季語/半夏生草(はんげしょうそう)を使った俳句

「半夏生草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「半夏生草」について

【表記】半夏生草

【読み方】はんげしょうそう

【ローマ字読み】hangeshoso

子季語・関連季語・傍題・類語など

・片白草(かたしろぐさ:katashirogusa_)

・三白草(みつしろそう:mitsushiroso)

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

半夏生草を含む俳句例

半夏生草のはみ出す縁の下/若井新一

毒草ときくも哀れや半夏生/高木晴子

片白草式部職なる鵜匠の家/田中英子

半夏生など挿し心にくかりし/井尾望東

半夏生らしくなりつつ花用意/中谷木城

半夏生咲かせ半信半疑かな/山田みづえ

半夏生白極まれる葉の小さし/高木晴子

夕ごころ片白草の化粧ふより/石田勝彦

三白草二白のときを剪られけり/山田弘子

半夏生草真田屋敷に咲き馴染む/河又一爽

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ