季語/踏青(とうせい)を使った俳句

「踏青」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「踏青」について

【表記】踏青

【読み方】とうせい

【ローマ字読み】tousei

子季語・関連季語・傍題・類語など

・青き踏む(あおきふむ:aokifumu)

季節による分類

・「と」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

踏青を含む俳句例

踏青や裏戸出づれば桂川/鳴雪

踏青や神学校を志し/薮下/陸舟

踏青や野外劇場半円に/田村恵子

踏青や相鉄線が川跨ぐ/山崎佳美

女坂塞ぐ雪折れ青き踏む/浦野芳南

上海の母なる河や青き踏む/日原傳

踏青や平等院をふた廻り/浅井詔子

踏青に八達嶺の嶮せまる/杉浦三堂

踏青に妻倶し妻の誕生日/西本一都

葛城の神臠はせ青き踏む/高浜虚子

踏青や心まどへる恋二つ/日野草城

轟々と時を過ぎしめ青き踏む/林翔

肩並べ心相触れ青き踏む/山田凡二

人はみな肉の断岸青き踏む/齋藤玄

遠景へ縄文人と青き踏む/河野南畦

青き踏むみ仏踵上げ給ひ/沢木欣一

踏青や刀の峰を立てし沖/石田郷子

踏青の影も恙を離れたる/皆吉爽雨

踏青の心昂れる病後かな/野村泊月

青き踏む丘荒海に傾けり/石原舟月

俳句例:21句目~

踏青や車を降りる車椅子/二川茂徳

踏青や遠さざなみの芯に鴨/岡本眸

太陽も野に踏青の歩を誘ふ/稲畑汀子

踏青や古き石階あるばかり/高浜虚子

殉教の地の踏青は咎めくも/朝倉和江

踏青や大きな円の中にをり/堀越胡流

今の我僧のこころに青き踏む/上村占

踏青のけふの一人は兄の友/大石悦子

踏青や底薄き靴足袋めきて/香西照雄

踏青や懐古の中に父ありて/大橋敦子

踏青やきこえて遠き卒業歌/木下夕爾

心臓にも運動療法青き踏む/高澤良一

踏青の歩幅をかくす修道衣/朝倉和江

踏青の詠じて帰る暮遅し/安藤橡面坊

窪みあるあたり濃緑青き踏む/上野泰

踏青や病後の友の気の弱り/野村泊月

踏青の靴を古草くつがへす/皆吉爽雨

晩学の小さな決意青き踏む/堀口希望

天平の仏にまみえ青き踏む/石原八束

退院の喜び青き踏みてより/高岡秀行

俳句例:41句目~

遠光る坂東太郎青き踏む/市野沢弘子

円熟に間のある齢青き踏む/雨宮抱星

青き踏む夢の誰彼若きかな/吉田鴻司

出生の謎ある人と青き踏む/茨木和生

青き踏む一町先に海の紺/片山由美子

青き踏む鳥語を解す君に蹤き/坂本彩

剥落の壁の天使や青き踏む/山本歩禅

青き踏む平城京の跡を踏む/角川春樹

踏青やまだ見ぬ嶺を胸に抱き/小澤克己

踏青や主従やがて隔たりけり/野村喜舟

踏青や人はそれぞれ影を曳き/福島清恵

人悼む思ひの青き踏みにけり/名和未知

踏青や口ついて出るマタイ伝/家像ひで

踏青や母と遊びし野は失せぬ/高木晴子

うしろより雲の翳や青き踏む/椎橋清翠

病むといふ翼の折れて青き踏む/早崎明

玉の子を授かりたくて青き踏む/佐藤都

城跡の阿騎の埴踏み青き踏む/大橋敦子

父と子の如きが別れ青き踏む/岩田由美

入船の青き踏まんと逸り来る/渡辺恭子

俳句例:61句目~

慶州は知らず明日香を踏青す/石原清美

揺籃に集ひて鳩も青き踏む/金箱戈止夫

乗りもする草の奔流青き踏む/皆吉爽雨

振返り振返りては青き踏む/軽部烏頭子

友の賀に交らむと今青き踏む/毛塚静枝

我が思ふ孤峯顔出せ青き踏む/前田普羅

一眸に大鹽湖あり青き踏む/左右木韋城

踏青や野守の鏡これかとよ/松本たかし

苔青き踏むあたりにも霜柱/河東碧梧桐

内視鏡に映れる蝶も青き踏む/齋藤愼爾

踏青や風に向ひて懐手/吉武月二郎句集

井月は路傍に死せり青き踏む/西本一都

遊女の帯の細しも青き踏む/橋本多佳子

踏青のにんげんといふ哺乳類/辻美奈子

踏青の五六歩にして気の迷ひ/綾部仁喜

踏青の傘にあまれる煙雨かな/中村汀女

青き踏む大地に弾みある如く/千原草之

船員になるはづだつた青き踏む/辻桃子

青き踏むより踏みたきは川の艶/齋藤玄

踏青の青にまみれし一壺天/河野多希女

俳句例:81句目~

踏青の三時となれば風冷え来/高澤良一

踏青の人寄る窓を閉めにけり/増田龍雨

青き踏む叢雲踏むが如くなる/川端茅舎

金色堂出でてもつとも青き踏む/石寒太

青き踏む嬰児嬰児の重さにて/塩川雄三

青き踏む少年の日の堤来て/八木林之介

舌の傷刻々癒ゆる青き踏む/吉本伊智朗

青き踏む昔むかしの日差かな/高橋陸郎

青き踏む根は底無しの欧羅巴/櫂未知子

青き踏む橋でつながる埋立地/下山宏子

青き踏む背骨一本たてとほし/加藤耕子

青き踏む丘のつゞきや法隆寺/岩木躑躅

挫折味はひしボクサー青き踏む/茨木和生

振袖はよきかも振つて青き踏む/山口青邨

母の手を逃れ幼な児青き踏む/八谷/きく

踏青に無縁のはふり過ぎにけり/石原舟月

踏青のいつより墓の径となる/鷲谷七菜子

車停めてしばし古墳の青き踏む/佐藤春夫

踏青の一歩につよき野のにほひ/朝倉和江

踏青や口ついてでる賢治の詩/成瀬櫻桃子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ