季語/白夜(はくや)を使った俳句

「白夜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「白夜」について

【表記】白夜

【読み方】はくや

【ローマ字読み】hakuya

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

白夜を含む俳句例

男郎花白夜寂けさ緻密にて/有働亨

寂けさを湖は白夜の帳とす/有働亨

捨猫の群るる白夜の石畳/岩崎照子

白夜航く翼下に森と湖の国/森田峠

白夜なる地の荒寥に金鳳華/有働亨

人垣は辻芸と知る白夜かな/森田峠

白夜ただ茫漠農事試験場/依田明倫

鳩は巣に鴎はとべる白夜かな/森田峠

雪渓に白夜もあをき天蓋を/桂樟蹊子

雪残る嶺なだらかに白夜なる/有働亨

城の裏白夜の墓石立ち上る/有馬朗人

釣糸を投げる指先より白夜/対馬康子

笹百合や白夜を常の村ひとつ/有働亨

大氷河烟り音なき白夜かな/仙田洋子

天主堂白夜の天ぞかかりたる/有働亨

天国の夫に白夜の旅だより/飯田浦子

氷海に秋日踊らす白夜行/殿村莵絲子

煉瓦焼く村一塊となり白夜/桂樟蹊子

影もなく白夜に遊ぶ馬一頭/有馬朗人

窓近く白夜の海の航急ぐ/斎藤ひろし

俳句例:21句目~

白夜なる氷河に神の爪の跡/仙田洋子

ワイン飲む上甲板に白夜光/宇野直治

一流木揉みて白夜の河の渦/吉野義子

白夜とは別の光に朝が来る/千原叡子

金色の髪は白夜に似合ふもの/高木晴子

蒼空に星かげの無き白夜かな/三宅蕪村

薔薇園の色失なえる白夜かな/寺澤慶信

路面チェス数人かこむ白夜かな/森田峠

露店市あとかたもなき白夜かな/森田峠

女馭者髪なびくなる白夜かな/岩崎照子

つかつかと花の白夜の篝守/鳥居美智子

なほ続く白夜の舞踏会脱けて/大森保子

子が遊ぶ白夜の塔の真下かな/佐川広治

幾度も覚めて白夜の空にあり/太田梨三

橋上にくちづけ長き白夜かな/岩崎照子

オペラ果て町逍遥の白夜かな/岩崎照子

消燈の喇叭鳴れども野は白夜/田村了咲

黒ビール白夜の光すかし飲む/有馬朗人

白夜にてリヤ王豫告小劇場/八木林之介

白夜行く長距離バスの後部席/坂本宮尾

俳句例:41句目~

白夜遡行デッキに舞踏会はあり/原田青児

酔ひどれの我にまぶしき白夜かな/日原傳

杲らかに杳き母なり風の白夜/沼尻巳津子

足りてゐて足らざる眠り旅白夜/長山あや

この白夜馴鹿の乳にねる児かな/飯田蛇笏

蛾の舞ひの山の白夜を怖れけり/臼田亜浪

白夜とはかゝる景かな夕かげる/高木晴子

白夜呆け醒め空港の霧に佇つ/小原菁々子

標色して白夜に似るか島の暁/文挟夫佐恵

白夜嗄れごえなりし霜の満月に/古沢太穂

菓子を焼く匂ひの甘き白夜かな/坂本宮尾

ハープひく漁港の船の夏至白夜/飯田蛇笏

白夜来て征露の喇叭寝ぐるしや/筑紫磐井

マリア像白夜におはす窓辺かな/岩崎照子

夏至白夜濤たちしらむ漁港かな/飯田蛇笏

指揮棒は白夜の蝶のやうに降る/仙田洋子

人来たるごとく鳥来る白夜かな/有馬朗人

眠らねば白夜の海の膨れくる/竹中碧水史

旅一と日たたみ切れざる白夜かな/堀恭子

日は窶れ月なほ夭き白夜かな/沼尻巳津子

俳句例:61句目~

灯を消すや外は蛙の白夜なる/川島彷徨子

氷原の果てに白夜の影引かず/合田丁字路

白夜遡江デッキに舞踏会はあり/原田青児

夏至白夜浪たちしらむ漁港かな/飯田蛇笏

闇淡き白夜のホテルゲーテ読む/関森勝夫

回し飲みワイン楽しむ白夜かな/岩崎照子

静まりし白夜の街の灯は消えず/高木晴子

颱風来ひしと白夜の躬をいだく/臼田亞浪

鳥語受信す軟着陸の白夜の肺/八木三日女

分銅のかすかににほふ白夜かな/仙田洋子

鴎舞ひ白夜のネオン淡かりし/広瀬河太郎

黄昏といふ色のなく白夜暮る/梅田実三郎

楡の木に白夜の闇のひそみけり/成瀬桜桃子

街燈のひとり灯れる白夜かな/久保田万太郎

見えぬもの見るため白夜始まれり/対馬康子

誰一人日本語知らぬ白夜かな/久保田万太郎

野の花を摘めば摘まるゝ白夜かな/田村了咲

火を焚くや白夜の森のバラライカ/有馬朗人

おんじきに肉の馴れたる白夜かな/佐川広治

アイマスクかけて白夜の旅めける/山本歩禅

俳句例:81句目~

オランダの白夜スイスの白夜かな/成瀬千代

暮れおそしおそしと白夜楽しみぬ/中島藤女

ピアノ弾くからだの中の白夜かな/浦川聡子

白夜なる太陽の位置追ひ越せり/殿村莵絲子

白夜の帆世紀をへだつ魚油もゆる/飯田蛇笏

白夜の燈溶けゐるごとし白ビール/関森勝夫

白夜光サビタの花もわれも寝ず/成瀬桜桃子

紙を折る白夜の国へ行きたしと/神尾久美子

落葉ふりつむたましひの白夜には/和泉香津子

九時は九時十時は十時白夜かな/久保田万太郎

ふるさとは白夜に近しジギタリス/小檜山繁子

さまよえばからだにたまる白夜かな/江里昭彦

人通りさすがに絶えし白夜かな/久保田万太郎

がちや~の島の白夜を鳴きしきる/鈴鹿野風呂

インディアン仮面白夜の町に買ふ/古賀まり子

菩提樹の並木あかるき白夜かな/久保田万太郎

土曜日のまためぐり来し白夜かな/久保田万太郎

カナディアンオークの森の白夜かな/鈴木しげを

このあたりホテルばかりの白夜かな/久保田万太郎

きりぎしや白夜に咲いて百合桔梗/飛鳥田れい無公

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ