季語/半夏生(はんげしょう)を使った俳句

「半夏生」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「半夏生」について

【表記】半夏生

【読み方】はんげしょう

【ローマ字読み】hangesho

子季語・関連季語・傍題・類語など

・半夏(はんげ:hange)

・半夏雨(はんげあめ:hangeame)

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

半夏生を含む俳句例

少年に陰毛育つ半夏生/林桂

長雨に諸草伸びし半夏生/辻蒼壷

夕虹に心洗はれ半夏生/八島英子

総会の一人芝居や半夏雨/杉本寛

返し文ひと日鞄に半夏雨/下田稔

半夏生厠きれいな小半日/中山純子

鋸に血を塗つておく半夏生/竹中宏

鯉の口朝から強し半夏生/藤田湘子

石見路や雨脚白き半夏生/山田弘子

帰りきし家裾に沁み半夏雨/下田稔

匂玉に雲の住みつく半夏生/原朝子

平凡な雨の一日半夏生/宇多喜代子

半夏水や野菜のきれる竹生嶋/許六

迷ひ出し昼の鼬や半夏生/小松虹路

一握の塩する鯖や半夏生/遠藤勝亮

半夏生叔母の離れはその奥に/星野椿

大魚板雲を呑まんと半夏生/茂恵一郎

朝の虹消えて一ト雨半夏生/酒井黙禅

ただよひて鴉ま青や半夏生/細川加賀

赤松の赤に見惚るる半夏生/沢木欣一

俳句例:21句目~

裏切りし人を哀れみ半夏生/赤羽岳生

もぐら水嘲るごとし半夏生/影島智子

荵苳の古酒の甘さも半夏生/真田清見

若狭路の仏を恋へば半夏雨/角川春樹

塩胡椒して殺生や半夏生/鳥居美智子

円屋根の緑青噴きぬ半夏生/吉田愛子

剥製の雉子に風ふく半夏生/南部憲吉

壊れた扉ふえてきて半夏生/市原正直

水がめに虫の湧きたり半夏生/上村占

半夏生ひと忌む性に悔のあり/及川貞

絵暦を解く百姓に半夏雨/戸塚時不知

半夏生北は漁火あかりして/千田一路

一服の旅発ちの茶や半夏生/佐藤愛子

母逝きて父残りけり半夏雨/吉原香苗

笛吹の川の音色も半夏かな/本宮鼎三

夜へ継ぐ工場の炎や半夏雨/角川源義

半夏生正午の時計打ち終る/松葉幼星

昼と夜を錯覚したり半夏雨/宮地英子

半夏生起居も雨に馴染みけり/岡本眸

半夏雨鶏どもにただ暗き空/辻田克巳

俳句例:41句目~

卓上日記いま真二つ半夏生/鈴木栄子

女の畦崩れやすくて半夏雨/影島智子

病室に降る煤のあり半夏生/石田波郷

いつまでも明るき野山半夏生/草間時彦

あかねこ餅峠にひさぐ半夏生/茂里正治

勝蔵のくちびるうすし半夏生/筑紫磐井

医通ひの片ふところ手半夏雨/大野林火

串焼の串に火のつく半夏生/大木あまり

半夏生所在なければ髪洗ふ/岩鼻十三女

半夏生眠りつすぎし沖のいろ/飯田龍太

外湯まで雨傘さして半夏寒む/清水基吉

大道芸にどつと声湧く半夏生/守谷順子

通夜の灯の溝に届かず半夏雨/菖蒲あや

村挙げて蛸食ふ慣ひ半夏生/西尾宗一郎

楊梅の欝とありけり半夏生/石田あき子

母に戻す火の玉小僧半夏生/文挟夫佐恵

石竹も半夏に胡麻蒔くついでかな/朱廸

天突いて竹の子枯るゝ半夏生/萩原麦草

膝折つて爪切る妻や半夏雨/冨田みのる

街の音地を這ひて来る半夏生/沢木欣一

俳句例:61句目~

少女らのジーパンの毳半夏生/高澤良一

嫌はれてかよふ度胸の半夏生/筑紫磐井

青大将納屋に潜める半夏かな/牧野寥々

風鈴の夜陰に鳴りて半夏かな/飯田蛇笏

真言の屋根に桶置く半夏かな/藤田あけ烏

桑の実の赤き入日や半夏生/菅原師竹句集

含み吐く旅籠の水や半夏生/長谷川かな女

半夏生子の用ゆえにみだしなみ/神村睦代

綺羅綺羅と草の惧るる半夏雨/櫛原希伊子

木の揺れが魚に移れり半夏生/大木あまり

バリウムの喉につかへる半夏生/脇本幸代

夕かけて日ざしそろひぬ半夏生/岡井省二

塩嘗めて窯焚きつづく半夏生/上野さち子

山坊に白湯沸いてゐる半夏かな/木内彰志

あによめの屍ふっくら半夏生/野間口千佳

降りもせで傘が荷になる半夏詣/高田蝶衣

頭を剃られ僧に非ざる半夏生/加倉井秋を

引出しにポプリひそませ半夏生/上窪則子

鳥の食みこぼす蛾の羽根半夏生/斉藤杏子

塩入れて湯の立ち上がる半夏生/正木ゆう子

俳句例:81句目~

半夏生ピザの具手を替え品を替え/高澤良一

板の上に砂ひろげある半夏かな/斉藤美穂子

一人居のもの言はぬ日や半夏雨/藤本スエ子

日々待たれゐて癒えざりき半夏生/村越化石

湯沸してつかはずにゐる半夏生/能村登四郎

降りぬきし空のうつろや半夏生/渡部杜羊子

火山灰濡らす雨すぎてゆく半夏生/萩原麦草

にんげんに藻のにほひして半夏生/二階堂文子

火のいろを悲のいろといふ半夏生/神尾久美子

たて縞のちぢみ著て半夏晴れたり/冬の土宮林菫哉

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ