季語/梅雨の月(つゆのつき)を使った俳句

「梅雨の月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「梅雨の月」について

【表記】梅雨の月

【読み方】つゆのつき

【ローマ字読み】tsuyunotsuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「つ」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

梅雨の月を含む俳句例

乾坤の闇一痕の梅雨の月/福田蓼汀

艶歌師の雨着真青く梅雨の月/林翔

梅雨の月或夜明るし山近し/及川貞

梅雨の月入笠山に見て赤し/相馬遷子

梅雨の月耳薄く幸また薄し/加藤楸邨

少年が屯してをり梅雨の月/石田榮子

梅雨の月二階の窓に顔二つ/西村和子

金銀の星を雲間に梅雨の月/相馬遷子

恐山さだかに梅雨の月赤し/桑田青虎

梅雨の月上つてをりぬ家間近/高澤良一

故郷に住みて無名や梅雨の月/相馬遷子

梅雨の月大きくあかき星連れて/及川貞

梅雨の月狐の仕業かも知れず/稲畑汀子

梅雨の月白鷺羽摶つこと幽か/加藤楸邨

また別の窓より仰ぎ梅雨の月/岩田由美

梅雨の月金ンのべて海はなやぎぬ/原裕

わが齢まだありといふ梅雨の月/滝佳杖

衣川あふれて梅雨の月うつす/山口青邨

僧とても人月とても梅雨の月/伊藤柏翠

土手草の闇しみ透る梅雨の月/松村蒼石

俳句例:21句目~

蹇がつくねんと見て梅雨の月/小林康治

運転をする前方に梅雨の月/青葉三角草

山国の雲の阿修羅に梅雨の月/西本一都

ある筈の梅雨の月無き夜は淋し/高木晴子

いでゝ見て門田照りをり梅雨の月/及川貞

やうやくに松を離れて梅雨の月/染谷秀雄

寺を出るひとりに梅雨の月べつとり/畑稔

梅雨の月城頭にあるを見て泊る/木村蕪城

梅雨の月密使のごとし森の胸/柴田白葉女

春の月ありしところに梅雨の月/高野素十

海港もここらはさびし梅雨の月/福田蓼汀

海豚みな戻りし浪や梅雨の月/佐野青陽人

高空に八ヶ岳が雲脱ぐ梅雨の月/相馬遷子

金箔を打ちのばしたる梅雨の月/有馬朗人

マグマ湯の赫くあふれて梅雨の月/横山房子

寝るまへに語りあひ居つ梅雨の月/宮武寒々

梅雨の月凄ししとしと降りゐたり/山口誓子

梅雨の月くらりと色を濃くしたる/黒田杏子

破れ寺やころげ込むべし梅雨の月/村松紅花

笛吹きし如く泣き終ふ梅雨の月/殿村莵絲子

俳句例:41句目~

梅雨の月なましらけつつ上りけり/野村親二

梅雨の月樹海のみどり波たてず/木下ふみ子

忘れ潮ひかるくらさに梅雨の月/鳥越すみこ

あやとりの橋かけなほす梅雨の月/遠藤タミ子

あらぬ山仰げば梅雨の月懸り/飛鳥田れい無公

梅雨の月黄に熟れ切つて滴りさう/上野さち子

梅雨の月抱く芭蕉のみづみづし/阿部みどり女

それぞれにくらしほどほど梅雨の月/深見けん二

梅雨の月閉めわすれたる窓にかな/久保田万太郎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ