季語/田楽(でんがく)を使った俳句

「田楽」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「田楽」について

【表記】田楽

【読み方】でんがく

【ローマ字読み】dengaku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・木の芽田楽(きのめでんがく:kinomedengaku)

・田楽焼(でんがくやき:dengakuyaki)

・田楽豆腐(でんがくどうふ:dengakudofu)

・田楽刺(でんがくざし:dengakuzashi)

季節による分類

・「て」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

田楽を含む俳句例

田楽やたまたま秋の鴉啼き/岸田稚

初午や下足札ある田楽屋/折口敬子

蛍見や田楽さめぬ七つ鉢/水田正秀

寒梅に田楽面の古りにけり/石川子

屏風絵の田楽舞も日の永し/辻桃子

田楽や疾風がゆする山の音/森澄雄

田楽や山水走る妻の里/肥田埜勝美

田楽や備前ぐい呑大きめを/坂井建

田楽や伊賀は古町古暖簾/若林南山

錆鮎の田楽月の濃かりけり/下田稔

ご城下の豆腐田楽二本差し/田部黙蛙

田楽の匂ひが先に届きけり/山本圭子

伊賀餅も伊賀田楽も旅暮春/大橋敦子

田楽の竹の串とは熱きもの/佐藤一村

田楽の串の太さも肥後の国/竜口幸子

城ちひさく田楽の串長かりし/森田峠

蔵町の味噌田楽を箸にせり/角川春樹

田楽を焼きて風雨に煙かな/岩田由美

田楽の旗少年の日なりけり/松山足羽

打興じ田楽食ふや明日別る/大野林火

俳句例:21句目~

田楽や雨の水輪の巴波川/鈴木しげを

枯芝に置く田楽の衣裳櫃/民井とほる

歓談のかくも田楽食べし串/皆吉爽雨

田楽や左右にならぶ坊二十/橋本榮治

田楽の串皆同じところ焦げ/三隅含咲

田楽や山家に揃ふ織部皿/水原秋櫻子

一菜は木の芽田楽寺料理/北村/光阿弥

加茂茄子の田楽でんと主役顔/松岡友江

昼永しもそろもそろと田楽舞/臼田亜浪

干柿や田楽を守る戸々の柿/百合山羽公

田楽にともしび少し強うせよ/鈴木鷹夫

田楽の三年味噌の味まろき/池邊美保子

田楽の串こちらむけ運びくる/後藤夜半

田楽の串の長きが嬉しけれ/本田あふひ

田楽の青串こげて瑠璃のこゑ/角川照子

田楽の少し焦げたる串の先/山崎ひさを

田楽の獅子の口から手が覗く/早川翠楓

田楽の舞ひを横目に餅こがす/小林義治

蓮如忌や木の芽田楽たんぽ酒/水上紫雲

義仲に肩もち田楽横食ひに/成瀬櫻桃子

俳句例:41句目~

芋田楽喰つて渡らむかづら橋/星野秀則

鮎田楽力士の大き手形見て/大木あまり

迎へられ菜めし田楽友五人/松崎鉄之介

遊船の舳に田楽のとどきたる/西本一都

あつらへの田楽来たり春の雨/井上井月

田楽に野点の娘らも串もて喰ぶ/富安風生

田楽に舌焼く宵のシュトラウス/石田波郷

田楽に盗まるる待つきのめあり/石川桂郎

田楽に夕餉すませば寝るばかり/杉田久女

田楽と書かれる頃となりにけり/橋本之宏

田楽や政治談義も此処いらで/稲畑廣太郎

木の芽田楽階段多き伊賀の宿/八牧美喜子

田楽の火を弄る娘の木の枝箸/鈴鹿野風呂

田楽や雨に砂利舟通ひ居る/阿部みどり女

田楽を待つ間にも読み城案内/鈴鹿野風呂

田楽を食めば野分が囲み寄る/鳥居おさむ

田楽の味噌選びから始めたる/稲畑広太郎

田楽の味噌ぽつたりと指貫に/松本たかし

田楽の四人にせまき床几かな/牛田富美子

田楽もかたき豆腐にかたき味噌/高濱虚子

俳句例:61句目~

田楽やこゑにさびきて昼の鶏/上田五千石

田楽や脱ぎし羽織を袖だたみ/高橋淡路女

味噌焦げのしるき田楽運ばるる/佐藤冨士子

家に西日鵜匠もろとも田楽刺し/橋本多佳子

田楽の木の芽をもつと摺りまぜよ/杉田久女

加茂茄子の田楽とぞ箸あやまつな/大石悦子

豆腐得て田楽となすにためらふな/石田波郷

夕紅葉芋田楽の冷たさよ/一茶/文化八年辛未

田楽のみそにくつゝく桜哉/一茶/文政四年辛巳

鬼たちが教へのこせし田楽の味噌よ苦しみ慎ましくして/高松英明

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ