季語/岩菲(がんぴ)を使った俳句

「岩菲」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「岩菲」について

【表記】岩菲

【読み方】がんぴ

【ローマ字読み】gampi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・剪春羅(がんぴ:gampi_)

季節による分類

・「か」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

岩菲を含む俳句例

雨太き老柳荘の花岩菲/加藤晴子

岩菲咲く老柳荘の木洩日に/浅賀木

吊橋の谿深からず岩菲咲く/井手芳子

山鳥の入りし茂みや花岩菲/石塚友二

岩菲咲くうまや路雲も急ぐなり/林翔

花岩菲色に濃淡なかりけり/高浜年尾

人行きてすぐ木隠れや岩菲咲く/村田脩

岩菲咲く木曽少年は鉈腰に/稲垣暁星子

師の句碑に岩菲一輪誰が心/深見けん二

火の色の岩菲一輪をんな関/加藤知世子

稚児群るる水清冽に岩菲咲く/伊東宏晃

立葵がんぴと咲きて古めかし/松藤夏山

傘寿わがいと愛づ色に岩菲の花/富安風生

庭に見し岩菲の色も活けらるる/稲畑汀子

殖えもせぬ岩菲なれども荘の主/真鍋蟻十

蝉の山岩菲の山を前うしろ/阿部みどり女

覚えあり横川の岩菲咲く径を/小島ミサヲ

岩菲挿す濃霧の山の水を汲み/阿部みどり女

たまに来るがんぴの花のしゞみ蝶/星野立子

山深く明日咲くがんぴ誰か見む/殿村莵絲子

俳句例:21句目~

蜘蛛の糸がんぴの花をしぼりたる/高濱虚子

岩菲の花あまりに朱しすぐ捨てし/加倉井秋を

燃えて燃えて岩菲はかなし藪の中/加藤知世子

露の朱は岩菲の朱より清らかに/阿部みどり女

おもひでのなしとせぬ花がんぴ咲く/石川桂郎

風が吹くから墓があるから岩菲咲く/中尾寿美子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ