季語/風花(かざはな)を使った俳句

「風花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「風花」について

【表記】風花

【読み方】かざはな

【ローマ字読み】kazahana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・かぜはな(かぜはな:kazehana)

・かざばな(かざばな:kazabana)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

風花を含む俳句例

等身の十二神将風花す/石川矢

風花や遊行柳へ至る畦/宋岳人

福耳の僧の説法風花す/太藤玲

風花に驚破一角の日の光/誓子

風花や夕影帯びし壷一つ/秩父

風花や干川に泥鰌ほる人/中勘助

風花や義経偲ぶ満福寺/佐藤洋三

泣く声に似て風花の煙突/飴山實

風花や一本菅は児をもたず/源義

風花や砂丘に浅き靴の跡/森田操

風花や渾身で行く車椅子/豊場梓

風花に厄詣する心あり/高濱年尾

風花の宵の銀座で待合せ/星野椿

風花は雪か花かと翁さぶ/大串章

風花の大きく白く一つ来る/青畝

風花す存分に我に白髪/右田順久

薄墨の花より淡く風花す/稲岡長

風花の武蔵にのこる東歌/関成美

筆塚に挨拶ほどの風花す/森高子

風花や夕枯櫟ただよはす/森澄雄

俳句例:21句目~

杉磨く北山の里風花す/大石英子

風鬼元風紀係よ風花す/坪内稔典

下京や風花遊ぶ鼻の先/沢木欣一

約束は確か北口風花す/中原道夫

茹玉子摂る風花の局趾/宮武寒々

風花や小学校の昼やすみ/上村占

風花の窓開きなば狂ふべし/鷹女

風花に無帽出生届了ふ/宮武寒々

風花に的の遠のき弓始/内田一郎

風花や鏡の奥に子供の手/皆吉司

風花や封書一通浪速より/小林愛

風花や墓は陸軍上等兵/内田園生

風花や木曾の御料の槇檜/木村蕪城

風花や石の上石載せて墓/前山松花

風花や昼灯してひそと住む/上野泰

風花や空の真青に鴎飛び/森田愛子

風花の行方に心遊ばせて/本岡歌子

風花や我も一燭大師堂/深見けん二

波走るさまに晩年風花す/加藤耕子

風花のかかりて青き目刺買ふ/舟月

俳句例:41句目~

風花や心めざめてそれを追ふ/林翔

風花の野を遠くゆき敗北す/徳弘純

風花に方位定めし風見鶏/赤尾恵以

風花や紙蔵に紙ふきこぼれ/石寒太

風花や群鶏分けて京都駅/新馬立風

風花や茶店の篭の黒玉子/曽我玉枝

消息を淋しめば空風花す/岡田順子

風花や弔辞ひそめし旅鞄/大島民郎

風花に杉の匂ひや雲巌寺/谷田部栄

風花や壷の中なる喉仏/真中比呂子

一月の風花呼びて樅の黒/村越化石

風花の寂光院となりにけり/高原桐

上つ毛や風花おろす山を並め/普羅

灯を遠み京の川筋風花す/庄司圭吾

風花や読経の響く手水鉢/中村照子

風花を追へば背に鳴る沖の濤/原裕

風花や四百米走のラスト百/今井聖

風花や墨書のまだ乾かぬに/不死男

六甲の嶺離れさて風花す/稲畑汀子

風花の山湖夕日の翼澄む/岡田日郎

俳句例:61句目~

高野より来る風花に畑打つ/神蔵器

初空や風花松にとどまらず/碧雲居

風花の畦道つたひ訪れぬ/高木晴子

甲斐に風花北岳は白い爪/川崎展宏

疾走の馬眩しめば風花す/藤木倶子

風花や堅く短きもの思ふ/攝津幸彦

空覆ふ鶴の声より風花す/邊見京子

経をあげ口中熱し風花す/毛塚静枝

風花や川中島に犀千曲/正木不如丘

風花や笹酒賜ふ袖に舞ふ/近藤三郎

葛城の風花消えて湯掛唄/萩原麦草

風花や味噌豆煮ゆる外竈/大熊輝一

風花や名代七味の匙さばき/原俊子

風花や候文の恋ありき/文挾夫佐恵

屍包む毛布一枚風花す/古賀まり子

遠眼鏡韃靼のくに風花す/佐川広治

風花の一里を歩き男見ず/永島靖子

風花や仏の乗りし青木賊/牧石剛明

恋するや風花肩に膝に咲かせ/原裕

風花や亡き師の言葉片々と/桂信子

俳句例:81句目~

風花や三角くじの中に福/中嶋秀子

風花や七人の敵意中にす/吉田未灰

風花の中白濁の主峰見ゆ/岡田日郎

風花が大仏殿の松に遊ぶ/細見綾子

風花に追はれて戻る腑抜け旅/林翔

風花の仕事始の薪を割る/高浜虚子

風花の耳成山が今は見ゆ/細川加賀

風花やかなしき声の紙芝居/上村占

風花の空へ光を忘じけり/木村敏男

風花は空の音楽妻と聞く/鈴木鷹夫

風花の眼を拭けば昼の月/西野達子

風花の金閣金を深めけり/大原教恵

風花の野沢温泉麻釜かな/浅野節子

風花の天しんしんの百叩き/仁平勝

風花に取り込み忘る男物/高澤良一

風花や夫の棺の出でし門/中嶋秀子

風花や波路のはては空青き/秋櫻子

松島や風花松を遠くする/中島順子

風花や海女の娘は十八に/鈴木鷹夫

風花や潮満ちてくる太田川/朝妻力

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ