季語/胡麻の花(ごまのはな)を使った俳句

「胡麻の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「胡麻の花」について

【表記】胡麻の花

【読み方】ごまのはな

【ローマ字読み】gomanohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「こ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

胡麻の花を含む俳句例

昏鐘に暑さ残して胡麻咲けり/野田武

花胡麻の清楚な月に径整し/内藤吐天

この村の溜息に似て胡麻の花/中嶋秀子

青空が見えて雨降る胡麻の花/清崎敏郎

夏の月照らして胡麻の花盛/岡本癖三酔

胡麻の花耕す人のみな青衣/上野さち子

山畑は垣など結はず胡麻の花/辻田克巳

胡麻咲きて霧湧きのぼる麓村/菅原文子

裏道は虻が吸ひゐる胡麻の花/細見綾子

湧く雲も胡麻の花いろ奥秩父/高澤良一

潮岬村貧しや胡麻の花こぼれ/塩尻青笳

足音のすずしき朝や胡麻の花/松村蒼石

農婦らに跣足の季節胡麻の花/西村公鳳

遍路みち白く乾きて胡麻の花/大中誉子

雨ふふみ湖の風来る胡麻の花/浅井一扇

胡麻の花を破りて蜂の臀かな/西山泊雲

胡麻の花川上に雨降つてをり/斉藤夏風

子があそぶ砂の乏しく胡麻の花/佐野良太

巖楯に胡麻咲かせ能登珠洲郡/能村登四郎

胡麻の花天も怺へてゐる如し/河原枇杷男

俳句例:21句目~

花胡麻も末となりたる雷雨かな/高橋馬相

胡麻の花青年館は灯をともす/北見さとる

胡麻咲いて薄雲はしる月の面/柴田白葉女

胡麻咲かせ流人めくなり岬人/能村登四郎

胡麻の花濡れしに思ひ至りけり/加藤楸邨

砂あげて歩く道なり胡麻の花/長谷川かな女

胡麻の花に虻むらがりて農夫の死/細見綾子

胡麻の花郵便夫しばし憩ひをり/戸津川長屋

胡麻咲けりここに潰えし信者軍/下村ひろし

他の花にならひて咲くや胡麻の花/波多野爽波

暑気せめぐ土むつとして胡麻咲けり/飯田蛇笏

白浪が見えて胡麻の花が暑い牛小屋/内島北朗

胡麻の花ちるほろほろと盆去にぬ/金尾梅の門

胡麻咲いて人にけものに鍵ある世/大木あまり

胡麻の花雷後の暑さもどりきぬ/五十崎古郷句集

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ