季語/紫荊(はなずおう)を使った俳句

「紫荊」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「紫荊」について

【表記】紫荊

【読み方】はなずおう

【ローマ字読み】hanazuo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蘇枋の花(すおうのはな:suonohana)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

紫荊を含む俳句例

藁垣に凭れて女花蘇枋/高浜虚子

方丈に寄進の瓦花蘇枋/三原清暁

胎内の思ひ出はなし紫荊/岡本勇

紫荊一方的に非を難じ/高澤良一

紫荊枝の元末余すなく/西山泊雲

紫荊嘘で固めた戦して/高澤良一

紫荊噴ける莟の箆棒な/高澤良一

鍾に入るまでの少女を紫荊/竹中宏

悪相の紫荊雨まみれなる/高澤良一

返り咲く蘇枋の花の淡からず/播水

褄先の風の小返り花蘇枋/今関幸代

荻窪にまだ百姓家花蘇枋/富安風生

尊像の芭蕉に見ゆ蘇枋どき/森澄雄

京劇の粘つこき声紫荊/穂苅富美子

遠目にも男の彼方蘇枋咲く/森澄雄

花蘇枋土塀空間廃れたる/和田悟朗

花蘇枋乙女盛りを巫女溜り/堀古蝶

鐘に入るまでの少女を紫荊/竹中宏

宿営や蘇枋一本の土の家/相馬遷子

垣ね潜る薄ひともと眞蘇枋なる/蕪村

俳句例:21句目~

旅びとに三日を蹤けり花蘇枋/飴山實

木瓜の雨蘇枋の雨と庭広し/高濱年尾

海棠も蘇枋も花の息づかひ/後藤夜半

紫荊おのれを通す色見たり/高澤良一

紫荊不景気づらをする勿れ/高澤良一

紫荊咲いて足枷見ゆる日々/高澤良一

独りごつ男蘇枋の花を過ぐ/高澤良一

紫荊女もすなる頬かむり/猿橋統流子

紫荊戦はアラーの思し召し/高澤良一

紫荊花の重さを見せざりし/稲畑汀子

蘇州とは水の都よ花蘇枋/木村カズエ

隣との木戸の開くとき紫荊/千原叡子

雀の子蘇枋の花の中をとぶ/岡井省二

千人を産みたしと言ふ蘇枋花/平井照敏

惜春やすこしいやしき紫荊/松本たかし

紫荊妻にをんなのさかりかな/島谷征良

蓑虫の蓑も借りたる蘇枋咲く/和知喜八

だうもかうも天気外れて紫荊/高澤良一

ぱつとせぬ天気つづけり紫荊/高澤良一

放ち飼ふ鸚鵡がをりて花蘇枋/高濱年尾

俳句例:41句目~

むらさきの色を惜まず花蘇枋/飯島正人

不景気をぼやいてみても紫荊/高澤良一

花紫荊帰化陶工の寄せ墓に/奥村喜代子

伊賀上野蘇枋の花を以て古ぶ/山口誓子

花蘇枋ねむり忘れし色があり/河野友人

蘇枋咲く室生の塔の夜月夜や/森川暁水

花蘇枋ひとひ大事に四十代/小島千架子

蘇枋の花あかい留守の寺です/北原白秋

殺めたることなしとせず紫荊/柚木紀子

紫荊ひしめき咲きて垣の内/吉村/寒雷

鶏の目に空はるかなり花蘇枋/伊藤通明

予後の身に曇る小路の紫荊/柴田白葉女

紫荊不承々々に咲き出でぬ/山田みづえ

雨毎の蘇枋の色も見えそめし/高濱年尾

風の日や煤ふりおとす花蘇枋/滝井孝作

花蘇枋わが悪筆にうらみあり/小山田抒雨

猫や犬になつかるる妻花蘇枋/八木林之助

みくじ結ひ易くて結はれ花蘇枋/美馬風史

花蘇枋枝をはなるる明るさあり/太田鴻村

枝の先ぽつと葉の出し花蘇枋/竹末春野人

俳句例:61句目~

花蘇枋姉に背負はれ育ちたる/和田耕三郎

蘇枋花を盡しぬ為せしこと少し/石塚友二

このところ変な陽気に蘇枋咲く/高澤良一

人植ゑて蘇枋の色やうとましく/小杉余子

信濃いま蘇枋紅梅氷解くる湖/橋本多佳子

愚直なる色香の蘇枋咲きにけり/草間時彦

喪の知らせまたありさうよ紫荊/高澤良一

雲だるく浮ぶ蘇枋の細身咲き/河野多希女

老いてなほ濃ゆきを好み花蘇枋/後藤夜半

風邪の日や煤ふりおとす花蘇枋/瀧井孝作

花よりも蘇枋に降りて濃ゆき雨/後藤比奈夫

癌の恐怖忘れてゐしに蘇枋咲く/篠田悌二郎

老いそめて修し得し忌や花蘇枋/八木林之介

花蘇枋起き抜けに血を採られゐる/佐野金子

えりわけむ真蘇枋の小貝海苔の屑/高井几董

花蘇枋酔えばなきがら咲くごとし/和田悟朗

夕焼けて蘇枋咲くさびしさに逢へり/加藤楸邨

頼朝を嫌ひぬ花蘇枋咲きけれど/長谷川かな女

おづおづと寄りまじまじと蘇枋見る/高澤良一

紫荊咲きチャイナドレスを着てみたし/星野紗一

俳句例:81句目~

いまはむかしのいろの蘇枋の花ざかり/飯田龍太

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ