季語/豆植う(まめうう)を使った俳句

「豆植う」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「豆植う」について

【表記】豆植う

【読み方】まめうう

【ローマ字読み】mameu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・豆蒔く(まめまく:mamemaku)

・大豆蒔く(だいずまく:daizumaku)

・小豆蒔く(あずきまく:azukimaku)

季節による分類

・「ま」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

豆植うを含む俳句例

立ち跼み豆蒔く少女雷遠し/三谷昭

閑古鳥なけば豆蒔く水内郡/沢木欣一

夕月や畔豆植の杖打ちゆく/高田蝶衣

豆蒔くや噴煙小さく駒ケ嶽/岡村浩村

畦豆を植うる女に畦長し/小方比呂志

豆植うや山鳩の鳴く森のかげ/沖田光矢

豆植ゑてゐる声二人ほかは山/村越化石

豆植ゑて土寄するなり奥街道/細見綾子

豆植ゑて豆植ゑて島貧しかり/美馬風史

西鶴も蒔きし刀豆われも蒔く/山口青邨

豆蒔くや鼎において三粒づつ/古川迷水

農閑と云ふも束の間豌豆蒔く/小島静居

豆さしも農具の一つ豆植ゑる/瀬戸きよ子

豆植うる畑も木べ屋も名処かな/野澤凡兆

豆植えゑてゐる声二人ほかは山/村越化石

豌豆を植うより地肌日々荒るる/秋月史夫

こだまする後山の雪に豆を蒔く/飯田蛇笏

夜盗虫掘り出し豆を蒔き添える/倉重鈴夢

年寄れば五箇山よしと豆を蒔く/新井徳子

蚕豆畑岬の日ざしへ蒔きすすむ/河野南畦

俳句例:21句目~

土塊の翳ふかき朝を空豆蒔く/一之瀬王路

鍬入れて豆蒔く土をほぐすなり/杉田久女

鍬切れのよくて豆蒔く畝つくる/長沢愛子

一雨に土やはらかに豆を蒔く/三栖ひさゑ

やりくりの土に豌豆植ゑにけり/ふけとしこ

大和佳しどこの畔にも豆植ゑて/伊藤いと子

豆植ゑし今日のあしあと夕鶴に/大岳水一路

そら豆を蒔いて肥料をとりにゆく/片岡奈王

豆蒔くに農の凡なる知恵を借る/佐野まもる

遺伝子を替えざる豆の種蒔けり/舟越とみ子

豆を蒔くひとり往き来の没日なる/村上しゅら

豌豆蒔く海苔網を手につかふとか/八木林之介

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ