焼きし匂ひに焦げて寒卵/吉田紫乃

内からも殻割るちから寒卵/多摩/茜

制服のまま寒卵買ひにゆく/折井紀衣

南北をかんがえている寒卵/永末恵子

大つぶの寒卵おく襤褸の上/飯田蛇笏

寒卵いつより深くわかれたる/徳弘純

寒卵かゝらじとする輪島箸/前田普羅

寒卵ころがしてをり人嫌ひ/玉城一香

寒卵しづかに雲と雲はなれ/田中裕明

寒卵どの曲線もかへりくる/加藤楸邨

俳句例:81句目~

寒卵は尼の静けさ岬暮る/大木あまり

寒卵ひしめき朝の補食籠/石田あき子

寒卵わがままがまだ通る家/辻美奈子

寒卵コツと割る聖女学院/秋元不死男

寒卵一つ割つたりひゞきけり/原石鼎

寒卵二つ置く二つ相寄りぬ/富田与士

寒卵人ぎらひまた吾に復る/下村槐太

寒卵割りて啜るや湖あをし/加藤楸邨

寒卵割るとき神を信じをり/西川五郎

寒卵割る一瞬の音なりき/山口波津女

寒卵割る音異にふたりの餉/上柿照代

寒卵割れば直ちに自転かな/星野紗一

寒卵吸はるるごとく吸ひゐたり/原裕

寒卵二つ置きたり相寄らず/細見綾子

寒卵嚥み遥かなる貌をせり/橋本草郎

寒卵地球をくらく抱きけり/平井照敏

寒卵机にひとつ影ひとつ/宇多喜代子

寒卵産みてほのぼの鶏の貌/大熊輝一

寒卵産む鶏孤つ飼はれけり/西島麦南

寒卵累々と灯を求め合ふ/中村秋農夫

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ