季語/峰入(みねいり)を使った俳句

「峰入」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「峰入」について

【表記】峰入

【読み方】みねいり

【ローマ字読み】mineiri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・順の峰入(じゅんのみねいり:junnomineiri)

・逆の峰入(ぎゃくのみねいり:gyakunomineiri)

季節による分類

・「み」で始まる夏の季語

・「夏の行事」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

峰入を含む俳句例

峰入や又強力が顔の癖/桑風

峰入の古里衆に合流す/粟賀風因

峰入や一里をくるる小山伏/芭蕉

百人の峰入の列やり過す/松崎亭村

峰入や大玄関の坊の紋/阿波野青畝

峰入や山坂花にはぐれ行/松瀬青々

峰入の杖を滴る急雨かな/水野白川

峰入や雷が残れる裏行場/円山夜白

峰入のまづは猩々袴かな/矢島渚男

峰入の中の先達若かりし/中島枝葉

峰入の笠刎ね仰ぐ蔵王堂/山下豊水

灯点して峰入宿の三時起/土田紫牛

峰入のしるべ石より坂急に/水上花村

峰入の吾に権限など顕たず/辻岡紀川

峰入の斧をぬらすや春の雨/松瀬青々

峰入の老いてものこる美男眉/及川貞

峰入の貸提灯を炉辺につみ/本田一杉

峰入の霧に冷えきし雨合羽/飯田京畔

峰入や月夜鴉がひとしきり/藤田湘子

峰入りの鈴の音絶えし日向水/上村占

俳句例:21句目~

峰行者霞のなかに昼餉食ふ/木内彰志

峰入の道をせばめて箸を干す/森田峠

峰行者瀧に真向ふ白露かな/黒田杏子

山ざくら逆の峰入この門より/飯田晴子

峰入のきりりと手甲脚絆かな/富田直治

峰入のどやどやと過ぐ雷の下/西村公鳳

峰入の仕度ととのふ夏炉宿/恒川ひさを

峰入の弓引きしぼる刹那かな/山口草堂

峰入や桜見はやす幾ところ/岡本癖三酔

峰入や顔のあたりの山かつら/正岡子規

峰入の雨吹き上げて来る行場/田中丘子

峰入笠杖にむすびて坊泊り/熊谷伊佐緒

清浄に峰入口の掃かれあり/山崎朝日子

蕨はやほどろとなりぬお峰入/楠部南崖

峰入りのうしろ姿に手をかざす/桂信子

ちょとかむる峰入笠の涼しさよ/小松虹路

夜涼みや峰入衆も行き絶えし/大橋櫻坡子

峰入の泊れる坊の注連すがし/水原秋櫻子

峰入は大仰な珠数をかつぎけり/野村喜舟

峰入や一夜吉野の花にいねし/松根東洋城

俳句例:41句目~

峰入りの法螺聞えけり秋の山/藤田あけ烏

著莪に立ち峰入草鞋なじまする/米澤吾亦紅

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ