季語/あやめを使った俳句

「あやめ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「あやめ」について

【表記】あやめ

【読み方】あやめ

【ローマ字読み】ayame

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花あやめ(はなあやめ:hanaayame)

・白あやめ(しろあやめ:shiroayame)

・くるまあやめ(くるまあやめ:kurumaayame)

・ちゃぼあやめ(ちゃぼあやめ:chaboayame)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

あやめを含む俳句例

花あやめ刈際清し蘆の角/野坡

木道は男の躰花あやめ/小山咲子

わが恋は人とる沼の花菖蒲/泉鏡花

範頼の墓雨の中花あやめ/田中冬二

あやめ生ふ湖畔の馬頭観世音/青畝

あやめ草加茂の仮橋いま幾日/嵐雪

風よりも雫のものぞ軒あやめ/千代尼

旅人に雨の黄あやめ毛越寺/高野素十

野童に花が顔出す甘藷畑/内村あやめ

花あやめ九条はむかし揚屋かな/月居

世のあやめ見ずや菰の髑髏/服部嵐雪

ほり上てあやめ葺けり草の庵/炭太祇

あやめ咲くことを思へり厨房に/鷹女

花あやめ夫の大足清拭す/石田あき子

水くぐる雲の漂白花あやめ/河合凱夫

あやめ引砥石を水の辺に忘れ/飴山實

あやめ艸賀茂の仮橋今幾日/服部嵐雪

月光は靄に蘆花庵あやめ咲く/松澤昭

あやめ草足にむすばん草鞋の緒/芭蕉

山霧や黄土と匂ひて花あやめ/不器男

俳句例:21句目~

きのふ見し妹が垣根の花あやめ/暁台

板打ち巴を覚ます花あやめ/田中水桜

さつと研ぐ男の利鎌あやめ咲く/林翔

飲み物の中に氷や花あやめ/山西雅子

高原の水秋にして花あやめ/渡邊水巴

木造りの家並のこる花あやめ/千原満恵

旅かなし紫あやめ野に咲けば/富安風生

壁ひと重雨を隔つや花あやめ/上島鬼貫

あやめ草あはれ野に咲く田植かな/風生

花と花の間さびしき花あやめ/大井雅人

あやめ草綾の小路の夜明かな/松岡青蘿

あやめ草茶師のよろこぶ節句かな/木枝

夢殿をめぐる疎水や花あやめ/松本山雀

花あやめ患ひ鳥は哭かざりき/佐川広治

あやめ見にゆくと女等裾つらね/綾子/

あやめ見よ物やむ人の眉の上/服部嵐雪

花あやめ繊き莟のかく解けし/渡邊水巴

あやめ咲く宿に泊りて螢狩/高橋淡路女

花あやめ一夜に枯れし求馬哉/松尾芭蕉

鷺といふ宿の灯暗く花あやめ/田中冬二

俳句例:41句目~

初産は時の記念日花あやめ/渡辺/照子

甘たれや三寸あやめ蕾立ち/篠田悌二郎

浦さびし藻屑の中のあやめ草/尾崎紅葉

女人寮すぎて短かきあやめ草/萩原麦草

あやめ生ひけり軒の鰯のされかうべ/芭蕉

あやめ草誰と知られぬ戀をして/筑紫磐井

ひらかずに傘待ち帰る花あやめ/田中裕明

ひらがなの母の匂ひや花あやめ/八十島稔

味噌蔵にみそ玉眠る花あやめ/瀧/登喜子

あやめ湯の菖蒲さげ行く新湯かな/泉鏡花

富士あやめ剪りて白日流れけり/萩原麦草

寝る妹に衣うちかけぬ花あやめ/富田木歩

帰省子の酒より汁粉好みけり/小川あやめ

森をでて森に水入る花あやめ/百合山羽公

母はその母を習ひぬ草あやめ/中尾壽美子

濁り江や茂葉うつして花あやめ/飯田蛇笏

石橋をくぐり黒ずむ花あやめ/宇多喜代子

花あやめ一茎倒し逢いにゆく/宇多喜代子

花あやめ幟もかをるあらしかな/榎本其角

花あやめ昨日の恋はそれつきり/仙田洋子

俳句例:61句目~

稲刈がこの花あやめ呀と言はん/佐野良太

貧しさに沿ひし流れの花あやめ/桂樟蹊子

迎春花一と花づつの日を重ね/一瀬あやめ

あやめ占女のするにまかせたり/高田蝶衣

あやめ咲き船火事の船近づきぬ/坪内稔典

あやめ咲く細江にありし舟溜/中井冨佐女

岡あやめ訪ふひとはみな乙女づれ/室生犀星

あやめ咲く最晩年を待たせをり/小泉八重子

あやめ咲き戸口に濡れし一位笠/望月たかし

花あやめ降りつぐ雨となりにけり/笹沢美明

あやめ咲く橋曲るまま曲り行き/金箱戈止夫

あやめ咲く野のかたむきに八ヶ嶽/木村蕪城

病む妹に夜気忌みて鎖す花あやめ/富田木歩

あやめ黄に水さはなれど渇きけり/林原耒井

和蘭あやめ破れかぶれの膝を組む/小川恭生

身の穴に闇はしやぎ立つあやめ草/折笠美秋

水車廻りあやめ咲かせて住みなせる/渡邊水巴

五月石橋をくぐり黒ずむ花あやめ/宇多喜代子

あやめ咲く粥さへさじにおもきとき/小池文子

あやめ咲く汀のみたき遠まはり/久保田万太郎

俳句例:81句目~

あやめ咲く土を置きけり祭り庭/長谷川かな女

あやめ咲くひかりや経をそらんずる/中山純子

夫逝きてその後の月日あやめ咲く/柴田白葉女

あやめ咲き白人のうやうやしく通る/加川憲一

あやめ科のおみなならむと放たれる/大西泰世

卯つ木原たま~あやめ見出でけり/大場白水郎

あやめ咲てきのふもけふも雨が降る/今成ゝ人

あやめ咲く料亭の口斜めに入る/長谷川かな女

野あやめを尻なし鴨のたつことよ/八木林之介

あやめ吹く風淡路女のひた恋し/阿部みどり女

あやめ一輪つつしみ深き夏炉見ゆ/河野多希女

あやめ活けて萎え果つるまで飢幾度/石田波郷

あやめ活けてあやめもわかぬ心かな/瀧井孝作

花あやめ葉さきは雨のおくところ/室生とみ子

待ち焦がれゐしごと濃ゆき花あやめ/後藤比奈夫

あやめ咲けり白馬岳削りて落ち来し水/村山古郷

この町や水にこと欠きあやめ黄に/久保田万太郎

芍薬を捨てゝあやめを挿しにけり/久保田万太郎

あやめ咲きぬ父母を結びし明治の恋/赤城さかえ句集

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ