季語/斑猫(はんみょう)を使った俳句

「斑猫」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「斑猫」について

【表記】斑猫

【読み方】はんみょう

【ローマ字読み】hammyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・道おしえ(みちおしえ:michioshie)

・みちしるべ(みちしるべ:michishirube)

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

斑猫を含む俳句例

斑猫や松葉しく京の終/石橋秀野

斑猫に遊び心の従へる/和気祐孝

とび違ふ斑猫二つ園の道/清原枴童

斑猫の飛びて馬籠へ坂険し/所山花

斑猫とつれだち帰る恵心堂/中勘助

斑猫や心経岩に道尽くる/大橋敦子

斑猫に先をあけられ夫婦旅/岸田稚

斑猫に執着しては人に遅れ/峠素子

斑猫は肉食の彩泛べけり/高澤良一

明暗の著き山路の道をしへ/岡田順子

恋遂げし斑猫の斑の燦燦と/我妻草豊

斑猫の或はとんで芋の葉に/西山泊雲

斑猫の衣裳のほどを称嘆す/鈴木栄子

斑猫の王が交りて山しづか/前田普羅

斑猫や空ある限り紺尽きず/田中妙子

斑猫と別るる径折れにけり/石川桂郎

斑猫と越ゆる田原の一の坂/壺井久子

斑猫や奥に開祖の墓朽ちて/加藤水万

斑猫の縁に来て居り直指庵/高濱年尾

斑猫もまぎるる白砂秋の声/田中水桜

俳句例:21句目~

斑猫やいくたび試す左の眼/石川桂郎

斑猫の飛ぶに遅るる流離の荷/森澄雄

案内僧斑猫の気を損ねけり/鈴木栄子

虚子風生敏郎の絆道をしへ/三谷貞雄

道をしへ一筋道の迷ひなく/杉田久女

道をしへ塚の上より翔ちにけり/篠原

道をしへ翔ちし糺の祭かな/後藤夜半

斑猫のみちびく城の隠し径/長戸弥知香

つと寄りて轉法論寺道をしへ/高澤良一

斑猫や童女にゆるき湯治下駄/川崎俊子

塋域はまかせ給へと道をしへ/千原叡子

斑猫の蟻食う一部始終かな/奥谷亜津子

斑猫の屋の月よりくだるかな/加藤楸邨

斑猫に道ゆずりたる気の弱り/清水基吉

斑猫のけしき変りて蟻を追ふ/後藤夜半

斑猫のおもはぬ方へとびにけり/飴山實

山桑の家の主婦来る斑猫連れ/金子兜太

斑猫のふんまへたちし蟻地獄/河野静雲

引越の荷の上にゐて道をしへ/阿部寿雄

神籬の白砂にとんで道をしへ/大橋敦子

俳句例:41句目~

道をしへ岬の鼻に出てゐたり/塩川雄三

斑猫にかへる森あり八日月/岡本まち子

一切経山めざす斑猫に従へり/福永耕二

道をしへ古墳の闇を鮮明に/加藤知世子

斑猫につきゆけば青崖あらむ/平井照敏

道をしへ奥の細道どこまでも/山本忠壯

道をしへ帰郷の吾と知りて飛ぶ/大串章

道をしへ止るや青く又赤く/阿波野青畝

斑猫に倣ふ虫あり倣はしむ/相生垣瓜人

道をしへ錻力細工の如く居る/藤後左右

斑猫やわが青春にゲバラの死/大木あまり

斑猫や遠送り来し湯女かへす/吉岡禅寺洞

案内する道なきときの道をしへ/稲畑汀子

さびしさは乾きし道の道をしへ/原田青児

歩かねば教へてくれぬ道をしへ/内田准思

爆死子の墓斑猫の行きどまり/下村ひろし

アルプスの銀座通りの道をしへ/松藤夏山

船内に飛んでをりしは道をしへ/清崎敏郎

境内をよこぎつてをり道をしへ/木下野生

斑猫とくらがり越ゆるひとりかな/森澄雄

俳句例:61句目~

斑猫とたまたま興を共にせり/相生垣瓜人

道をしへ人の影にはさとくとぶ/井上哲王

斑猫にせかれて重きボッカの荷/小林碧郎

斑猫に故旧のごとく迎へらる/千代田葛彦

道をしへ天守きはめて何ありと/橋本榮治

道をしへ天神様のいふとほり/山下かず子

斑猫に濃き日蜥蜴に濃き日かな/後藤夜半

草の戸を立出づるより道をしへ/高野素十

斑猫のをしへはじめし花のみち/下村槐太

斑猫の蟻打てる手の見ゆるなり/後藤夜半

道をしへ法のみ山をあやまたず/杉田久女

妻子にも後れ斑猫にしたがへり/石田波郷

道をしへ跳ね跳ね昭和永きかな/平畑静塔

道をしへ道など教えてはをらぬ/倉田紘文

斑猫やほとり蔭なく湯華掻/山野邊としを

一樹なき死者の山より道をしへ/能村登四郎

斑猫や言葉がシヨートするようだ/大島雅美

道をしへ俳を問ふにはをとこぶり/加藤郁乎

斑猫につきてふさぎの虫ひとり/文挟夫佐恵

橋に乗るかなしき道を道をしへ/秋元不死男

俳句例:81句目~

斑猫に待たれてわが歩はかどらぬ/手島靖一

道をしへ教へて置きて帰り行く/相生垣瓜人

番ひかやおとどいなりや道をしへ/高本時子

師の墓へ一跳びしたら道をしへ/山崎ひさを

信濃なる灯にきて惑ふ道をしへ/稲垣きくの

道をしへ飛びたるあとに何もなし/笹目翠風

はんめうの背後にそっと息詰めて/高澤良一

はんめうのふつと消えたる岩の色/高澤良一

道をしへ仔出しの牛のあとさきに/冨田みのる

斑猫やこのみちは誰が遁走れけむ/富沢赤黄男

斑猫にいそいそとして引かれゆく/相生垣瓜人

句碑読む間斑猫待つてゐて呉れし/成瀬桜桃子

道ばたの屋根よりたちぬ道をしへ/大橋櫻坡子

道をしへ雨降りいでゝ失せにけり/五十嵐播水

この山の手の道をしへ大カトーたりき/加藤郁乎

斑猫や松美しく京の終/『定本石橋秀野句文集』

斑猫のもとむるもの地上に何もなさそうだ/吉岡禅寺洞

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ