季語/夏の風邪(なつのかぜ)を使った俳句

「夏の風邪」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏の風邪」について

【表記】夏の風邪

【読み方】なつのかぜ

【ローマ字読み】natsunokaze_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏風邪(なつかぜ:natsukaze)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏の風邪を含む俳句例

夏風邪や鴉に声を奪はれぬ/平野哉

眠たさの泪一滴夏の風邪/野澤節子

一杯の水珠なせり夏風邪/飯田蛇笏

夏風邪の鼻紙使ふ一二枚/高澤良一

夏風邪をひき色町を通りけり/橋石

夏風邪や昼を居眠る一浄土/河野南畦

片足は畳に寝ねて夏の風邪/渡辺白峰

夏風邪の神経さはる後頭部/高澤良一

夏の風邪禁煙席の電車待つ/梅沢信作

夏の風邪俳諧の森浅からず/青木重行

枕頭に金の匙ある夏の風邪/四ツ谷龍

怪獣のなかより夏風邪の男/大石雄鬼

夏風邪の児の髪日向臭きかな/高野芳

夏風邪や青松白砂夜遊びて/尾崎迷堂

貝殻を踏む夏風邪の力抜け/殿村菟絲子

夏風邪の妻に小さく使われて/栗山恵子

夏風邪をもちこむ宿の藍浴衣/大屋達治

夏の風邪半月傾ぎゐたりけり/加藤楸邨

夏風邪や遊び寂しくなりてより/吉井勇

夏風邪や手足遠くにあるごとく/須藤徹

俳句例:21句目~

夏風邪の寝嵩細りし思ひかな/河野南畦

夏風邪や横向く空を酒買いに/原子公平

夏風邪や老の疲れといふ病/松根東洋城

夏風邪の人のいささか好色に/岸本尚毅

一憂の去りてすかさず夏の風邪/福山英子

ひと悼む夏風邪の身を起しけり/細川加賀

夏風邪になやめる妓を垣間見ぬ/飯田蛇笏

夏風邪の六日の髯を剃りにけり/春日五橋

夏風邪はなかなか老に重かりき/高濱虚子

なめらかな石拾いけり夏の風邪/永末恵子

屑籠がからで夏風邪なおらない/池田澄子

夏の風邪あなどりがたき頭痛かな/上村占

夏風邪の長びいてゐし遠嶺かな/綾部仁喜

夏風邪や津軽凧絵に見下され/八木林之助

夏の風邪待ちゐしごとく心崩る/香西照雄

夏の風邪田水明りに臥しにけり/木村蕪城

夏の風邪またも肉屋の前通る/大矢ひろ志

水の中に小皿いちまい夏の風邪/児玉輝代

海思ひ山を思ひて夏の風邪/阿部みどり女

キリストの鼻かむやうに夏の風邪/高澤良一

俳句例:41句目~

いとはねばならぬ旅の身夏風邪に/稲畑汀子

ながびきし夏風邪の身を壁によせ/佐野美智

夏風邪のきざしの瞼とぢにけり/長屋せい子

夏風邪のここちや幹に手を当てて/岡田史乃

夏風邪や何か忘れてゐるやうな/前田千枝子

夏風邪や津軽凧絵をながめつつ/八木林之介

浪花女の夏風邪ひいて座に耐へぬ/飯田蛇笏

夏風邪や乙女の瞳をして演歌聞く/安斉君子

からだからひげ根が無数夏の風邪/熊谷愛子

夏の風邪帽曲げかぶりなお憂しや/金子兜太

夏風邪の走りを引いてしまひけり/渡辺恭子

歯応へとして豆腐かな夏の風邪/鳥居おさむ

水つけて束ねし髪や夏の風邪/阿部みどり女

夏風邪の熱き手を措くところなし/佐藤蒼洋

白湯飲んで身の芯ゆるぶ夏の風邪/館岡沙緻

夏風邪の母にほほづき買ひにけり/角川春樹

いつまでも夏風邪癒えぬ腹立ちや/大場美夜子

ローランサンの女がかすむ夏の風邪/井上禄子

うたゝねに夏風邪ひいて今日もあり/小澤碧童

夏風邪にもてあそばされてゐたり/佐々木博子

俳句例:61句目~

鼻汁溝泥のごとくかなしや夏の風邪/山口青邨

夏風邪やひよつこりひようたん島に崖/大石雄鬼

夏風邪の子にヨーグルトプリンかな/小島千架子

書きかけのゆうれい談義夏の風邪/久保田万太郎

くさゝれのくさめ三つや夏の風邪/久保田万太郎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ