季語/水中り(みずあたり)を使った俳句

「水中り」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「水中り」について

【表記】水中り

【読み方】みずあたり

【ローマ字読み】mizuatari

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「み」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

水中りを含む俳句例

貧乏の壁に枕や水中り/森川暁水

人の肩借りて厠や水中り/森川暁水

洞川へ古き峠や水中り/大峯あきら

その嘔吐鮮烈にして水中り/高澤良一

もとよりも淋しき命水中り/清原枴童

古墨のことなど思ふ水中り/赤尾兜子

板の間に坐りゐる僧水中り/茨木和生

真横向く切手の顔や水中り/森田智子

笹の炭嚥ませし幼な水中り/山本悠水

翳に寝て翳より暗し水中り/小林守男

へこみたる腹に臍あり水中り/高濱虚子

わが敵はわれ正坐して水中り/池田澄子

バリに入る一つの儀式水中り/高澤良一

夜を燃ゆる猫の眼闇に水中り/森川暁水

大津絵をとにかく蔵ふ水中り/高瀬哲夫

尻子玉抜かれしごとき水中り/茨木和生

水中り日差払うてをられけり/茨木和生

草の秀に風のきてゐる水中り/辻田克巳

貧乏のもらひぐすりや水中り/森川暁水

貧乏の眼をむき寝をり水中り/森川暁水

俳句例:21句目~

パリの水中りローマでやゝ治る/白幡千草

亡き母の夢に出てくる水中り/八牧美喜子

悄気るさま漫画のやうに水中り/高澤良一

水中り眉間たひらになりゐたり/原田青児

祇園でのこととはいへず水中り/茨木和生

うつぶしに寝たるきりなり水中り/森川暁水

げんのしようこの茶をのみ暮らし水中り/柴田晨起楼

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ