季語/羽蟻(はあり)を使った俳句

「羽蟻」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「羽蟻」について

【表記】羽蟻

【読み方】はあり

【ローマ字読み】haari

子季語・関連季語・傍題・類語など

・飛蟻(はあり:haari_)

・螱(はあり:haari__)

・はり(はり:hari)

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

羽蟻を含む俳句例

羽蟻湧く劣等感の足裏に/森須蘭

大いなる翅傾け羽蟻行く/前田普羅

羽蟻飛ぶや大師河原の昼下り/楚琴

大鐘に羽蟻群がる野寺哉/寺田寅彦

札幌の放送局や羽蟻の夜/星野立子

水桶の尻干す日なり羽蟻とぶ/一茶

夕月の切口の面に羽蟻翔つ/斎藤空華

灯蛾羽蟻恋の寮生失せやすし/金子潮

夥しき羽蟻内海たいらなり/栗林千津

雲岫を出つる朽木の羽蟻哉/星野麦人

羽蟻飛ぶ廂に蜂の明巣かな/倉田萩郎

玄関の鉄の格子や羽蟻飛ぶ/会津八一

原稿に降りし羽蟻に迫る指/高澤良一

碑を叩けば出づる羽蟻かな/野村泊月

筍の羽蟻に晴るる小雨かな/会津八一

羽蟻立つ不破の関屋の柱哉/梅沢墨水

机に稿に羽蟻の落下傘部隊/高澤良一

ペン皿の谷の辺りを羽蟻這ふ/高澤良一

色少し違ふ羽蟻の来る夜かな/岸本尚毅

肉親が寄りおびただしき羽蟻/細見綾子

俳句例:21句目~

土間に這ふ羽蟻や破防法通る/佐藤鬼房

羽蟻身に開業醫には停年なし/相馬遷子

羽蟻出る寺修復の沙汰も止み/真鍋朱光

失せものに心のこりて羽蟻の夜/及川貞

畳ある限り羽蟻はそこへ落つ/高澤良一

家抜ける羽蟻仏事の強いめし/梅田桑弧

羽蟻の夜戸口をふさぐ立話/黒坂紫陽子

彼方より羽蟻群れ来る夏の夢/柴田奈美

羽蟻とぶ天たれこめて町低し/森川暁水

羽蟻とぶ街に原爆呪詛の歌/下村ひろし

すゑ摘の母屋の柱に飛蟻かな/高井几董

日蝕や羽踏みあひて羽蟻群る/中島斌男

日蝕や頭黒く生れて羽蟻群る/中島斌男

飛蟻とぶや富士の裾野ゝ小家より/蕪村

明日ありと念ふ羽蟻の夜の稿/福永耕二

糠床を闇にねかせて羽蟻の夜/久保羯鼓

羽蟻とぶか東京湾がぐらぐらす/原田喬

羽蟻の意風来て決し天へ翔つ/中島斌雄

日蝕や黒き裳ひきて羽蟻群る/中島斌男

風なくに朽木の折れし羽蟻哉/滝川愚仏

俳句例:41句目~

羽蟻湧き三千界にゆきわたる/進藤一考

髪刈って子の貌変る羽蟻の夜/寺井谷子

羽蟻の夜兆す不安の拡ごり来/大橋敦子

羽蟻に寝る語り語りて友三人/金子兜太

読み返す便り羽蟻の夜なりけり/稲畑汀子

いささかの酒に酔ふ肌羽蟻来る/佐野美智

釣人や羽蟻わく舳をかへりみず/飯田蛇笏

飛蟻這ふ伝来仏の斧痕かな/菅原師竹句集

とりあえず歩く羽蟻の夕間暮れ/五島高資

千曲よぎる破戒の町や羽蟻たつ/巌谷小波

娶らざりし遺影の笑みへ羽蟻翔つ/飴山實

少年はしんしんと羽蟻でありぬ/大西健司

手に額に群るる羽蟻や責重し/石田あき子

摺鉢に羽蟻の降つて来るほどに/岸本尚毅

晩学の夜は更けやすし羽蟻来て/相馬遷子

暗やみの中に富士あり羽蟻の夜/高濱虚子

湧きたちて羽蟻まぎるる相模灘/飯田龍太

滅ぶもの築きゆくもの羽蟻とぶ/北崎/武

灰皿を子が充し去る羽蟻の夜/下村ひろし

終ひ湯をつかふ音して羽蟻の灯/清崎敏郎

俳句例:61句目~

灯を消して羽蟻を追へる部屋箒/小原牧水

羽蟻の夜かなしき家を出て歩く/藤田湘子

羽蟻の夜軍歌猥歌とわかちなし/細川加賀

羽蟻の夜返事の遅き人と居て/石垣希余子

羽蟻の羽ちり浮く水に炊ぐ見ぬ/森川暁水

羽蟻また紙に包んで捨てにゆく/高澤良一

羽蟻地にむれて影曳く薄暑かな/飯田蛇笏

羽蟻墜つ奇妙な夜となりにけり/高澤良一

羽蟻群るる夜の妻子ら腹減りし/萩原麦草

羽蟻翅をたゝみて水に来りけり/萩原麦草

羽蟻落つ「暗夜行路」の終章に/和田祥子

羽蟻這ふおそき電車に塾教師/田川飛旅子

翔ちてすぐ羽蟻の翅が天に消ゆ/右城暮石

老斑の遂にわが手に羽蟻の夜/篠田悌二郎

髪刈つて子の貌変わる羽蟻の夜/寺井谷子

いくたびの入院の荷よ羽蟻の夜/石田あき子

翅よわき羽蟻もいゆく日さす方/篠田悌二郎

無駄と言ふ貴重な時間羽蟻とぶ/大塚千光史

羽蟻あまた葛西善蔵措きてつぶす/古沢太穂

西に火を噴く山ありて羽蟻の夜/浦/みつる

俳句例:81句目~

羽蟻消えし夜の更くるまで創世記/仙田洋子

水ひかりやすき行旅や羽蟻舞ふ/鷲谷七菜子

羽蟻出づ殺されにまた殺されに/秋武つよし

羽蟻湧く火山灰風紋をなす厚さ/大岳水一路

羽蟻焼くどこかに狂う人あらん/田川飛旅子

遠きひとばかりしたへり羽蟻の夜/村越化石

羽蟻の夜我家てふものいつの世に/石田波郷

羽蟻羽をそらにとびぬぎ地に還る/森川暁水

颱風接近羽蟻もぞもぞ出る夜かな/高澤良一

離農者や背の荷手の荷に憑く羽蟻/細谷源二

風ぬるく羽蟻とび入る化粧部屋/柴田白葉女

羽蟻翔つて噴怒のわれに家がなき/森川暁水

飛蟻とぶや富士の裾野の小家より/與謝蕪村

羽蟻翔つ翔ちては戻り来ざるなり/右城暮石

羽蟻とぶ蚕飼屋の軒の薄暑かな/小松崎爽青

羽蟻たつ非運はひとりのみならず/加藤楸邨

羽蟻落つ何より狂ひきし今日ぞ/千代田葛彦

羽蟻落つ過不足のなき夫婦とも/藤原たかを

呆と立つ廈のゆるびに羽蟻落つ/下村ひろし

不安なきにあらず卓ゆく夜の羽蟻/橋本榮治

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ