季語/鎮花祭(はなしずめまつり/ちんかさい)を使った俳句

「鎮花祭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鎮花祭」について

【表記】鎮花祭

【読み方】はなしずめまつり/ちんかさい

【ローマ字読み】hanashizumematsuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・はなしずめ(はなしずめ:hanashizume)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

鎮花祭を含む俳句例

一本の汀の残花鎮花祭/下村梅子

花鎮め心鎮めの雨一日/斎藤道子

鎮花祭我句の力短くも/岡野知十

夜は夜の心に鎮む花の雨/稲畑汀子

恋の神えやみの神や花鎮/松瀬青々

細やかな雨に鎮もる花の闇/安原葉

花鎮め祭の円座新らしき/高野素十

花鎮め祭の雨の花に降る/高野素十

荷車の消えるまで音鎮花祭/桂信子

溜池に藻の波打てる花鎮/小田切輝雄

真乙女の琴よりはじむ花鎮/宮岡計次

紫野しづかに練れる花鎮め/筑紫磐井

花人を鎮めの風雨到りけり/西山泊雲

恋の神えやみの神や鎮花祭/松瀬青々

はるばると来てまのあたり花鎮/大牧広

花鎮め花によりゆく水をみる/津根元潮

華やかに花を鎮めて鬼の祈舞/豊田都峰

花鎮め笑みを交はして舞ひ納む/柏原眠雨

花鎮め豆ふつくらと煮上がりて/山尾滋子

ぬかるみを子鬼が跳んで鎮花祭/永方裕子

俳句例:21句目~

並べ売る三輪の百合根や鎮花祭/新井英子

花鎮めつかさどるなるかほと見し/岡井省二

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ