季語/春の水(はるのみず)を使った俳句

「春の水」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の水」について

【表記】春の水

【読み方】はるのみず

【ローマ字読み】harunomizu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春水(しゅんすい:shunsui)

・水の春(みずのはる:mizunoharu)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の地理」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春の水を含む俳句例

一桶の春水時すの棚/水巴

春水の油も塵も河の幅/汀女

美しき鯲うきけり春の水/舟泉

春水に食用蛙漆ぐろ/松村蒼石

野烏の腹に蹴て行春の水/敬雨

春水や四条五条の橋の下/蕪村

静さや雨の後なる春の水/召波

春の水岸へ岸へと夕かな/石鼎

堀川や家の下行春の水/炭太祇

春水の影も手を組む恋人ら/林翔

春水やに親しく枝の禽/尾崎迷堂

簪で饅釣るべし春の水/藤野古白

鳥寒し生駒につゞく春の水/移竹

昼舟に狂女のせたり春の水/蕪村

立子病む春水の句の忘れめや/峠

春水の筧に入りて音すなり/槐太

昃れば春水の心あともどり/立子

暁の春水よよとわれを過ぐ/原裕

山寺の筧太らせ春の水/森定南楽

春の水飛石づたひ遡る/野村泊月

俳句例:21句目~

春水の底の蠢動又蠢動/川端茅舎

何の木か梢揃へけり明の春/水巴

五器皿を洗ふ我世や春の水/几董

春水を一擲の後鯉沈む/山本歩禅

春の水苗木の桃の花盛/大谷句佛

春の水巌全面に滴れる/久米正雄

橋下を渉るあり春の水/野村泊月

馬引て渡る女や春の水/正岡子規

春の水光琳模様ゑがきつつ/上村占

筧より筧に落つる春の水/野村泊月

春の水所々に見ゆるかな/上島鬼貫

春の水揚屋揚屋の石の段/田中冬二

春の水東寺の西に見ゆるかな/暁台

鯉はねて浅き盥や春の水/正岡子規

春の水獺の潜けば黄となんぬ/青畝

この沼のに耳あり春の水/内田百間

春水や轟々とし菖蒲の芽/高浜虚子

春の水音ばかりかな枯林/横光利一

高閣を下りて到る春の水/野村泊月

詩の舟や硯を洗ふ春の水/会津八一

俳句例:41句目~

腰太く腕太く春の水をのむ/桂信子

白書院春の水洟落したる/久米正雄

舷にのせたる肱や春の水/野村泊月

棒をもて少年春の水叩く/吉田木底

瓢亭の厠に春の水めぐる/高濱年尾

行舟に岸根をうつや春の水/炭太祇

青竹の駒の口より春の水/野村泊月

春水や夜高楼に上りけり/会津八一

袖垣の上より覗く春の水/野村泊月

蛇を追ふ鱒のおもひや春の水/蕪村

春水へ舟来日輪下敷きに/橋本鶏二

春水の鰉召さるゝ帝かな/野村喜舟

湖や堅田わたりを春の水/蕪村遺稿

雪に折し竹の下行春の水/高井几董

春水の高き舳が真向ひ来/中村汀女

閣上の人が映れる春の水/野村泊月

春水の隅にうつれる桜かな/上野泰

菫咲く野はいくすぢの春の水/宗長

灌頂や瑠璃瓶中の春の水/松瀬青々

春水の縦横城内村といふ/高濱年尾

俳句例:61句目~

里人よ八橋つくれ春の水/蕪村遺稿

白鷺の一考つづく春の水/高澤良一

物かはと女渡りぬ春の水/中川四明

春水をくぼめて雨の糸沈む/塙告冬

上京や友禅洗ふ春の水/河東碧梧桐

春水を傍へに使ふ鉋かな/石田勝彦

人おとにこけ込亀や春の水/炭太祇

春水を手提げて重しを含む/草田男

春水を渉りて到る扉かな/野村泊月

石橋を二つ渡りぬ春の水/野村泊月

春水を渉る向うに窓の人/野村泊月

春水の水琴窟の音となる/山下美典

春水を踰る女を疎み待つ/清水基吉

磯山や小松が中を春の水/五車反古

若やぐや息の童子も今朝は春/水哉

走り来し子に春水の汀石/中村汀女

道坂になり春水は離れ行き/上野泰

道浸す春水幾度渡りけん/松藤夏山

鯉の口出て春水の濁りけり/辻桃子

宿とりし人杖洗ふ春の水/高田蝶衣

俳句例:81句目~

春水の底明るみて生くるもの/雷子

山買ふや山の境の春の水/石井露月

春水の平らか心平らかに/高野素十

春水の堰の上なる渉り石/野村泊月

席末に池を眺めや春の水/小澤碧童

幔幕の裾を流れて春の水/野村泊月

弁天に烏甘ゆる春の水/八木三日女

春水の中の虫螻姑皆可愛/川端茅舎

行く春の水そのままや杜若/千代尼

日うつりや高瀬へ分つ春の水/也好

春水の上いく筋も蝶の道/湯浅桃邑

春水のそこひは見えず櫛沈め/鷹女

春水のくらきに映る城櫓/京極杞陽

春の水にうたゝ鵜繩の稽古哉/蕪村

竹林の奥春の水奏でそむ/木下夕爾

第三紀地層が搾る春の水/永野孫柳

筍の藪押しありく春の水/会津八一

春水や黎明飛べる蜂の王/大谷碧雲居

春水や閑々として鳥二つ/石島雉子郎

あやまちて鴉の映る春の水/竹本健司

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ